Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
昨日の続き
昨日は頭が混乱してあまり整理してコメントできませんでしたが、昨日の話題の続きです。

いろいろと続報を聞いていますが、まだよくわかっていない部分が多いですね。
次世紀ファーム、何だかどう聞いても怪しい物質を扱っていたらしいですが・・・。
このおじさんは、たんぱく質から地球上に無い生命体を発生させたと???
その辺の発想からしてこの人宇宙人・・・(;´Д`)

薬事法違反の疑いで研究所への立ち入り検査が行われているそうですが、そこから切り崩していくしかないのでしょうか。
この話、一見すると、病気の女の子に怪しい薬を飲ませたから病死した風にも見えそうですが、実際の問題は、変な措置をしたというより、薬学博士を騙る男の主催する不明な団体が、彼女の健康を管理する状況にありながら、生命維持に絶対不可欠な医療措置を「させなかった」為に少女が死亡した点だと思います。
マスコミの報道はこの点を強調して欲しいです。まだ調べ中みたいですけど〜。( ´・ω・`)

ただそれを立証するのは難しいのかも・・・だって親御さんも次世紀ファームの味方みたいだから。本人や家族の意志だったと言えば次世紀ファームに非は無いことになってしまうのかもしれません。
でも・・・医者が生命維持装置を勝手に外して患者を安楽死させたら捕まるでしょ。(今回は安楽なんかではなかったはずですが・・・。)


うーん。死亡する三日前に施設に来たときから顔色が悪かった、熱が有った、と堀代表が言っているそうですが、これがケトアシドーシスだと、本人も母親も知らないわけがないと思うんです。(インシュリンを打たないことで、単に血糖値が上がるだけではなく、体内の脂肪を分解する過程の中で有毒物質が発生し、血液を酸性にする。これは通常の糖尿病にはほとんど見られないことなので、危険を見落とされがち。しかも急激に起こるので、対処が遅れると非常に危険)

で、健康になることを目的として施設に来たのなら、IDDMで毎日注射が必要だということを本人も母親も、施設の人に言ってないなんてこと考えられないですよね。というより、「こうこうこういう病気が有って苦しんでいるので何とか治らないでしょうか」って言って来ていると考えるのが普通でしょう。

あと、堀代表がインタビューで「高血糖になってしまう病気」ということと「インシュリンを打ちすぎると低血糖で死んでしまうかもしれない」ということを、少女の死後母親から聞いた、と言っていました。

・・・・・おかしすぎる。。

少女が亡くなった後に低血糖で死ぬ可能性を話してもどうしようもないじゃないですか。だってインシュリン持ってなかったんだし低血糖のはずがないでしょ。
このお母さんが、高血糖→ケトアシドーシスの危険を知らなかったわけでもないでしょうに。
・・・ただ、よく考えると、どれくらい危険かよく認識していなかった、ということはありえます。。。。。それだけ、誤った認識がまかり通っている世界です。
「インシュリンをいくら打ちすぎても死ぬことはありえない」
と言った内科医がいることは聞いたことがあります。。殺人的な発言だなあ。。。

とにかく、両親が、子供にインシュリンを持たせないで泊まりにやって大丈夫だと思ったことが不思議です。母親が常に側にいて、まずいと思ったらすぐ注射するくらいの心構えだったらまだわかりますが。それは信心が足りないことになってしまうんでしょうか。

子供は子供だから仕方ないかもしれないけど、あのお母さんは、インシュリンをやめて、現に症状が悪化し出して一刻を争うくらいなのにもかかわらず、なんとか元やなんとか菌の力で、一日二日で治るはずと本気で思ったのでしょうか?
教祖を信じれば(例えば)水の中で息をしないで生きられると思っちゃうんでしょうか(><)
生きる意志の有る子供なのに・・・ケトはずいぶんつらかったと思いますよ。
。・゜(ノД`)゜・。

さらにわからないのは、親がその子のお葬式を次世紀ファームで行って貰ったということ・・・。子供が死んだことに疑念を抱かなかったんですね。

何故?何故?

子供を助ける為だったはずなのに・・・とうとう、子供の命を最重視する気持ちより、何か別の価値観に傾倒してしまったのでしょうか。
まあ、お母さんにとって子供の生死が「自分にとっての試練やなにか意味有るもの」でしかありえなかったとしても、それはそれで一つの生き方なのでしょうから、一概に否定的には見られないですが。
でも多分、想像ですが、初めはそうではなかったと思いますよ・・・・・・。

人間って
「少しでも疑うと叶わない。叶わなかったのは少しでも疑いの気持ちがあったからだ」
と言われることに弱いのかもしれません。そこにつけ込んで詐欺を働いたとしたら、酷いですね。
追加。報道で「重度の若年性糖尿病」という言葉を使っていましたが、若年性に重度も軽度も無いと思いますよ・・・
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 次世紀ファーム研究所事件 | 22:32 | comments(4) | trackbacks(0) |-
こんばんは、おじゃまるです。
お疲れです<(_ _)>

薬事法違反には問われないようですね。
違法な成分が混入されていなければ、ただ健康食品ですから。せいぜい効能に疑問あり程度の商法にひっかかるぐらいかな。でも、その程度じゃ不起訴、書類送検ぐらいの問題だし・・・

なのりさんのご意見の通り、少女の死亡原因は、
生命維持に絶対不可欠な医療措置を「させなかった」
という、実に愚昧で狭隘な判断によるものでしょう。

「次世代ファーム」で宗教的活動がなかったと言っても、親がその怪しい集団に帰属していれば、その子供が影響下に置かれるのは当然のことです。
カルトの子はカルトなのか。
それとも、その少女に逃げたいという意志があったのか、
親に反抗できるだけの知力と体力が有れば避けられたのか、
ならば、この理不尽な結果は、幼児虐待と内容的には似ているのかもしれません。
疑惑の博士ともども、完全に保護者の責任です。
やはり、刑事告発するには、過失致死しかないかな。

>人間って
>「少しでも疑うと叶わない。叶わなかったのは少しでも疑い>の気持ちがあったからだ」
こういう台詞は、えせ宗教者がよく使いますよ。
でもね、
疑って、裏切って、逃走して、それでも何度でも許してくれるのが、神様♪

そうそう、2ちゃんねる等、怪しい掲示板から飛ぶのは、セキュリティーソフトをしっかり導入していないと危険です。
最近は少なくなりましたが、ウイルスまがいのプログラムを発動させるリンクもあるので警戒は必要ですね。
昔、若気の至りというか、ウイルスに感染させられた経験があります(^_^;)あんときゃ参った、でも教訓にもなった。
| おじゃまる | 2005/07/24 9:17 PM |
おじゃまるさんこんばんは!コメントありがとうございます。m(__)m

そうですか〜薬事法違反にはならないんですか。「糖尿病が治る」といううたい文句はもともと1型にはあてはまらなそうですがね。
私としては、あの女の子のことにばかり関心が片寄っていますが。。

今朝見たテレビでは、あの堀代表は、自分は本当に少女の死後彼女が病気だったと知って、そういうことをあらかじめ知らせなかった母親を叱ったんだ、と言ってました。。。そんなことありえないと言えるだけの証拠はありませんが。。。(´Д`)じゃあ責任の所在はどこに。あいまいなまま、あの子はかわいそうだったね、じゃあひどすぎる・・。

少女は自らの意志で「インシュリンはいらない」と、置いて施設に来たらしいと代表は言ってるんですね。詳しい事情が不明なんでそれがどうしてなのか想像しかできないし、そもそもそれが本当かわからないですが・・・話が詳しくなってくると、親の責任も強く感じるようになりました。

ああ、確かに、幼児虐待と似ているのかもしれませんね。
子供も、注射を打たなくてすむ普通の体になりたい気持ちはあったかもしれませんが。施設に行けば注射打たなくてすむようになる、と聞いて素直に単純に行っただけなのかもしれないし。
生きていたかったんでしょうにね。

>疑って、裏切って、逃走して、それでも何度でも許して
>くれるのが、神様♪

優しいんですね。

一度、2ちゃんとかでない普通の掲示板でブラクラに引っかかったことがありました(++)それ以来警戒してますよ。。。怖いですねえ。
| なのり | 2005/07/25 12:19 AM |
ブラクラですかぁ〜、懐かしいですね。
確かに、昔はよくありましたね。私も何度か引っかかりました。最近は誰が監視しているのかしりませんが、すぐにそういったリンクは削除されているみたいです。2ちゃんねるは、うまく利用すれば、マスコミ以上に情報収集に役立ちます。
例えば、凶悪犯罪を犯した未成年者の名前や写真など手に入れることなど容易いことです(>_<)

警察はこんな判断を下したようですね。
岐阜県恵那市の自然食品研究所「次世紀ファーム研究所」(堀洋八郎代表)で、 死亡しているのが見つかった中学1年の女子生徒(12)=神奈川県三浦郡=の 死因について、岐阜県警は25日、血液検査の結果、糖尿病性昏睡(こんすい)と発表した。

薬事法では、これ以上の追及は無理ですね。
ですが、儀燭療尿病患者がインスリンを携帯していなかったらどうなるのか、家族なら分かっていたはずです。
親が狂っていると、子供が不幸になる。
もっと早く保護できていたら・・・・

| おじゃまる | 2005/07/25 10:15 PM |
わ、おじゃまるさんありがとうございます。
そうですね〜。2ちゃんですごく驚いたのは、自分が1型だという人がたくさん書き込みしていたと同時に、病気じゃなくて1型のことを結構詳しく知っている人がかなり多く、変な発言が多い中で意外に正しい認識がどんどん持ち込まれて、どっと受け入れられていることです・・・。下手なコミュニティより病人に寛容??

Yahooニュースとかいろいろ探しましたが、結局2ちゃんが一番情報詳しくて早かったです(^▽^;
未成年の写真は見なくてもいいですが。。。。どこから出てくるんでしょうね(++)

うーん。法律上これ以上どうにもならないですか。。。
やっぱりあの親に対する不信感がぬぐえません。
(ノД`)
こういう事件いくらでも起こってしまいそうで怖いです。
| なのり | 2005/07/25 11:05 PM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/253143
トラックバック