Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ぬいぐるみ。ドボルジャとバルピュータ

 

ワン!ワンワン!

 

IKEAの犬、ドボルジャちゃん。首に私のスカーフを巻いてみました。貰い物なんだけど首がかゆくて使ってなかったぶん。

ラブラドールレトリバーかと思ってたら、タグにゴールデンと書いていました。

 

 

にゃーん♪

 

……増えてる。

 

実はまたIKEAに行ってきました。この猫が本当可愛くて、前回迷いに迷って買わなかった子。アメリカンショートヘアの「ばるぴゅー太(猫)」(バルピュータ)ちゃんです。バルピュータは民舞では通じるかもしれないけど、正しいルーマニア語ではビルピッツァとかヴルピッツァとか(Vulpiuţa)もうちょっと違う感じの発音かもしれません。かっこ猫、とあるように、バルピュータ(ビルピッツァ)の意味は本当は「子狐」です。首にピンクのオーガンジーのリボンをつけてみました。

 

 

仲良しドボちゃん&ぴゅー太。どっちも手触りがいいです。

ばるぴゅー太は500円くらいでした。可愛いなあ。

ちなみに前回額田ちゃんに買ってあげようとしたパンダは、この時叔母が買ってくれようとしたんですがおままごとの野菜セットとどっちがいいか聞いたら野菜セットを選んだので結局今回も見送り。

 

IKEAは通販もあるようですが、IKEAのぬいぐるみは個体によって結構顔が違うので、気に入るのを実際見て買ったほうがいいと思います。通販の場合は、どんな子が来るか楽しみにしてあげてください。

 

JUGEMテーマ:ぬいぐるみ

web拍手 by FC2
posted by: nanori | ぬいぐるみ | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
1型出産時里帰り等の時の転院の仕方など。1型糖尿病患者出産日記の追記的な

未経験の方のイメージの為に「私の場合」を書いておきます。

 

関連記事: 1型糖尿病患者出産日記

 

私は事情があり居住地と違う場所で出産したのですが、その時の産院の決め方は多分、普通の里帰り出産などの場合と同じです。ただ、産科は「1型糖尿病の妊婦に対応できる産科」というのが条件になります。

 

 

1.妊娠を決める

 まず、妊娠を考えた時点で、もともと1型でかかっていた病院の当時の主治医に相談し、糖尿病の妊娠外来担当の医師に主治医交代していただきました。大きいところだと科内でちゃんと分担が決まっている病院もあるし、個人病院にかかっていたら多分、大きい病院を紹介してくれて一時的にでも転院することになると思います。個人病院でも1型の妊婦さんを診られる先生なら引き続きそこで大丈夫かもしれないですが出産について不安があれば早めに相談します。

 

2.里帰り?自宅?……出産予定地を決める

 次に、居住地、実家、その他などから、どこで出産するか決めました。また、産後1か月くらい、床上げまでの間家事育児を手伝ってもらえる人がいるかなど具体的に考えました。場合によっては保健所などに相談。

 

3.妊娠

 ここまで書いてますが、前提として、糖尿病患者さんの場合多くが計画出産だと思います。でもそうでない場合もあると思うので、その時は信頼関係のある1型の主治医の先生によく相談して下さい。

 私は妊娠後すぐ、出産予定の新居住予定地の、妊婦健診などで普通に通える距離の産科がある総合病院で、1型糖尿病を診てくれる糖尿病内科のあるところを探しました。遠すぎると急に陣痛が起こったとき病院にたどり着けないので、普通に「出産する病院」として考えます(探すのは妊娠前でもいいです早い方が。)。1型糖尿病はハイリスク出産と認識しておいた方がいいと思うので、産科だけの病院より、少なくとも出産時何かあればすぐに対応してくれる内科や小児科がある病院が安心だと思います。出産時に赤ちゃんが危ない可能性も普通よりは高いのでそれも留意。ここの地域だと絶対にダメだという感じだったらこの時点で早く方針転換しておく方がいいですが、この頃は大体いくつか候補を挙げておきます。候補がいくつもあればですが。

 

4.妊娠後すぐ

 分娩したい病院のホームページなどを探し、糖尿病内科のところを見ます。糖尿病専門医がいたり、1型糖尿病という記述があったりするところであれば、出産にも対応してくれる可能性が高いと思います。産科医はそこまでは1型に詳しくないことが多いので、できれば糖尿病内科と連携がとれてて1型出産の臨床例がある方が安心。病院の総合案内(代表番号)に電話して、事情を詳しく話して1型糖尿病の出産が可能か確認(例えば、そちらの産科で里帰り出産をしたいのですが、1型糖尿病があって、対応してもらえるかどうか伺いたい、みたいな感じの問い合わせ)。確かすぐ産科に電話を回してくれたと思います。対応可とのことなら、具体的な指示をあおぎます。里帰り前に一度は受診するように言われる場合があると思います。その時期などを聞いておく。

 

5.一回目の受診

 私は分娩予定の産科の指示を受け、安定期に入ってすぐ、新幹線に乗って一度その病院に行き、糖尿病内科と産科を受診しました。この時紹介状が要るのであらかじめ自分の糖尿病の主治医と、妊婦健診に行っている産科の先生に紹介状を書いてもらいます。紹介状は一週間とかかかることもあるので早めにお願いしておく。そしてこの時、もしその場で産科で分娩予約が取れるシステムならば分娩予約をしておきます。里帰り等なら、いつから里帰りするべきか、産科に聞いておきます。普通の出産よりは早めに里帰りするように言われると思います(予定日の2か月前程度)。私は31週くらいには現地に入りました。

 

6.転院

 現地入りしてすぐ産科、糖尿病内科を受診。具体的な手続きは病院によっていろいろだと思います。着々と進めます。よくわからなければこまめに転院先に聞いておきます。他の持病等があればそちらの科の紹介状も用意し、受診して服用薬等を伝えて同じようなものを出してもらえるようにお願いします。

 

以上のような流れです。

 

 

JUGEMテーマ:1型DMと出産

web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
プーリップ・ボニタお迎え

ミスドのドーナツがもらえると聞いて、本当はRポイントカードを作らないといけなかったのに、間違えてdポイントカードを作ってしまったorz。。。ドコモショップに入ってdポイントカードを下さいと言ったら、なぜドコモじゃないのにdカードを……?(^^)と店員さんに質問されてしまった。Rポイントカードとdポイントカードのマークそっくりだよね!

 

突然話は変わり本題に入りますが。

プーリップのボニタちゃんです。久々にお人形お迎え。

 

畳みます。

 

JUGEMテーマ:Pullip-プーリップ-

続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | 人形 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
鉄火のマキちゃんがみてる

 アンパンマン好きなうちの額田ちゃんはいろんなキャラクターを知っています。

 先日、とあるマンションの近くでいきなり「てっかろまきちゃん!てっかろまきちゃん!」と叫ぶので何だと思ったら、

「てっかろまきちゃんがいるよ!」

「?」

 ぬーちゃんの指さす方を見たのですが、もちろんマンションにアンパンマンのキャラ「鉄火のマキちゃん」がいるはずがなくて、それらしきものが全く見つかりません。

 次の日同じ場所を通るとまた言います。

「てっかろまきちゃんいるよ!」

 なんだか不気味になりました。子供は大人が見えないものを見たりすることがあると聞きますが、そういうこの世ならぬ人物が鉄火のマキちゃんのような容貌でどこからかこっちを見ているとか……? ぞっ。。。と、思ってふと気づきました。

 

 そこにあったのは「防犯カメラ作動中」の表示。誰が見ても監視カメラだとわかるああいう絵を記憶されてる方もおられると思います。マンション周辺にカメラを設置していると示すことで防犯にもなるので、見てるよ、悪いことはできないよ、という意味合いでよくあちこちに貼ってありますね。こういうの↓

監視カメラ←この絵は

イラストレーター : R-DESIGNさん

(IlLust AC https://www.ac-illust.com/)より

 

 

 

私「え、これ? 鉄火のマキちゃん?」

一応確認する。

額「てっかろまきちゃん」

 

 

……。

 

……。

 

 

鉄火のマキちゃん

 

(↑byなのり)

 

 

 

 

ココ?

 

 

右に90度回転 

 

 

 

  

 

 

……。

 

……。

 

かな?

 

額「うん。てっかろまきちゃん!」

 

……言われてみたら鉄火巻。っていうか太巻。

 子供の想像力は大人の頭の中を軽ーくぽーんと超えてくれますね。

web拍手 by FC2
posted by: nanori | - | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) |-
IKEAのわんわん

イケアの子供フォークセット

 

 (↑の写真は、子供用ナイフフォークセット。1才半くらいから。お洒落だというのもいいし、形状が使いやすそうだなあと思って。あと前から欲しかったゆで卵をスライスするもの。)

 

 IKEAに行ってきました。家具を見るのも楽しかったけど、雑貨がかなりいろいろあって、見てると本当楽しかった!!日本ではこれは普通に売ってるけどこの形状の物は見たことないなあ……という物も多く。機能的でセンスの良い物が結構安い……。せっかくだからこれだけ買ってみよう、と行く先々でつい買い物袋に入れてしまいます(かごではなく袋)。でもIKEA、広すぎて全部ちゃんと見きれませんでした。途中にあった食堂は学食みたいになってて、好きな料理をトレイに乗せていき、レジで会計。今回はドリンクバー(120円。会員だと60円だったと後でわかり、直後に会員登録しました)とケーキ(290円くらい)でお茶しました。90円のシナモンロールとかも気になったけど。今度はごはんもここで食べてみたいなあ。

 たまに会員価格というのがあり、かなり安くなるものもあって、なかなか無い機会だからと山ほど買ってしまい(数というよりかさ張る物が多かった)ベビーカーに積んで帰りました。

 

 しかし大変だったのが子供。。。途中おもちゃ売り場から離れない。見本のおままごとセットや木のレールの電車や、子供テント、木馬を行ったり来たり。他の子供たちが入れ替わり立ち替わりするのに、一人だけ全くここから動かない。行くよと声をかけるとヤダよー!!!と大騒ぎして逃げる。置いてくわけにもいかず、同行した家族が一人で見ててくれるというのに甘えて、物凄い勢いでささーっと見て回り急いで買い物しておもちゃの所に戻ったら、「一回もママを探さなかったよ」とのこと。。。

 IKEAはぬいぐるみが安くて、おもちゃ売り場から移動させる為に子供にどれがいいか聞いたら「じゃあパンダする」と言うので大きいパンダを持たせたんです。でも上記のようにぬいぐるみより他のおもちゃに夢中で売り場に放置してるし、ぬいぐるみはついこの間、この日の同行者にも可愛いのもらったばかりで、子供が欲しいとねだった訳でもないのにすぐ次のを与えるのもなあと思ったこともあり、そういえば私もこないだ、京都行った時に向こうでぐずったからプーさんを買ってあげたばかりだったし、何度パンダどうする?いるの?と確認しても全然興味を示さないので返して来てしまいました。

 でも、私は私でこの↓わんわんに一目惚れしてずっとだっこ……

 

 

イケアの犬

 

 カワユイ。。。カワユイヨ。。。このくたっとした赤ちゃんぽさ、手触り、結構大きくて本当にラブの赤ちゃんぽい……のに癒されて、999円の子犬を購入。私も疲れが溜まってるんだよ。1999円の親犬はさすがに大きすぎて扱いに困るので(もちろん普通にだっこしてレジに向かう人もいた)小さい方だけ。小さいと言っても大きい。感覚的に人間の新生児くらいの大きさはありそう。手足は新生児より大分長いけど。

 

 しかし。レジのお姉さん、レジ通したわんわんを何故か「はいどーぞ」と額田ちゃんに渡してしまう。それまで私が持ってるの見ても見向きもしてなかったのに喜んでだっこする額田ちゃん。!Σ( ̄□ ̄;)幼児が大きいわんわんだっこしてるのは可愛いけど!でもそれママの!ぬいぐるみいらないって置いてきたでしょ?!

 ……と、わーわー言ってる私を見て「あらそれは失礼しましたークスクス( *´艸`)」じゃないよお姉さん!

 でもはなさないのでそのまま50円のソフトクリームを食べさす。わんわんだっこのままカートに乗る。やばい。このまま奪われるのか。

 

 家に帰ったら忘れてるだろうと思ってベビーカーの屋根に乗せて下から見えないようにしてたのに、帰ったらめざとく見つけて「わんわんちょーだい」。やばい。

 ねんねの時に持ってきたら、自分の枕(IKEAで買った)にわんわんを寝かせて自分の布団に入れるぬー子。「わんわんはママと寝るよー」と言ってみるが無視される。ぬーの真似して「やだやだーo(><;)(;><)oわんわんはママの〜!えーん!」と言ってみたら、いきなりぬーちゃん、「ぎゃーーー!!」(;;>□<;)←本当にこんな顔

 泣かせてしまったorzごめん。。。大人げ無い私。しかしそこまでしても結局それほど執着はしていない様子で、だっこするでもなくころっと寝てしまう。あ、単に眠かったのね。ごめんね。ということでわんわんは私がだっこ(U・エ・)(´ε`*)

 

 そうそう、おもちゃも結構面白くて、何故か伊東マンショみたいな襟が売ってたり(……エリザベス1世みたいなおっきい襟。これは大人子供兼用サイズ)。商品説明に「おままごとにどうぞ。子供は大人の真似をすることで社会性を身に付けます」のように書いてあったけど、そこにあったのってロボットに変身できる服とか、ちいかっぱ(「はなかっぱ」に出てくる、貴族っぽい服装したカッパ)の頭のような変なかつらとか、顔に付けるネズミの鼻と尻尾のセットとか、鷲のお面とか、そんなのばっかで……、北欧の大人は抵抗なくこんなカッコして子供に真似されてるのか?!大人って、エリザベス女王のこと??昔の貴族??っていうか社会性って……と、懐の広さに感心しました。外国の物って感覚の違いがあって面白いですね。

 また行きたいなー。本当久々にすっごく楽しかったです。雑貨見るの大好き。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

web拍手 by FC2
posted by: nanori | 面白いもの | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
駐輪場。。。

 

 

 うちのあたりの駅周辺の自転車駐輪場って大抵下段が埋まっていて、上段に上げないと置けないことが多いです。

で、あれが結構大変なんですよね。

 力が要るとか、時間がかかるというのはまだなんとかなる気がするんですが、困るのが、上段ラックを上げたり下げたりするときによく自転車が落ちてくること。。。昨日も下ろそうとしてどわーんと自転車が落ちてきて、あわあわああわああしてたら通りがかった親切な外国の男性が助けに来てくれました。思わず日本語でわーすいませんすいませんありがとうございます言ってしまった。これ、私ひとりの時はいいけど、前に子供を連れてる時に落ちてきて 肝を冷やしました。特に下ろす時が難しいです。自転車を触ると落ちることがあったのでそれ以来自転車に触れないように、ラックの持ち手だけ持って引っ張るようにものっすごい用心してゆっくりゆっくり下げているのですが、自転車の乗ってるラックを斜めに傾けて、後ろ車輪側が地面に着きそうになるくらいの終わりごろに特に用心してゆっくり……でも何故かそこで前車輪が宙に浮き(?)どわーん……がっしゃーん。。。と横に落ちる(´д`)

 

 多分、上段ラックに自転車が固定されるロックのようなものが無いのと、私の自転車は子供乗せを前ハンドルに引っ掛けていて、子供の足が引っかからないようにハンドルを可能な限り高く上げてもらって、サドルを一番下まで下げています。また後ろに子供の保育園バッグを乗せられるように結構大きめの籠を荷台に取り付けているのが、安全に上げ下げできない原因のような気がします。自転車自体、一般的な26型27型よりやや小さめのにしています。街中で運転するときは信号や人通りが多く、しょっちゅう止まったり再発進したりするので、大きいタイヤは一人で乗っていても漕ぎ出しがしんどいのです。そういう工夫をした為にちょっと自転車のバランスが悪いのかもしれないのと、後ろ籠があるから下ろす時に荷台を掴むことができないので自転車が落ちないようにうまく抑えていられないから。というのが考えられるけど、実際はよくわかりません。普通に後ろに籠つけてるひとはいるし、できたらもうちょっと安全なラックを作ってもらえないものか。。。最近わたし痣だらけなんですけど。一応、駐輪場の壁には簡単に使い方が3行くらい書いて貼ってあるけど、「ラックを下す、自転車を乗せる。ラックを上げる」みたいななんじゃそらの説明しかなくて、こんな簡単な説明で、皆うまく上げ下げできてるんだろうか。

 

 ネットで検索したら結構上段怖いとか、怪我したという人(特に女性)もいるみたいで、私も書いたことがなかったし単にブログなどやっていない人は人目に付くところに書いていないだけで、これまでも怪我した人がいるのかもしれないです。自転車乗せラックにもいろいろあって、力がいるやつとそれほどは力がいらないやつ、ロックがあるのと無いの、入れられる自転車の大きさや幅、などなどいろいろみたいで何とも言えないところがあるんですが、或る程度の安全規格というか規制が無いと、傍でうろちょろしてた子供が大怪我……とか、考えたくないような事故が起こるんじゃないかと心配です。

 日本は土地が狭くて自転車置き場にはどこの自治体も苦労していると思いますし、或る程度苦労して上のラックに入れるのは仕方がないと思ってます。たまにいる上手くできない大人がちょっとくらい手足に怪我するのもまあしかたないかもしれないです。でも子供の安全だけは守らないといけないんじゃないかと思います。あと、最近電動アシスト自転車や子供乗せ専用自転車のような大き目で重い自転車使ってる女性が多いように感じます(都会では車が無い代わりに電動自転車使ったり)。そういう人たちの中にも、駐輪場でラックの上に上げないといけなくて苦労してる人が多いかもしれません。マンションがそうだったら毎日のことだし、どこでももうちょっと安全なラックを設置してもらえたらいいなあと思ってます。

 ただ、私のようにしょっちゅう自転車を落っことして痣作ってる人がそんなに多いかはわかりません……。うーん。。何で落ちるんだろう。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 12:05 | comments(4) | trackbacks(0) |-
葵祭2017レポート

 毎年5月15日に行われる葵祭に行ってきました。初めて見るのに、何の予備知識も無く行ってしまったのが反省点です。出先だとスマホではあまり見やすい資料も見つからず、事前に本などで調べていけばよかったなあ。

 葵祭といえば、平安時代の衣装で行列、というので、どんなだろうとわくわくしていました。この時期京都に行けることはあまり無かったのですが今回たまたま京都辺りにいたのです。500人もの人が1kmの行列を作って何時間もかけて練り歩くというので、雅やかで絢爛豪華な世界、というのをちょっとイメージして行ったんですが、思っていたのとちょっと違っていたように思いました。貴族の世界、ではあるのですが、結構庶民的な行事なんだなと。

 

 いえ、絢爛豪華ではあります。高校時代塾の古文の先生に聞いたのですが、十二単とかああいった王朝装束は庶民がそうそう近づけるものではなかったので、当時そういう格好の人が現れると皆こんなきれいなもの見たことないとわらわら寄ってきた(と思う)のだそうです。今では庶民でも、テレビやなんかでああいう格好の人を見たことはあるし、もっとキラキラで何億とかの宝石ドレスも世にたくさん存在するし、昔の人ほどびっくりはしないかもしれないけれど、それでもとても豪華できれいだし、ああいう珍しいものを見にわらわら集まって、沿道にずらっと並ぶ私たちは今も昔もなんだかんだで好ましき庶民だなと(笑)実感した一日でした。そして人々があれこれ噂したり、行列の様子に思わず笑ったり感心したりざわざわ話したりしながら、暑い中こうやって物見に集まる俗っぽさが私は嫌いではありません。

 

 私は行列だけを見に行ったので神社の中でどういう感じだったのかはわかりません。最初に男の人達の行列である本列が京都御所から出てきて、その後で女の人達の行列、斎王代列(女人列)が出てきました。よくわからないで見ていたのですが(汗)私が地下鉄の丸太町駅から出て、御所の南側を通る丸太町通りを東に行ったら、ここから先は行列が出てくるからと警察の人に道の反対側に渡るよう促され、ちょっと遠い反対車線の歩道から見物。でも南側から見た方が、逆光じゃないので良かったかもしれません。

 

 

ちょっと偉そうな方が向こうの方から来ました。この方がどなたなのか全然わかりません。

 

近くでもう一回写真を撮ったつもりが……。↓

むむむ。車が。。。

 

 皆頭に葉っぱを付けています。葵?よく見えませんが、いいですね。草花を頭につけるという発想が好き。

 

 

何かかっこいい武官。しぶい男性なんだけど役とはいえ普通にこんな格好して馬に乗れて、似合っちゃう京都という町のすごさ。

 

子供も結構たくさん行列に加わっていました。赤い衣装の子達が可愛らしい。

 

 

この方は、顔もなんだか絵巻に出てきそうな感じ。

 

 

紫の藤の花飾りが軒から垂らしてあるのが勅使の牛車らしいです。大きい車で人目を引きます。これは華やか。

 

 

 で、この下の写真の偉そうな方が多分、勅使。馬のおでこに何かお面みたいなものがついているので多分。って、あれ? 勅使? 上の写真の牛車に乗らないの?

 なんとも堂々とされて、立派なご様子でいらっしゃいますね。この貫禄はただ者ではないのがわかります。この勅使が行列の中で一番偉い役の人で、本来の主役らしいです。『源氏物語』では光源氏が当時の葵祭でこの役を務めた話が出てきます。それを正妻の葵上が見にいらしたのに、当時も今のように行列を見ようと集まった人達でごった返して牛車を停める場所が無く、従者たちが邪魔だあっちへ行けと追いやった牛車にお忍びで来ていた源氏の愛人の一人六条の御息所が乗っていた、という(いきなり千年前の物語に話が飛んでも同じような祭をしている京都に驚き)車争いで有名ですね。

 

 

華やかで綺麗な風流傘

 

 

道端でくるりと回る騎馬の武官

 

 

 

 

 写真が結構〜難しいんですよ。行列は車が通る左車線を一時閉鎖して車道を歩いていて、私がいるのが反対の歩道なので遠いのと、行列が移動しているので動体に弱い私のスマホカメラではなかなかシャッターが下りないのと。また、カンカン照りで光が強すぎるし、それに間の車線には普通に車が通っているのでシャッターを押す時にさっと車が通ってしまったり、ピントが遠くに行ったり近くに行ったりでなかなか撮りたい対象に合わない…。また、車道の信号が赤になると目の前にトラックが止まって見たい場面が見えない。。。ということも結構あり。数年前のスマホカメラでは撮影に無理があったかもしれません。私はコンパクトデジタルカメラも使いこなせませんが、良い一眼レフとかでないと、はっきりきれいには全然撮れないかもしれません。見物に行かれる方はせっかくなので是非良いカメラを。

 

続きは以下に畳みます。

 

JUGEMテーマ:旅行

続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | | 22:25 | comments(2) | trackbacks(0) |-
自己流過ぎるプチリメイク部その3

<写真はクリックすると大きくなります。>タイトルが何か変わってきてるよ〜

 

 

ワンピースリメイク1 ←こちらも今日リメイクしたものです(アフター)。そうだ、いつもビフォーを撮ってなくて比較ができないからどう変わったかよくわからないですね。。。これは私のサイズより2〜3サイズくらい大きいかったんですが、デザインや丈がとても良かったので買ってしまいました。なかなか無い普段使えそうな服だし。そのまま着てもそこまで大き過ぎな感じはしませんでしたが、何か所か直しました。

 

(1)このワンピ(チュニック)は一見重ね着風の、別布を前身頃の真ん中に持ってきて縫い付けてあるデザインです。この別布の面積がもっと広かったんですが、上の方を縫って狭めました。で、リボンがちゃんと結べるように紐のある辺りをV字に折り込んで縫っています。

 

(2)自分のサイズより大きい服を着た時に気になるのが脇です。もたついて腕の上げ下げがしにくくなるので、内側に縫い込みました。袖〜脇にかけて普通に縫っただけですが、これだけでかなり違います。でも、素人技なので結構スカート部分の脇が余って、脇の辺りから下があからさまにひだひだになっています。まあいいや。

 それから、肩幅も少し大きいので、袖山の頂上前後の位置を内側に縫います。ここんとこ、一からやるとすごい大変な部分ですよね。既に縫ってあるものの縫い位置を変えるだけなので、直すのはそこまで大変ではなかったです。身頃より袖側にギャザーが寄るので立体を意識して布面のカーブをキープしつつずれないように、ギャザーが寄るところは縫い目を細かくします。縫い目がガッタガタなんでわかると思いますが、全部手縫いです。

ワンピース肩脇

 

 ふう。被服は機械作業に見えて、手と同じくらい頭を使いますね。これだけのことなのに「あれあれ?」と所々間違えながらやってます。編み物もそうだけど、頭良くないと洋裁とか(和裁も)できないですね。(;^_^A

 

(3)あとは、後ろ身頃。こちらも布があまるので、似非ダーツというか、タックっぽいものを入れました。

ワンピース背中完成

 矢印のように、縦に二本つまんで真っ直ぐ縫いました。表に返すと、下の写真のように、背中がすっきりし裾が広がります。あまりつまみすぎるとラインがおかしくなるので差し支えない範囲で。背中が結構きれいになりました。あれ?ちょっと左右が対象でないかな(汗)

 

ワンピースリメイク背中

 

 こういう思い切りプチリメイクは買った値段が安かったから気楽にやってますが、新品定価で買ったりしたものはさすがにこんな適当にはできないですね。このワンピ(チュニック)は結構綺麗ですが古着屋さんで500円くらい? で買ったので気軽に縫ってます。でも布を切ったりするのは流石に怖いんで、ちゃんとしたい時はプロに任せると思います。

 

 私の知識は小学校、中学、高校の家庭科で習ったことだけなので限界がありますが、それだけ知ってれば案外実用に役立ちますね。でももっと知識があった方が助かるなあ……知識が欲しいなあと思うこの頃。家庭科の実技の成績は絶望的に悪かったのですが、知識を元に好きにいろいろ作るのは割と好きな方でした。忘れてたけどそういえば私は学生の頃家庭科、特に被服が大好きでした。こんな好きで毎日朝5時台のバスで学校の被服室に来て一生懸命課題をやってたのにここまで点を悪くしなくても!(10段階で3とか)と思ってましたが、人と比べると技術はかなり下手なんでしょう(´・ω・`)。でも、解けないよう、崩壊しないようにやれば、売れないまでも自分や家族の分の実用には何とかなります。苦手な皆さん、大丈夫ですよ。多分。

 

JUGEMテーマ:リメイク

web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
プチリメイクその2〜自己流過ぎる〜

ワンピース

 

 気付いてみるとどうしてこんな簡単な事に気付かなかったんだろう……と思うのですが。

 私が求めるお洋服がなかなか無いのにいつも困っていて、一番の悩みが前回も書いたのですが私の微妙な体型のせいか襟ぐりが開き過ぎるものが多くてバランスが悪く、下着の肩紐が出てしまったりすること。これは本当〜〜に嫌だったので、気に入った服でもここがな〜と思って買えないことが多かったです。無理に買ってもやっぱり嫌いになってしまって着なかったり。

 で、最近も夏服を出してチクチク微お直し縫いしていた時に、試行錯誤しながらの2着目で気が付きました。襟のパイピングのところ。ここに直接ゴムを通してしぼってしまえばいいんじゃん。あれ? この方法は前に別のワンピースでやったことがあった……忘れてた……。あれは手作り服で、衿ぐりのところにバイアステープが縫い付けてあったんでそこに通しました。こういう市販の服もおんなじですね。こういう被服の構造をいまいち理解していなかったのもあり、こんな風にすればいいと思いつかなかったです。。。

 

 上の写真は左肩にちょっとゴムが見えていますが、この位置にパイピング(衿ぐりをぐるりと縫い付けてある細いところ)の端があったので、縫い目の辺りからゴムを入れてみました。これはほんの少し絞っただけなので全体にゴムを入れてしまいました。背側までぐるりではなく前側だけとかにしておかないと全体が絞られて余計な所が引っ張られて苦しくなったり窮屈に感じたりするので、半分だけにしたお洋服もあります。

 また忘れそうなので自分用にやり方をメモしておきます。編み物用のとじ針(太い針で、毛糸が通せるように糸を通す穴が大きい。先があんまりとんがっていないので布を突き通しにくいけれど、突き刺せば結構簡単に突き通せる。カーペット針のようなのでもできると思います。百均で売ってます)に細いゴムを通して、布地にぐさっと刺し、パイピングの中を通して、布地をぐさっと刺して外に出て、普通にゴムを引き出す。細いゴムを使うしこれなら布地に穴をあける必要はありませんでした。で、ゴムの端と端を引っ張って、端同士結んだら好きなだけ絞れて、衿ぐりを狭くすることができました。ゴムを全体に入れず、途中から途中まで入れるところは、(1)突き刺して中に潜る→(2)数ミリですぐ布地の外に出す→(3)また潜る→(4)ゴム通す、とやって、(1)のびよんと伸びてる端を、「(2)と(3)の間」の、外に一瞬出ているところに結び付けます。下の写真。左から右へ進んでいます。(1)が指で挟んでいる長い端っこ。

 

 布地傷みそう!(笑)

 

 以前の記事の、レースを縫い付けるリメイクで一つ補足なのですが、本来レースは使う前に水通しして(洗濯機で洗ったり)おかないと、縫い付けた後に服を洗濯する時に縮んでしまいます。でも私はむしろ、レースを縮めることでその縫い付けてある布本体をも縮めたかったので、水通ししないでレースを縫い付けて、それから洗濯してます。乱暴なやり方です。こういうやり方はやっぱりきれいにできないと思うので、きちんとやりたい方はレースは水通しした方がいいと思います。

 

JUGEMテーマ:リメイク

web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 22:06 | comments(2) | trackbacks(0) |-
子供の事件がまた

糖尿病小2死亡公判:被告に懲役15年を求刑 - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20170317/k00/00e/040/267000c

 

↓こっちも無料会員登録で全文読めます

(傍聴席から)糖尿病7歳死亡初公判:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/CMTW1703080900001.html

 

2015年の事件。栃木県の自称祈祷師近藤弘治被告が、1型糖尿病の7歳の少年を治すことができる、と両親に信じ込ませ、300万円以上を払わせた上生命維持に不可欠なインスリンの注射をやめさせ、その結果少年は死亡した。こういう事件はこれまでに何件も起きていて、私もブログで取り上げたことがあったが、今回もただただ子供が可哀想でならない。こういう事件は多くがまだ親の言う事が絶対な子供の上に起きている。親の病気を治してやりたいという思い、毎日インスリン注射をするのが嫌だと泣く子供を見ていられない、という心情は多分、多くの人がわかるものであるとは思うが、どうして子供が、死ななくてよかった子供が死ななければならなかったのか。子供は何で自分だけが注射しないといけないんだとか、ママのせいだとか言って親を責めたのだという記事もあった。もしそれが本当なら確かに親にはつらいことだと思う。でもそういう要素がそろっているなら、親は洗脳などされていなかったのではないか? とも思う。洗脳などされていなくてもそれで十分、息子が普通の人と同じようには生活できたとしても一生治療継続という人生を歩む道よりも、現代医学では治せない病気を治してくれる方にかける理由になる。信じたいと思う理由になる。

しかしケトアシドーシスによるであろう死。子供が病気になって、自分のせいだと思った親の方もつらいとか、自分のせいで子供を亡くすことになって親も一生苦しむ、だから許すべきと私はあえて言わない。つらかったのは子供だし、このことに関しては、心のどこかでこの親を思いやったりできたとしても、親も子供を愛していたとか、少しは親の気持ちを汲んであげたいとか、そういう風には言わない。それが人の親である私の今の気持ちだ。

少年の両親は遺棄致死容疑で書類送検されているよう。

 

ただ、自分の非を公式に表明すると、それが心情的なものに過ぎなかったとしても裁判では不利になるのかもしれない。だからニュースで出てこない親の別の心情も本当はたくさんあるんじゃないかと思う。

 

1型糖尿用はまだよくわかっていないことも多いけれど、劇症型でなければ発症から徐々に徐々にインスリンがすい臓から出なくなっていき、一度「ハネムーン期」と呼ばれる時期がきて、最後の絞り出しのように膵臓からインスリンがちょっと出るようになり、中には一時期注射が必要無くなる人もいる。しかしその後は、必ずインスリンの自己分泌が尽きてしまう。そういう経過を辿ることは結構あって、祈祷を信じたら一回インスリンの自己分泌が戻ってきた! と誤解、その後また自己分泌が無くなって、入院、信心が足りなかった……と反省して、その後も一層頼ってしまい、結果死亡。ということなのかな。と。

 

(産経ニュース2017.3.9 10:10記事で【糖尿病児衰弱死公判】自称祈祷師被告「反対尋問は私がする」 父親「“治療”信じていた」 被告は指示否定 栃木 - 産経ニュース http://www.sankei.com/affairs/news/170309/afr1703090009-n1.html

 

祈祷や宗教に頼るのも否定はしないけれど、それを信じることにした責任、子供の命を預ける責任、というのはやはり親が負わなければならないと思う。多分この祈祷師も、以前の例と同じように、インスリンを打たないと数日で死ぬかも、というような意識を持っていなかったのではないかと思う。知ってたら、仮に詐欺を働くつもりではなく自分に本当に難病を治せる霊力があると思い込んでいたとしても、やはり危険だと思って、インスリン中止するのにはもう少し慎重になるのではないかと思う。詐欺だったのだとしたらなおさら死なせる危険を冒すわけがないし。

 

 

本当に残念だ。それに、個人的な気持ちだけど、私と同じ病気の、しかも子供が死ぬのはつらい。この子がそうかはわからないけれど、私はこの病気よりもっとつらいことなんかいくらでもあった。それでも大人になって、普通に生きてる。人の人生はその親ですら、外から見てもわからないことが多いのだ。そういう可能性すら知らずにこの子はどうして苦しみながら死ななきゃならなかったのか。



 

(私が参考にした新聞社各社の元の記事はウェブ上にあっても時間がたてば消えて閲覧できなくなるのでいつどこがどのように報道したかという事実はわからなくなってしまうと思う。著作権の問題でコピペも禁止されている。個人的にファイルしておくことは可能かもしれないけれどしていなくてどんどん記事は消えている)

 

JUGEMテーマ:ニュース

web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |-