Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
IDDMな私のプロフィール
18歳の時に発症しました。
十年前のことなんで詳しい状況は覚えていませんから、簡単に。

ある時期からなんだか体がだるくなり、毎日しんどかったんですが、病気だとも知らず学校や塾に行き、喉がかわくので水分をがぶがぶ飲んでいました。夏休み中塾に籠もっていたから冷房病かな?と思いました。
そのうちご飯を食べると吐き気がしてものすごく気分が悪くなるようになり、しばしば保健室行きとなりました。予備校の模擬試験も途中で吐きそうになって退室、塾の休み時間にお弁当が食べられなくて、デパートの八百屋でトマトを買ったけどすっぱくてまずかったこととか、あまりの体のしんどさに、予備校のある駅で○光につかまって「血をきれいにする」とかいうお祈りをさせてしまったこととか。よほど酷い顔色をしていたのか、祈って貰って先へ進むとあっちからもこっちからも、数十メートルの間に3人4人わらわらと「祈らせて下さい」って人に襲われ(蚊のような勢い)、さすがに恐くなって走って逃げたこととか。どうでもいいことも覚えています。

脱線しました。

学校で一斉に受けた模擬試験も、何度も棄権しようと手を挙げかけましたがなんとか終わらせ、机に突っ伏していた時友達が心配してくれて、優しいな〜と思ったりなんかした記憶は残っています。

つまりその頃は高校3年生で受験生だったので、なんだか塾とか学校とか予備校とかの記憶に彩られていますね。私としてはあまり思い出したいような楽しい時期ではなかったのでそれ以上詳しいことはもう思い出したくありません。
とにかく、今思うと、食べ物を食べてがーんと血糖が上がったところで酷い吐き気がしていたんですね。

地元の個人病院に行って点滴を受けたり(ブドウ糖を点滴された!)しましたが一向によくならず、みるみる体重が減って、42kgくらいだった体重は1,2週間で30kg台に。(身長は157cmです)
とうとう総合病院で血液検査をしてもらい、1週間後結果を聞きに行って即入院。1型糖尿病(IDDM)がわかりました。

その時の血糖値は660mg/dl。健康な人の6倍以上ですね。
この時、脱水症状とケトアシドーシスというのを起こしていて、もう少ししたら昏睡状態になるところだったようです。

入院してインシュリンを打ちはじめたので、食べ物が食べられるようになり、その後大学にも行って一応就職もして、普通に元気に生きることができるようになりました。

今は一日4回、ランタスとノボラピッドの二種類のインシュリンを自己注射しています。
合併症は今のところありません。

・・・とまあ、元気にふらふら生きてます。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 自己紹介 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-