Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ロザリオとシスター

※宗教的な感覚や意味合いは私にはわからないのでおいておくとして。クリスチャンの方には申し訳ないです。

 

 

 一見素朴な木製ビーズのブレスレット。

 とあるカトリック教会のバザーでこういうものを買いました。これはシスターたちが作ったものだそうで、メダイ付きロザリオとして売られていました。収益は被災地支援に使われるとのことで、その他シスターの手作りのクリスマスカードやマフラーやお菓子類などいろいろありました。このロザリオが売っているのを見ていたら、売り子のシスターがたが、いかにも部外者っぽい私の様子を見て、信者でない方も、お守りのように使えるとのことで買って行かれますよ、こうやって使うんです、とご自分の手にブレスレットのようにつけているものを見せてくださいました。こういう地味なのなら目立たなくていいかも……と思ってつい購入。すみません正直ちゃんとロザリオの祈りをする自信がなく、時々唱えるくらいですが、あの5連の普通サイズのロザリオの祈りって、(ずっと昔の一時期やってみたことがあるのですが)ちゃんとやろうとしたら結構大変です。頑張っても30分以上かかったかも。で一人でやってると疲れて眠く。。。

 これは一連の小さいサイズ。一周で計11個の大きい珠があります。……主の祈りと天使祝詞10回?どうやって数えるのかその場でシスターに聞けばよかったんですが信者じゃないのと、子供がうろちょろ走り回って転んだりしていたので聞いている時間が無く……。これは一応、お守り?にしようと思います。おメダイが付いてるし。

 

 ちゃんとしたロザリオの祈りは信者じゃない我々にはハードルが高すぎますが、このくらいの小さいのでできる回数だけ、という程度でもチャレンジするきっかけにはなるグッズなのかなあと思います。(昔はブレスレットのロザリオなんてものは無かったと思います。ただの鎖でつながったちいさいやつも昔シスターにもらって持ってる↓)

 

 

 

 ブレスレット、というのは一般的に言って装飾的なものです。ロザリオがお洒落に使われてるの?シスターが作るの?と不思議になります。でも今時、ファッションの世界にロザリオは普通に取り入れられていますね。ちゃんと短くはしてあると思いますが、首にかけることもあるようです(日本の信者の方はしない)。ただ普通ロザリオって買ったらそのまま使うもんじゃなくて、神父様とかにお願いして聖別してもらうんですよね。私が行っていた学校では信者の同級生も学校などでしてもらってたようです。でも、聖別してもらったらもうファッションとしては使えなさそう。逆に、数さえおかしくなければ(祈りの回数を数えるのが目的なので数がバラバラでは目的が果たせない)ファッション用のロザリオで祈ることも、できるといえばできると思います。ロザリオそのものの意味は信者でなかったら関係ないですしちゃんとした聖別された十字架で祈るのは信者さんだけでいいのではないか?と思います。わかりませんが。ブレスレット系を付けてる人は半分お洒落、半分祈りや安心お守り、程度のものなのかもしれないですね。隠れキリシタンの可能性もありますが。

 

 正直私はシスター(修道女)という方々が十代の頃から苦手でした。カトリック系の学校だったので普通に担任や学科の先生がシスターだったりするのですが、皆さまどこか普通でなくて、近寄りがたかったり、感覚が変わっていたり。修道女は浮世離れしていて当然なんですけど、先生、教諭、としてはもうちょっと生徒に寄り添ってくださらないもんかねと思ってました。もちろん子供には厳しさや躾も大事なので、シスターはそういう方面を主に担ってもくれましたが、基本突き放し式というか。保健室に行っても冷たく突き放される感じで、熱っぽいんですと言っても、なら寝てるか帰るか自分で選んでね、と言ってそのまま放置……みたいな。確かに今考えても保健室には消毒薬以外の薬も置いてないし、本当に寝てるか帰るかしかできないと思いますけれどそういう説明や助言も一切無しで、どうしますか、と言われて放置されてもどうしたらいいのか私にもわからず。寝てても治らないだろうし、家にも帰りたくない(帰ってもやはり寝てるしかないし、寝てても治らない。当時私は不登校の逆で不帰宅?みたいなところもあった)考えた末やっぱり教室に戻りますと言ってそのまま授業へ戻りました。いつもそういう感じなので具合が悪くても保健室には頼らない習慣がついてしまい、後に大病をして、病院未受診時に原因不明の体調不良でしんどくて仕方なくなっても保健室で休むことは無かったし(教室の床に転がってたり、机に伏して寝ていたり)、家族が頼りにならなくても相談することもなかったです。当時の私の家では体調が悪くても市販薬も飲まない(薬は症状が軽くなるだけで病気を治すものではないから飲んでも仕方ない、という意見でひたすら寝て我慢するのみ)し、病院に行く習慣も無く、(熱があるのに病院に行っても何時間も待たされてよけい具合が悪くなるだけ、だから家で寝ていろという方針)、40〜42度を行ったり来たりする熱が3日続いた時でも薬も飲まず家で寝ていて病院に行かなかったくらいなのですが(親も無知で、「40度なんてこんな高熱の表示見たことないなあ」と言っただけだから結局熱の原因はわからない。ただし全く悪意は無く、おかゆは作ってくれた)、保健室がそういう時はどうしたらいいとか、こういう時はどうした方がいいとか、そういうのを教えてくれる場であってくれたらいろいろ助かったのにと個人的に思ってます。でも当時は保健室登校とか全く無かった訳ではないですが、あんまり知られてなかったと思います。不登校という言葉も無く「登校拒否」と言っていた時代で。高校生にもなれば普通は自分で誰かに頼んで何とかするもんだと思うかもしれませんが、物心ついてからずっと閉鎖的な家庭で外を知らずに育ったADHDの私はこういうもんだと思い込んだら上書きできない、何の手段も思いつかない残念な子供だったと思います。うーん。こう書いてみると本当に残念な子供だ。

 

 学校に来ている神父様は「様」と付くのにシスターは「〇〇シスター」で校長先生ですらただの姉妹、みたいな呼び方ですが、本当その通り、階級や序列というものが無いので確かに、シスターって迷える子羊を導く立場ではないんですよね。プロテスタントの牧師先生も牧師だから羊飼いだし、カトリックでは男性は指導者的な立場があるようなんですが、シスターは本当に生徒を導いたり救ったりするんでなく、彼らもまた尚求道中の子羊の一人にすぎないんだろうか、だから精神的な支えには決してなってはくれないんだなと思っていました。本当皆気難しいし捻くれてるというか、マイペースだし。

 もちろん学校にはたくさんシスターがいたので中には割と話せる先生、普通の師弟として仲良くしていただいた先生もいたんですが、そういう先生も含めてどこか感じ悪かったりもして、そういうイメージがあったのです。だから私はシスターという人たちが未だに苦手で、あんまり話しかけられません。あの方々のことは私にもよくわかりません。ただ一つ、私がはっきり認識しているのは、シスターは自分の意志ではなく、神様に呼ばれてなる存在である、ということ。感じが悪かろうが変人だろうが、神様に呼ばれて自分自身の使命を一生懸命果たそうとしている人なので、私がいちゃもんつけたり何かを求めたりする存在ではなかったんです。悪く言えば「敬遠」ですが、それは必ずしも悪い感情では無く、尊敬している部分があったので、あの方々に構ってもらおう、助けてもらおう、という気持ちが起こらないのかもしれません。修道院が世間から離れすぎているからもうちょっと近い存在になれるように、との議論もたびたび有るらしく、私があの高校に在学していた時代にも修道服の布地が少しずつ減っていったというおかしな現象があったのですが(首の覆いが無くなったとか、おでこの部分だけ布が無くなったとかそういう)、別にまあ、世間から離れていても別に構わないと言うか、是非そのままのあなたがたでいてほしいと心から思う。

 

 最後に何の脈絡もありませんが高校生当時とあるシスターの話で一番衝撃を受けたのが、そのシスターが通り魔に刺された体験談……。いきなり近づいてきて刺されたらしい。確かに通り魔って「誰でもいいから刺そう」みたいに思って即行動するんだろうけど、でも、流石に現代日本の街中で、ターゲットにしようと思って近づいた人がシスター姿なのを見たら、一瞬「あれっ?!」とか思って気持ちが乱れて躊躇わないもんかねと思ったんですが、本当にあれって誰でもいいというか、どういう服装の人でも関係なくいきなり刺してるんだ……と思うと、結構怖いですね。おしまい。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 01:06 | comments(2) | trackbacks(0) |-
駐輪場。。。

 

 

 うちのあたりの駅周辺の自転車駐輪場って大抵下段が埋まっていて、上段に上げないと置けないことが多いです。

で、あれが結構大変なんですよね。

 力が要るとか、時間がかかるというのはまだなんとかなる気がするんですが、困るのが、上段ラックを上げたり下げたりするときによく自転車が落ちてくること。。。昨日も下ろそうとしてどわーんと自転車が落ちてきて、あわあわああわああしてたら通りがかった親切な外国の男性が助けに来てくれました。思わず日本語でわーすいませんすいませんありがとうございます言ってしまった。これ、私ひとりの時はいいけど、前に子供を連れてる時に落ちてきて 肝を冷やしました。特に下ろす時が難しいです。自転車を触ると落ちることがあったのでそれ以来自転車に触れないように、ラックの持ち手だけ持って引っ張るようにものっすごい用心してゆっくりゆっくり下げているのですが、自転車の乗ってるラックを斜めに傾けて、後ろ車輪側が地面に着きそうになるくらいの終わりごろに特に用心してゆっくり……でも何故かそこで前車輪が宙に浮き(?)どわーん……がっしゃーん。。。と横に落ちる(´д`)

 

 多分、上段ラックに自転車が固定されるロックのようなものが無いのと、私の自転車は子供乗せを前ハンドルに引っ掛けていて、子供の足が引っかからないようにハンドルを可能な限り高く上げてもらって、サドルを一番下まで下げています。また後ろに子供の保育園バッグを乗せられるように結構大きめの籠を荷台に取り付けているのが、安全に上げ下げできない原因のような気がします。自転車自体、一般的な26型27型よりやや小さめのにしています。街中で運転するときは信号や人通りが多く、しょっちゅう止まったり再発進したりするので、大きいタイヤは一人で乗っていても漕ぎ出しがしんどいのです。そういう工夫をした為にちょっと自転車のバランスが悪いのかもしれないのと、後ろ籠があるから下ろす時に荷台を掴むことができないので自転車が落ちないようにうまく抑えていられないから。というのが考えられるけど、実際はよくわかりません。普通に後ろに籠つけてるひとはいるし、できたらもうちょっと安全なラックを作ってもらえないものか。。。最近わたし痣だらけなんですけど。一応、駐輪場の壁には簡単に使い方が3行くらい書いて貼ってあるけど、「ラックを下す、自転車を乗せる。ラックを上げる」みたいななんじゃそらの説明しかなくて、こんな簡単な説明で、皆うまく上げ下げできてるんだろうか。

 

 ネットで検索したら結構上段怖いとか、怪我したという人(特に女性)もいるみたいで、私も書いたことがなかったし単にブログなどやっていない人は人目に付くところに書いていないだけで、これまでも怪我した人がいるのかもしれないです。自転車乗せラックにもいろいろあって、力がいるやつとそれほどは力がいらないやつ、ロックがあるのと無いの、入れられる自転車の大きさや幅、などなどいろいろみたいで何とも言えないところがあるんですが、或る程度の安全規格というか規制が無いと、傍でうろちょろしてた子供が大怪我……とか、考えたくないような事故が起こるんじゃないかと心配です。

 日本は土地が狭くて自転車置き場にはどこの自治体も苦労していると思いますし、或る程度苦労して上のラックに入れるのは仕方がないと思ってます。たまにいる上手くできない大人がちょっとくらい手足に怪我するのもまあしかたないかもしれないです。でも子供の安全だけは守らないといけないんじゃないかと思います。あと、最近電動アシスト自転車や子供乗せ専用自転車のような大き目で重い自転車使ってる女性が多いように感じます(都会では車が無い代わりに電動自転車使ったり)。そういう人たちの中にも、駐輪場でラックの上に上げないといけなくて苦労してる人が多いかもしれません。マンションがそうだったら毎日のことだし、どこでももうちょっと安全なラックを設置してもらえたらいいなあと思ってます。

 ただ、私のようにしょっちゅう自転車を落っことして痣作ってる人がそんなに多いかはわかりません……。うーん。。何で落ちるんだろう。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 12:05 | comments(4) | trackbacks(0) |-
自己流過ぎるプチリメイク部その3

<写真はクリックすると大きくなります。>タイトルが何か変わってきてるよ〜

 

 

ワンピースリメイク1 ←こちらも今日リメイクしたものです(アフター)。そうだ、いつもビフォーを撮ってなくて比較ができないからどう変わったかよくわからないですね。。。これは私のサイズより2〜3サイズくらい大きいかったんですが、デザインや丈がとても良かったので買ってしまいました。なかなか無い普段使えそうな服だし。そのまま着てもそこまで大き過ぎな感じはしませんでしたが、何か所か直しました。

 

(1)このワンピ(チュニック)は一見重ね着風の、別布を前身頃の真ん中に持ってきて縫い付けてあるデザインです。この別布の面積がもっと広かったんですが、上の方を縫って狭めました。で、リボンがちゃんと結べるように紐のある辺りをV字に折り込んで縫っています。

 

(2)自分のサイズより大きい服を着た時に気になるのが脇です。もたついて腕の上げ下げがしにくくなるので、内側に縫い込みました。袖〜脇にかけて普通に縫っただけですが、これだけでかなり違います。でも、素人技なので結構スカート部分の脇が余って、脇の辺りから下があからさまにひだひだになっています。まあいいや。

 それから、肩幅も少し大きいので、袖山の頂上前後の位置を内側に縫います。ここんとこ、一からやるとすごい大変な部分ですよね。既に縫ってあるものの縫い位置を変えるだけなので、直すのはそこまで大変ではなかったです。身頃より袖側にギャザーが寄るので立体を意識して布面のカーブをキープしつつずれないように、ギャザーが寄るところは縫い目を細かくします。縫い目がガッタガタなんでわかると思いますが、全部手縫いです。

ワンピース肩脇

 

 ふう。被服は機械作業に見えて、手と同じくらい頭を使いますね。これだけのことなのに「あれあれ?」と所々間違えながらやってます。編み物もそうだけど、頭良くないと洋裁とか(和裁も)できないですね。(;^_^A

 

(3)あとは、後ろ身頃。こちらも布があまるので、似非ダーツというか、タックっぽいものを入れました。

ワンピース背中完成

 矢印のように、縦に二本つまんで真っ直ぐ縫いました。表に返すと、下の写真のように、背中がすっきりし裾が広がります。あまりつまみすぎるとラインがおかしくなるので差し支えない範囲で。背中が結構きれいになりました。あれ?ちょっと左右が対象でないかな(汗)

 

ワンピースリメイク背中

 

 こういう思い切りプチリメイクは買った値段が安かったから気楽にやってますが、新品定価で買ったりしたものはさすがにこんな適当にはできないですね。このワンピ(チュニック)は結構綺麗ですが古着屋さんで500円くらい? で買ったので気軽に縫ってます。でも布を切ったりするのは流石に怖いんで、ちゃんとしたい時はプロに任せると思います。

 

 私の知識は小学校、中学、高校の家庭科で習ったことだけなので限界がありますが、それだけ知ってれば案外実用に役立ちますね。でももっと知識があった方が助かるなあ……知識が欲しいなあと思うこの頃。家庭科の実技の成績は絶望的に悪かったのですが、知識を元に好きにいろいろ作るのは割と好きな方でした。忘れてたけどそういえば私は学生の頃家庭科、特に被服が大好きでした。こんな好きで毎日朝5時台のバスで学校の被服室に来て一生懸命課題をやってたのにここまで点を悪くしなくても!(10段階で3とか)と思ってましたが、人と比べると技術はかなり下手なんでしょう(´・ω・`)。でも、解けないよう、崩壊しないようにやれば、売れないまでも自分や家族の分の実用には何とかなります。苦手な皆さん、大丈夫ですよ。多分。

 

JUGEMテーマ:リメイク

web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
プチリメイクその2〜自己流過ぎる〜

ワンピース

 

 気付いてみるとどうしてこんな簡単な事に気付かなかったんだろう……と思うのですが。

 私が求めるお洋服がなかなか無いのにいつも困っていて、一番の悩みが前回も書いたのですが私の微妙な体型のせいか襟ぐりが開き過ぎるものが多くてバランスが悪く、下着の肩紐が出てしまったりすること。これは本当〜〜に嫌だったので、気に入った服でもここがな〜と思って買えないことが多かったです。無理に買ってもやっぱり嫌いになってしまって着なかったり。

 で、最近も夏服を出してチクチク微お直し縫いしていた時に、試行錯誤しながらの2着目で気が付きました。襟のパイピングのところ。ここに直接ゴムを通してしぼってしまえばいいんじゃん。あれ? この方法は前に別のワンピースでやったことがあった……忘れてた……。あれは手作り服で、衿ぐりのところにバイアステープが縫い付けてあったんでそこに通しました。こういう市販の服もおんなじですね。こういう被服の構造をいまいち理解していなかったのもあり、こんな風にすればいいと思いつかなかったです。。。

 

 上の写真は左肩にちょっとゴムが見えていますが、この位置にパイピング(衿ぐりをぐるりと縫い付けてある細いところ)の端があったので、縫い目の辺りからゴムを入れてみました。これはほんの少し絞っただけなので全体にゴムを入れてしまいました。背側までぐるりではなく前側だけとかにしておかないと全体が絞られて余計な所が引っ張られて苦しくなったり窮屈に感じたりするので、半分だけにしたお洋服もあります。

 また忘れそうなので自分用にやり方をメモしておきます。編み物用のとじ針(太い針で、毛糸が通せるように糸を通す穴が大きい。先があんまりとんがっていないので布を突き通しにくいけれど、突き刺せば結構簡単に突き通せる。カーペット針のようなのでもできると思います。百均で売ってます)に細いゴムを通して、布地にぐさっと刺し、パイピングの中を通して、布地をぐさっと刺して外に出て、普通にゴムを引き出す。細いゴムを使うしこれなら布地に穴をあける必要はありませんでした。で、ゴムの端と端を引っ張って、端同士結んだら好きなだけ絞れて、衿ぐりを狭くすることができました。ゴムを全体に入れず、途中から途中まで入れるところは、(1)突き刺して中に潜る→(2)数ミリですぐ布地の外に出す→(3)また潜る→(4)ゴム通す、とやって、(1)のびよんと伸びてる端を、「(2)と(3)の間」の、外に一瞬出ているところに結び付けます。下の写真。左から右へ進んでいます。(1)が指で挟んでいる長い端っこ。

 

 布地傷みそう!(笑)

 

 以前の記事の、レースを縫い付けるリメイクで一つ補足なのですが、本来レースは使う前に水通しして(洗濯機で洗ったり)おかないと、縫い付けた後に服を洗濯する時に縮んでしまいます。でも私はむしろ、レースを縮めることでその縫い付けてある布本体をも縮めたかったので、水通ししないでレースを縫い付けて、それから洗濯してます。乱暴なやり方です。こういうやり方はやっぱりきれいにできないと思うので、きちんとやりたい方はレースは水通しした方がいいと思います。

 

JUGEMテーマ:リメイク

web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 22:06 | comments(2) | trackbacks(0) |-
プチリメイク

 

 最近お洋服の微リメイクっぽいことをよくしています。と言っても本当にプチですが。市販で私の体型にあう服がなかなか無くて、大抵のものは体型にあわないんですがあわないのを我慢して着ていたらその服が嫌いになって着なくなることが多かったんです。そうやって嫌いになった服を手放そうと思った時にふと、売る手間を考えたらお金をかけずプチリメイクしてみてもいいかな、と思って、百均でレースを買ってみました。不器用だけどおおまかなイメージでそれらしいものを作るのは結構できるので、100円だから失敗してもいいやと思って。セリアだと50cm〜1.5mくらいで大体100円で手に入るし、手芸店ならもしかしたらもっと割安で買えるのかもしれないんですが(わかりません)とりあえず近場の百均で買ってみました。

 

 ↑この紫のはもともとレースやフリル、リボンやビジューのついたトップスです。ここのブランドは乙女っぽいけど何故か大き目サイズなので、首回りががばっと開いてしまい、胴体が短く首だけ変に長く見えてしまうのが嫌で嫌で。それにこういうデザインでここまで開くと、横ラインが斜めにだらん、と傾くのですごくだらしない感じになるんですよ。首回りがばっていうの本当嫌いで(*>ω<*)。

 ということで、胸上あたりに3cm幅レースを2本、ずらして重ねて手縫いで縫い付けてみました。

 これだけで見た目も結構いい感じに。襟ぐりも狭くなりました。

 

 そこの店員さんには中に胸元レースのインナーを着るといいとアドバイスされてその店で買ったんですが、レースキャミの肩紐を一番短くしてなんとかトップスより上にちらっとレースの頭が出てくる感じで、インナー胸元に折角ついているビジューなんかも全然見えずあんまりきれいに見えなかったんです。肩紐かなり短くするんで肩がきついし、下着(本来のサイズ)とレースキャミ+トップスのサイズが違うから着用感が安定せず胸元レースも出たりひっこんだり、そもそもこのレースキャミ着心地が悪かったので結局まとめて全部嫌いになって着なくなったんです(´・ω・`)

 

 サイズ感って難しいですよね。

 

 

↓こちらは同じブランドの別の形のトップス。こちらもかなり胸元が開くので、ちょっと感じの違うフリルを付けてみました。

 

 

 

↓写真がうまく撮れませんが(><)こっちはカジュアルな薄手長袖トップス。着た時の見た目が悪く感じるというのもあったんですが、首元が寒くて一旦着ても午前中のうちにすぐ着替えてしまって、普段着ているようで全然着ていませんでした。これが一番最初にプチリメイクしてみたものです。1.5cm幅くらいのレースを付けてみました。もっと襟ぐりが狭くてもいいくらいですが、大分ましに。普段結構着られるようになりました。

百均だから心配もありましたが、ネットに入れたら普通に洗濯しても(今のところ)大丈夫です。

 

 

 スカートやズボン、レギパンもいくつかサイズ直しを自分でしているんですが、縫い目をほどいても結構大丈夫なことが分かったので今はガンガン糸切ってガシガシやっちゃってます。でも中には、開いてみたらウエストのゴムが全部生地に縫い付けてあって、無理に解いて切ったりはったりして見た目ダメダメになったりもしてます(;^_^Aでもそういうのはもともと廉価大量生産で質の良くないのをセールで買ったりしたもので(既に毛玉だらけ)、普段チュニックの下にしか着ないから縫い目が見えないとか、お店に持って行ってお金かけて直すほどでもなかったのでいいんですが。

 

  不便に感じて捨てるくらいなら自分で継ぎはぎしてみるのもいいですね。前より確実にこれらの服が好きになりました。

 

JUGEMテーマ:リメイク

web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 13:43 | comments(2) | trackbacks(0) |-
あけましておめでとうございます2016
ナタリー着物
ご挨拶が遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!
 去年は子供が生まれたばかりでてんやわんやで、創作活動もほとんどできなかったのですが、今年は秋にお知り合いの方々に混じらせていただいて本を作らせていただく予定です。文学関係イベントにも時々顔を出したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 お人形は実は微妙に増えているのですがあまり遊ぶ余裕もなく放置状態です。写真はぷーりっぷの彼氏の妹ダルちゃんで、「ナタリー」という子です。もとは血まみれ看護師なんですがきれいな黒髪なんでこのように和服を着せたりしていました。頭は大きいけど体はリカちゃんサイズなので、リカちゃんキャッスル製のお着物が丁度合いました。ボディがぐにゃっとした子なんで立たせているといきなりぐらっと傾きます。プーリップももうちょっとしっかりした作りになってくれるといいのですが。今年はもう多分新しいお人形はお迎えしないと思います。

 下の金髪リカが着ているのはミンネだったかの手作り作家さんの作品です。

ナタリーとリカ着物

 非常に写真写りの悪い子たちでした。うう。写真難しい。

 長年使っていたノートパソコンを額田ちゃんが引っ張り落して壊してしまい、新しいのを買ったのですがオフィスが入っていないのでオープンオフィスとかを使っていく予定です。もともと小説は紙にペンで書いていたのでワードなども使い慣れておらず(小説サイトに乗せてるのはメモ帳にHTMLと一緒に直打ちなのです)そんなにワードに拘っていなかったから文字が打てればもう何でも良いのですが、もしほかの方と何かをやり取りするときにちゃんと互換ができなかったりしたら少し調整にお手間を取らせることもあるかと思います。すみません。
 ずっと調子の悪かったプリンターも買い替えました。でも近くの公民館が取り潰されることになったので印刷機を貸してもらうことも難しくなり、a piacereで作っていた今までのような手折りのサークル誌ももしかしたら今後やりかたを変えていくかもしれません。
 あと、パソコンはウィンドウズ10にアップグレードして割と快適に動いていますが、子供がいるのでなかなか開けません。でもスマホは絶不調です。メールやツイッタの反応なども遅れたらすみません。

 私は不器用でいろんなことを一度にすることができなくてどれだけ何ができるのかわからないのですが、今年は健康に注意しつつ、無理せずまたいろんな本を読んで、いろんな作家さんを見つけて、少しずつ創作活動に戻っていけたらなと思っています。目標というか、いつもできるだけ心がけてはいることですが、感謝を忘れずにいこうと思っています。子供がいると本当にたくさんの方に助けていただくことが多くなり、自分もちゃんと周りに気を配れるようにしようと思います。

 来てくださる方の少ないブログだと思いますが読んでくださった方々ありがとうございます。また時々気まぐれに好き勝手書いたりするつもりなので、どうぞよろしくお願いいたします。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
幅狭足でカジュアルな靴を
 突然ですが、私はやや足幅が狭く、ちゃんと測ってもらったことはないんですがワイズで言うと「C」くらい? 自分で何度も測ってみて最近やっとそれくらいかなとわかってきました。

 AとかAAとか、もっと狭い人はかなり苦労されていると思いますが、私でも足に合う靴が無くて昔から歩くのがつらいと感じるくらいでした。足の長さのサイズに合わせて靴を買うと幅が広すぎて、たとえばお風呂掃除の時に履くプラスチックの靴、ああいうのを履いて歩いているような変な筋肉を使って歩くウガーウガーな苦痛を日々感じて歩くことになります。かといってサイズを下げるときつくてきつくてこれまた痛い窮屈頭がキリキリイライラという種類の苦痛を感じます。
 最近は健康ブームのせいか靴のワイズはどんどん広いのが一般的になってきて、健康シューズ、ウォーキングシューズなどは3Eを売りにするのが流行り→今や3Eはあたりまえ、4Eコーナーが充実してきました。2E以下のウォーキングシューズを見かけないくらいです。
(知らない方のために簡単に。私も良くわらかないのですが。ワイズはAA→A→B→C→D→E→2E→3E→4E、という感じで広くなっていって、昔の細いパンプスで足が痛いとかよく言ってたのは多分、2EとかEとかなのかな? 今は3Eが日本人の標準になっているような感じです。パンプスは2Eとかあります。Bと3Eの人の足の一番太い部分の周囲の長さを測ると3cmくらいの差が有ります。あとは、甲高とか甲低とか、いろいろ人によって違いはあると思います。靴は長さのサイズが長くなるほど足の周囲が広くなるので、ワイズの小さい人はたとえば足の長さは23.5cmなのに足周囲が丁度いいのは21cmの靴というような困ったことになります)

 で、パンプスに関してはkibera(https://www.kibera.jp/)とかいいところを教えていただいたりしたのですが、最近は普段スニーカー等ジーンズに靴下で履ける靴を普段履くようになり、それで気付いたのですがスニーカーも結構足幅が広い! ウォーキングシューズとかいろいろ探しても皆3Eとか……

 細めのスニーカーは一つ見つけました。パトリックのシュリー(amazonのURL)は、ワイズCくらいの人だったら自分の足サイズでいけます。かかとも狭いのでものすごく良い。つま先はちょっとだけ指が開ける感じで、余裕があってちょうどいいくらいです。ちょっと履くのにギューギュー足を突っ込む必要がありますが、靴べら使ってでも履く価値はあります。そして紐はしっかりしっかり締める!これでかなり歩きやすくなりました。
 あとは、GAP系列のオールドネイビー(http://oldnavy.co.jp/)という、海外のguっぽいお店は幅が狭めに感じました。私はここのブーツに、百均の土ふまずサポーターを両足の両かかと側面にはりつけて固定して、ヒールが高かったので前すべりしないよう百均のすべりどめを敷いて使ってます。とにかく安くあげたい人は機会があったら一度オールドネイビーの靴を試着してみてください。

 とはいえ、幅狭靴は値段も高い(普通の人が4,5千円でシーズンごとに買いかえる感じの靴でも2万、3万円あたりまえ、AAとかA、Bの人はそれすら無いので専門の店でオーダーメードして3,4万〜)し、絶対数が少ないので好きなデザインの靴が履けない。レインシューズやブーツも履きたい。。。guのムートンブーツなんかも履きたい、お気に入り服屋さんの売り場に置いてある靴も履きたい、とにかくお洒落したい盛りなのにお金が無さ過ぎ……という時は、最終手段があります。


足幅狭1
 これ。百円ショップでこういうのが売ってます。ダイソーのつま先だけの5本指ソックスです。指の間の汗を取るための、つま先があいているものもあります。好きなのでいいですが、つま先があいているやつの方が靴のサイズ(23.5cm等の長さ)に影響しないのでいいかもしれません(セリアではつま先のあいてるのが売ってました)。あと、百円ショップのコースター、4枚100円のやつ。これは本当に何でもいいです。私にはちょうどよさそうなのでこれにしてみましたが、家にある小さい布とか、綺麗に入れるなら手芸用の綿なんかでもいいと思います。洗濯の都合とか肌触りとか考えて、自分の好きなもので。


足幅狭2
 このように履いて、コースターは2枚重ねて半分に折ってこのように足の甲の一番広いあたりに詰め込みます。これは入れてるのがわかりやすいように雑に入れていますが、人に見せないなら雑でもいいです。自分でちょうどいいくらいの量を適当に入れてください。この靴下の甲の部分がゴムで締めてあるので結構しっかりホールドしてくれます。 


足幅狭3
 その上に靴下をはくとこんな感じ(右)。比較のために左側は入れていません。左は普通に素足に靴下を履いただけ。


足幅狭4
 真横から見た感じ。甲がだいぶ高くなります。
 靴を脱いだらやっぱりちょっと格好良くはないですが、デコボコにならないように工夫して布や綿を入れたり(デコボコの方が実際は靴にひっかかるので良いかもしれませんが)しておけば、ちょこっと居酒屋で靴脱いで掘りごたつへ足つっこむ程度の時間見られるくらいならなんとかなるかもしれません。

 ストッキングの時は、足先5本指のやつと布→ストッキング→その上にストッキングの色に合わせたショートソックスで乗り切れると思います。(常に黒ストッキング+黒靴下にしておくのが楽ですが、肌色ストッキングの時はもう割り切って、kiberaのパンプス1万円くらいで細身のを作ってもらえるのでそれで。)
 これで今まで可愛いけど足つらいからやっぱり捨てよう…となった靴でも足の甲が開いてないやつなら履けそうな感じがします。

 皆さんいろいろ工夫されてると思いますがこれもお金のかからない方法なので、試したことのない方は一度。もし試して改善案、根本的にもっといいやり方などあれば教えてください。特にレインシューズで出かける時など私はよくやってます。お風呂掃除の靴の歩き方だったのが、立派なレインシューズの履き心地に。

JUGEMテーマ:幅狭靴

web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 12:06 | comments(4) | trackbacks(0) |-
「詰め替え用」とは
 漏斗使うのって楽しい。こんなの買うのもったいないと言う人もいるだろうけど。
(……意味不明なこと言ってたらすみません)
 よく洗濯洗剤や柔軟剤の「詰め替え用」を買っている。私は不器用なのでよく盛大にこぼしてしまい、最近はずっと漏斗を使って詰め替えている。でもそういう操作をしながら、ずっとこの「詰め替え」というのがよくわからなくて、もちろんどういう意味で使っているかはわかるんだけど何故「詰め替え」と言うのか。「替える」というのはまあ辞書的には別のものにとりかえるとか交代させるとかいう意味で載っている(「「替」はある物にかえて別の物にする……の意で使うことが多い」)のだけれど、「詰め替える」は改めてつめる、つめなおす。という風に載っている。(『広辞苑』第五版)
 多分「詰め替える」は現代日本で使われている意味合いでそのまま載っているだけなのだけれど、「替える」の項目は上に挙げたとりかえるとかそういう、もうちょっと前から使ってきた意味を書いているのではないかと思います。
 で、洗剤を詰め替える……というのはどうして詰め「替える」なのか。液体の流れを考えると確かに、古いやつらは水に流れて下水道へと去り新しいやつらが交代でやってくるとも言えるけど。なら試しに「詰める」を「入れる」とか別の言葉に置き換えて使ってみると、「シャンプー入れ替えといたからね」。「あ、そうそうハンドソープ入れ替えておいてよ」。そうなると、パンテーンの入ってたボトルの中身を出してしまってメリットを入れておいた。とか、キュキュットの中身を出してジョイを入れたとか、何か中身が変わったような気がしてしまう。それも、使い終わって空になったボトルに改めて何か詰めたのではなく、何か入っている状態のボトルの中身を捨てて入れ替えたイメージになってしまう。これは私の感覚なので他の人はそうじゃないのかもしれないけれど。
 もちろんそんなことするはずがないのは私もわかっていて、普通に、一応改めて書くと、もともと入っていたものを使用しているうちに中身が無くなり、そのボトルにかつて入っていた液体の代わりに(まったく同じ製品を)また入れる、ということなのだろうけれど(大抵詰め替え用のパックには同じ製品のボトルに同じ製品を入れて下さいと書いてある)それを「替える」という言葉で表現するとやはり不思議な感じがある。これ何なんだろう。

 ふと、プリンターの「カートリッジに入ったインク」に関してイメージしてみると、次々同じ色のインクを使って刷っていく時、カートリッジの中のインクが無くなれば「替える」、もちろん使い終わった色の元のカートリッジは取り去って、新しいカートリッジに替える。古いカートリッジと新しいカートリッジは別の物だ。でも中身のインクはメーカーも型番も色も同じでないといけない。
 という風に考えると、「詰め替え用」では「替える」のは中身のことじゃなくて、外側のパックのことなんだろうか。詰め替え用の洗剤はいつも同じ銘柄のもので中身ももちろん同じだけど、入れ物(ペタンコになるパックや詮のついたプラスチックボトル)に関しては元のを廃棄して新しいのをもってくる。つまり洗剤を詰め(入れ)替えるんじゃなくて、パックを詰め(入れ)替えるんだ。……どこに? なんだか、またわけがわからなくて自分が洗濯ロボットとかになって、漏斗をロボットアームの冷たい指で支えつつ、自分のボディに仕込んだ新しいカートリッジから無添加液体洗剤ガシャンガシャンて注ぎ入れているような気分になってくる。

JUGEMテーマ:日記・一般
web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 22:40 | comments(2) | trackbacks(0) |-
あけましておめでとうございます2012
美保の松原
今年もよろしくお願いいたします。
今年オフラインで出す予定の小説の方はまだまだ難航していますが、今年はこれの他にフォークダンスと、もう一個発表するかどうか未定の現代ものを書こうと思っています。グロリアが第一の物語だとしたらこの未定のが第二の物語、そして将来的に第三の物語をなんらかの形で書くことになるかもしれないなあと思ってます。今の自分にしか書けないことがきっと有ると思います。
かなりペースが遅いのでどこまでできるか自分でもわかりませんが、まだまだ書きたい物があって自分でも良い傾向だと思います(^^;

写真は静岡の美保の松原から相模湾を臨む海岸。

こっちは登呂遺跡の復元。
登呂遺跡
JUGEMテーマ:日記・一般


web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 16:29 | comments(2) | trackbacks(0) |-
飛行場&学園祭
今日は調布の方へお出かけ。東京・調布には小さいですが飛行場が有って、飛行機を使えば東京都の島「神津島」「新島」などへ3,40分ほどで行けます。
飛行場近くのプロペラカフェという軽食が食べられるカフェへ。なかなか見つからなかったんですが「エアロテック」という会社の1階になってました。案内板ではエアロテックという表示しかなかったので初めての方にはわかりにくいと思います。
パイロットカフェ
席のすぐ横が実際に飛ぶ飛行機の格納庫になっていました。滑走路が窓から見えます。お昼ごはんにロコモコ¥1000.多すぎるかなと心配しましたが結構丁度いいぐらいにお腹いっぱいになりました。美味しかった。

飛行機
飛行機がいくつも飛んでいき降りてきました。いつか島へ行ってみたいです。

さて、この日の一番の目的は「東京外語大学」の学園祭。行ってみて良かった。国際色豊かで、いろんな国の民族衣装を着た人がたくさんいました。でも思ったより外国人率は低いみたい。それに私の好きな東ヨーロッパの言語学科はちょっと少ない印象でした。

ロシアビール
夫がロシアのビールを飲んでいる間に私は……
チョコバナナ
食べてみたかったチョコバナナ(^^)
まあ、想像を上回るような味ではありませんでしたが好奇心は満たされました。

喉が渇いたのでお茶を求めて模擬店をうろうろ。英語科らしき店でアイリッシュコーヒーというのが有ったので呼び込みに誘われて頼んでみたら、なんとアルコールが入っているため「アルコールパスポート」というのを提示しないと売ってもらえませんでした。急いで敷地内を探し回り、受付で年齢の確認できる身分証を見せてピンクのパスポート(写真の右)を入手。
アイリッシュコーヒー

日本語学科のせんべい汁を食べ、おみやげにポーランドのクッキーとロシアのりんごピロシキを買い、日が暮れるまで何かうろうろしていました。
ポーランド
↑左端の女性がポーランドのウォルビッツ地方の民族衣装を着ていました。学生時代私が一番好きだった民族衣装(^^)こういう大学も楽しそうだなあ……。

タイタイ
ロシアロシア

JUGEMテーマ:日記・一般


web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-