Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ヒトガタリ

 

 

 出ました。人形小説アンソロジー『ヒトガタリ』!!!

 私も「繭子さんも私も」という作品で参加しています。

 

 素敵な表紙で*(人´∀`*)サモトラケのニケ。評判良いです。表紙〜いろいろ、西乃まりもさんが作ってくださいました。中の本文レイアウトなど、これも結構大変な作業ですが、柳田のりこさんです。ヒトガタリ、というすごいタイトルは杉背よいさん。ありがとうございます。本作るって本当すごいことだなあ。

 

 「人形。ヒトガタ。その儚さと輝き。

  バンドマンと紳士人形、

  原生人間とクローン人間、

  着付け教室の生徒とマネキン人形、

  女神像と巫女。

  ヒトの形をしたものと、それを取り巻く人々が織り成す、四つの物語。」

 

 そうです、人形は人が作ったもので、人のそばに寄り添うもので、人が何かを託して水に流すもので、いろんな形状や意味合いはあるでしょうが、人のいない別の世界に存在し(ているかもしれませんが)ているより、人がそれを見つけ、人のそばにあることで何らかの輝きが放たれるように思います。そして、物なので時には人の寿命より長く存在するようにも思えるのに、逆に何か儚さがあります。

 

4つの物語です。

 

杉背よい「シンギング・オブ・粉骨」

柳田のり子「別世界」

匹津なのり「繭子さんも私も」

西乃まりも「弔う火」

 

 全部全く違う世界観のお話で、人形も全然違います。でも全部、人形と人との交流です。

 まあ人形が何かのアクション、リアクションをするという点では、ファンタジーとかSFとかの力を借りることにはなりますが、結構リアルな世界観だったりして、それぞれの世界にぐっと引き込まれるのが読んでいて楽しいです。

 あんまりネタバレできないのですが……

 

 

杉背よいさん「シンギング・オブ・粉骨」

よいこぐまさん←クリックしたら大きくなり、本文冒頭読めます。

そう、バンドマン。おっさん人形ってとこから結構コミカルな設定ではありますが、かなり繊細な人間の心の描写が胸に迫って来て、華やかな世界や笑える設定がメインではなく、ここへもってくるのかという。テーマの「人形」からこういうお話を作るのか……。

 

柳田のり子さん「別世界」

柳田さん←クリックしたら大きくなり、本文冒頭読めます。

SF世界なのでちょっと不思議な感覚の人達ではありますが、彼らもいとおしいというか、ちょっと現代の感覚では言葉にしにくいような感動(なんだそれは)や得も言われぬ寂しさがあって、すごいな……という、頭全体どっかへ持ってかれるような衝撃を受けました。これも、「人形」からこういうお話を作るのか……。

 

西乃まりもさん「弔う火」

まりもさん←クリックしたら大きくなり、本文冒頭読めます。

これ、あまり筋や設定を言いたくなくて、本音では前情報無しで読んでもらいたいです。深い自然や建物が目の前に浮かんでくるような、静かで清らかな空間と、人間の情念のバランスがみごとで、何というか、一昔前の昼ドラのどろどろ、割と私も好きなんですが、一歩違えばああなりそうなのに、人形が絡んでとてもこう、しーんとした、不思議な静寂が生まれ、その中に潜んだ女の情念、というのが恐ろしくも非常に美しいと思うのです。書きすぎてしまった!!本当、「お人形」からこういうお話を……(以下同文)

 

最後に私、匹津なのり「繭子さんも私も」

まりもさん←クリックしたら大きくなり、本文冒頭読めます。

現実の東京都立川市周辺を舞台にしたお話です。実は繭子というのはずっと昔私のお気に入りの和装マネキンに付けた名前そのままで、その辺の設定だけふと思い出して持ってきました。多分これで一番普通な感じの作品。私は人形好きだけれど、人形と仲良いお友達になりたいとかは思っていなくて。私はやっぱり冷めた大人だから人形は人形なんですよね。親しみを持つ反面冷静に離れて日々の生活に帰るようなところもあっていいと思って。だからお人形好きの人でもコレクションが増えすぎたら売っちゃったりもするし。それでいいと思うんです。私の人形とのかかわり方みたいなのがちょっとこういう形なのかもしれないなと…本当人それぞれですが。

 

 

 良い本になったと思います。これから各地の文学系イベントなどに出現する予定ですので、是非皆さん、『ヒトガタリ』をよろしくお願いします。

 

 柳田のり子さんがブログでイベント参加情報なども詳しく書いていてくださってます。

http://yanabunn2.seesaa.net/article/441791487.html

 

JUGEMテーマ:同人誌

web拍手 by FC2
posted by: nanori | 同人誌文学 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |-
トリセツ……考

西野カナさんという方のトリセツという歌を最近耳にすることがあるんですが、その内容は、一昔前結婚式の披露宴で友達のスピーチで新婦の取扱説明書、という形で、定期的に〜〜をプレゼントしたり、〜〜してあげたりして大切にしてあげましょう、的なことを言うのが流行っていたという話を聞くのですが、まさにそういう歌です。

普通考えると、私がこんなこと付き合ってる人に男性バージョンで言われたとしたらぶちぎれそうな気もしますが、すごくこの歌詞の意味が気になってもいます。というのも、以前すごくきれいな若いモデルさんが理想の男性を聞かれて、無償の愛で、見返りを求めず愛してくれる人がいいというようなことを言っていて、無償の愛だなんてすごいこと言うなと思ったし、そういうことは人にしてほしいじゃなくて、自分がそういう風に愛したい、と言うもんだと思うのですが、でもいろいろ想像するに、わざわざそういうことを言うということは、このきれいな人は恋人にいつも、見返りを求められて疲れていたんじゃないかと思うんです。これくらいしてあげたんだから俺のわがままも許せよ、なんて言われると多分私でもすごく嫌な気持ちになると思います。こないだこうしてやっただろ、とか。何万もするものプレゼントしただろ、とか。もちろん、自分が相手のことが好きだったら言われなくても優しい広い心で相手のすべてを包んで、もう、勝手なんだから、とか思いつつもできるだけいろんなことをしてあげたいと自然に思うんだと思うんです、このモデルさんも。でも強制されたり当然だと思われてて逆にしなかったら怒られて、なんていうことがあったんだとしたら。ああ、愛することに疲れちゃってるのかな、とちょっと可愛そうになりました。すごくきれいな人な分、いろんな男の人が近付いてきてくれるけど、それでも無償の愛で包んでくれる男の人にはなかなか出会えないんだなって。もちろんっていうかまして、というか一般人でもそうですが。ただ顔とかステイタスとかに近付いてくる人が多いとその中から本当に愛し合える人を見つけるのが一般の人より難しいとか? 本当は普通に愛し合える関係になれるかもしれない男性は、相手がきれいな有名人だから自分なんかじゃ、ってなっちゃったり。

 

西野カナさんの歌をひととおり聞くと、なんというかただ理不尽でわがままな私を笑って許してずっと愛してね、なんて虫が良いことばっかり言ってるけど、最後にちらっと自分のことを「永久保証」と言ってるあたりは、自分は一生そうされるだけの価値のある私でいる努力をする(相手への対価)、と言ってるように聞こえる。お互いに対価を求めてるから対等かもしれないけど。何か、すごく若いゆえの凛々しさがありつつ、大変だな……って私なんかは思っちゃう。疲れないでね。

って余計なお世話だけど。

JUGEMテーマ:音楽

web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-
『おなかがすいて眠れぬ夜に』感想

 

世津路章さま

掌編≪俺のグルメ≫FESTIVALアンソロジー『おなかがすいて眠れぬ夜に』

 

 

http://conpotanomoo.blog.fc2.com/

こんぽた。様 (@compota_nomoo) のブログで[活動予定]の「グルメアンソロ」と書いてある本だと思います。気になったらイベントをチェックして是非入手してみてください。また、通販では架空ストアさんで手に入るようです。

架空ストアさんのページ → https://store.retro-biz.com/i12784.html

 

 

 私がこれまで読んだ本で、一番ひたすら幸せな本かもしれないです。48名の「これが!俺の!グルメだ!」というテーマの掌編アンソロジーです。あ、a piacereの相方のまりもさんも書かれてて知ったんですよ。

 

 ここから、病気に関連するめちゃ重な感想なので、一応記事を下に畳んでおきます。こういう風に読む人もいるよ、ということで。作者様方に感謝です。

 

続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | 同人誌文学 | 14:32 | comments(4) | trackbacks(0) |-
クラシカルホワイトラビット・ヘアカット、あとランタスのこと

実はこの子の髪も気になってました。

 

 

この向かって左の部分が明らかに長い。異質。他の長い髪と一緒にしておいたんですがやっぱり切って完成するんですよね?

 

 

↑ということで切ってまっすぐにしました。これで前髪も左右対称っぽくなったし。ほっ。

 

 

 

 

全身。眉毛がこんな風に、困った顔みたいに下がってます。

 

 

この子はクラシカルホワイトラビット、つまりウサギという設定。不思議の国のアリスの時計を持って穴へと急ぐ白うさぎ(時計うさぎ)ですが、この白うさぎは原作で、裁判の布告役をする時にこのトランプの格好をして出てくるようです。読んでないから知らないけど。

プーリップのこの子の公式コンセプト文は次のようになっています。

「静粛に!静粛に!これより、アリスの裁判を始めます!.....そんな気分。」

どんな気分なんだろ?? でもこれ↑は裁判長みたいな言い方じゃない?

 

ちょっと幼げな顔つきで、元気に跳ね回るウサギをイメージする子です。クラシカルアリスちゃんは結構お淑やかなイメージの子ですが、ウサギは元気いっぱいな子みたいに見えます。

 

あ、この子は今完全に人間になってますが、お衣裳はもともとウサギのもこもこのぬいぐるみを着て、その上にこの白ワンピとハートの紋章の入ったチュニックを着ていました。

でもこのぬいぐるみを脱ぎ着させるのがとっても大変で、特にうさ耳は一旦脱がしたが最後、全くホックが届かずかぶせられなくなりました。。。で、体だけウサギというのも変だったので、白ワンピ(ぬいぐるみの上に着られるように、前が縫い付けてないの。がっぱっとはだけるので、一応糸でちょこ、ちょこと結んでおきました。)、その下に他のドールのパニエを着せて、靴もアニマルスリッパみたいなぬいぐるみ足だったので別の革靴を履かせました。

 

 

 

不思議の国のアリスに出てくるまぬけな汗だらだらイメージの白うさぎとは違って、明るく強い子!元気な子!だなあ。

 

 

病気関連は畳みます。

続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | - | 23:24 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ヘアカット

お人形の髪がいろいろ酷かったので直しては見たものの。

JUGEMテーマ:Pullip-プーリップ-

続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | 人形 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ミンティーマジック・レカちゃん

今日も全然紹介していなかった子の写真を。

ネオブライスのミンティーマジックちゃんです。

JUGEMテーマ:Blythe

続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | 人形 | 19:49 | comments(2) | trackbacks(0) |-
クラシカルアリスセピアバージョン

結構前からいたんですがちゃんとご紹介していなかった子。

改めてお写真を載せてみます。

 

 

JUGEMテーマ:Pullip-プーリップ-

続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | 人形 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
病院月

 6月は一時保育を取れるだけたくさん、月の上限(週2日まで)取ってしまって(大学病院の歯科を予約したかったけど一時保育も希望日に取れない可能性があった為、一時保育が取れた日と病院予約取れる日が運よく重なった時に行こうと思った)、いざ行きたい科の予約をしようと電話したら、あなたは担当の先生が決まってないので予約外で当日来てくださいと予約センターに言われ!!!???なんじゃそら聞いてないよ?! ならいつでも良かったんじゃん。(´・ω・`)

 まあいいや、余分な日は本当は他の病院や、子供が生まれて行けてなかった美容院、あとどうしても食べたかったパスタ、新しくできたららぽーと、等々今までできなかったことを全部やってしまおうと思ってたんですが、先月の下の親不知の手術が思ったより大変で何週間も体調が悪く、子供預ける日はずっと家で寝ていたりして、結局行かなきゃいけない病院にすらあんまり行ってませんでした(;^_^A

 

 ということで、もう月末ですが、今日は子供預けてないんですが雨でもなく曇り(!重要!)でちょうどいいやと思って、眼底検査に行ってきました。雨だと子供連れて行くのが大変だし、晴れてると検査の為に数時間瞳孔開くのでまぶしすぎて大変なので。曇りがベストです。前回から一年以上経ってしまいましたが行ってきました。ほんとは半年後にと言われてたんですよ。。。

 幸い眼底に異常無く。わりと近い個人の眼科の先生が女子医大の眼科にいたことがあるそうなので前回行ってみた時非常に話がスムーズにいって、すごくよかったので今後はずっとここにするつもりです。目薬が効いて瞳孔が開くまでの数十分を入れても45分くらいで全部終わったし。ぬーちゃんは待合室ではごきげんにパンフレットとか見てカカーカカー(赤)と言って遊んでいましたが、暗い診察室や検査室に入って私が何か覗いてるとギャースカ泣き出すんで、看護婦さんがアンパンマンのおもちゃを貸してくれたりして、何とか完了。

 こういうのもなー。年に一回か二回とはいえ一回三千円以上かかるんだよなー。まあ、異常が見つかるのは絶対早い方がいいのでしょうがないけどちまちまとかかっちゃいますね。

 

 あとは、六月に予約入れていたマンモグラフィー。病院が急遽しばらく休診するとかでキャンセルされてしまったので、また取りなおさないとと思うんだけど、こっちはレントゲンの類だから子供連れていけないやつでまた一時保育の日に予約取らないといけない。

 

 あとは、破傷風菌の予防接種2回目。私の。これは近所の内科で、子供連れていける。

 何か、子供は1歳のうちに予防接種で既に破傷風の注射してるんだけど、私が子供の頃は小学校での集団接種で、私はあの頃よく風邪をひいていたので受け損ねて、その時はまあいいかみたいな感じだったんですが、噂で、東日本大震災の時に糖尿病の人が破傷風になった例がたくさんあったというのを聞いて、東京もいつ災害が来るかわからないし防げるもんなら防いでおこうと思って。一日にいろいろ含めて10回以上体にぐさぐさ針刺してるし…普段は大丈夫だと思うけど衛生環境が整ってない災害時とかはやっぱ不安かも。近所の内科に予防接種できるか聞いてみたら破傷風?何で?ってびっくりされたけど事情を話したら快くやりましょう、と言ってくれて。これは3回受けないといけなくて、既に1回受けてます。なかなか予約も忘れがちだったけど、明日電話して来週に2回目予約入れるつもり。

 予防注射はちゃんと受けられる時にできるだけ受けといた方がいいですね。子供は任意接種(自費で受けるやつ)もできるだけたくさん受けさせてます。健康と同様、免疫は財産だなーと思います。予防接種もリスクはあるし過信もできないし、免疫が行き過ぎて暴走するのも困るけど。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

web拍手 by FC2
posted by: nanori | 病気 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
母方祖母のこと

 私は少し、母方の祖母に幻想のようなものを抱いている。

 母方の祖母は遠くに住んでいて、小さい頃から年に一回も会えなかったのでどう接してよいかわからず、孫である私たちが小学生の時から何を言われても祖母に敬語を使い、何か買ってあげると言われてもいいです、と断るのを嘆いて、子供らしくない、張り合いが無いと母に言っていたというのを母からそのまんま聞いて(言う母もどうかと思うが)、自分が悪いんだな、好かれていないんだろうと思い込んで、特にこちらから何かをすることは無かった。東京の家では父方の祖母と同居していて、こっちの祖母が母方を良く思っていない様子で、母の実家に夏休みなどに一緒に帰省することはあったが何か不手際があると拗ねて大変だった。うちでは両親、子供達と父方祖母という一家が家族という認識で、そこによその人や親せきが入り込むのを極度に嫌がる雰囲気があったので、私は親戚だけでなく近所の大人と話すこともほとんどなかった。私の友達のことも親は気に入っていなかったし、そういう友達がたまに入り込んで、家の雰囲気を壊すようなことをしたら私が随分と怒られた。多分、排他的な一家だったと思う。

 

 母方祖母は女学生の頃学徒動員で自宅から遠いところの工場で飛行機を作っていたらしいが、自宅県に原爆が落とされ、急いで戻ってきて怪我人の看護をしていた。そのせいで二次被曝した。そういうのもあるのか体が弱く、私が高校生の時に大きな病気をしたときに、自分が被曝したせいなんじゃないかと悩んでいたらしい。それも母に聞いたが、会話すら初対面の人とのようになってしまうのに、というか電話番号も住所もわからない状態で、子供が勝手に親戚に連絡して親に怒られないか、ばかり気にして、どうすればよいかわからなかったので、おばあちゃんのせいじゃ無いよと言うことができないままになったのが気にかかっている。

 

 母のきょうだいが離婚してうちの隣に引っ越してきた時、母方の祖母が孫達を心配してしばらく一緒に隣に住んでいた。うちの母にとっても親戚なので、私の小学生中学生のいとこたちがうちに遊びに来ることもあった。ピアノの上手い子だったのでうちの親の許可を得てピアノを弾いたりしていた。同居していた父方の祖母はそれが気に入らず、うちにきてピアノなんて触って、勝手な事をしてといつも口汚く文句を言っていたが、多分自分が追い出されるんじゃないかという不安があったんだろう。ある時大爆発して、あいつらを家に入れるなら自分が出ていく! と大騒ぎして、いとこたちと母方の祖母はそれ以来うちに来なくなった。

 母方祖母は私が結婚して家を出てから時々手紙をくれた。丁寧な字で、誕生日おめでとうとお金や物を一緒に送ってくれたりして、私は少し戸惑っていたけれど、母によると、遠くに住んでいて、母の兄弟の方の孫達にはいろいろ世話したりしてあげたのに私には何もできなかったのがかわいそうと言っていたそうだ。多分、他の人から見ると私は冷たい、もっと自主的に母方祖母に何かしてあげればいいのにと思われるだろうと思う。だから母方祖母のことを誰にも言えなかったし、私が悪いんだと自分を責めることしかできなかった。でも祖母は私のそういうところをもしかしたら心配してくれていたのかもしれない。私が生きるのがつらくてしょうがない時に何もできなかった、と祖母こそが思っていてくれていたのかもしれない。

 

 母方祖母は私に子供が生まれる少し前に亡くなった。私は冷たいので、他の親戚については正直社交辞令以上にはあまり思わないけれど、あの祖母にだけは、子供を連れて見せに行きたかったと思う。私の心はいつもすごく麻痺していて、人の死に対して物凄く鈍感になっている部分があるけれど、ぼんやりと、ただおばあちゃんありがとう、とただそれだけ素直に言えばよかったのだ、と思う。少なくとも私がずっと恐れていたように、そうしたことで何だその口のききかたは、などと怒られることも罵られることも無かったに違いないのだ。あのおばあちゃんに限って言えば。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

web拍手 by FC2
posted by: nanori | 思い出 | 12:17 | comments(2) | trackbacks(0) |-
小百合(チェックイトアウト)、そして最近の創作関連
まだあんまりご紹介していなかった子達をご紹介します。
JUGEMテーマ:Blythe
続きを読む >>
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 人形 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |-