Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「私が私であるために」
昨日ドラマをやっていたので何気なく見ていたら、早く寝ようと思っていたのに途中でやめられず最後まで見てしまいました。
性同一性障害という、体と精神の性別が違う人の話です。主人公は男として生まれてきたのに自分は女だと思っている。そういう人に会ったことがないし実際の所はよくわかりませんが、感覚としては私にはすんなりわかるような内容のドラマでした。
周りは家族でさえ主人公の気持ちを理解できず、自分が男だという現実を受け入れられない我が儘だと捉えます。確かに人は与えられた環境の中で自分の分をわきまえて生きなければならないという定めあるいは現実があります。どんな人でも、どんな理不尽な環境を与えられていようと。そこから抜け出そうとすることはむしろルール違反なのです。

私ももしかしたら似たようなものを持っているのかもしれません。性同一性障害ではないし、そこまで深刻で重いものではないでしょうけれど、この主人公と同じように、私が自分らしく生きたいと思ったときに受けた周りからの抵抗力は私には重すぎるものでした。

主人公も性転換手術を大反対されます。それは本人にとっては本来有るべき自分を取り戻すための手段です。でも周りは決してそれを認めません。

「我が儘」なことが悪いことなのかどうか私にはわかりません。
ただ、「我がまま」、「我」のあるがままという文字通り、「私が私である」ということは我が儘なことです。自分らしく生きるということは周囲にとってとても迷惑なことなのでしょう。
ドラマでは、こういう弟がいるせいで、お姉さんの縁談はだめになってしまいました。
また、主人公は、元彼の奥さんに酷い言葉を投げつけられます。あんたが幸せになることを私は絶対に許さない、恨み続けると言います。どうして夫が昔男とつきあっていたことでこの奥さんが傷つくのか私には理解できませんでしたが、それはそれは深く傷ついたようです。
でも性格の良い主人公が迷ったように、自分が幸せになるために人を傷つけていいとはなかなか思えないものでしょう。
どうしても自分が自分になっていけないんであれば、自分を殺してくれと主人公は両親に向かって叫びます。大変痛々しい叫びです。
自分が生まれてきたことを否定することさえ、親を傷つける我が儘な行為です。
それでも主人公は自分が自分であることをあきらめませんでした。

自分が自分であることの痛み。そこを越えなければ、私が私であることなど到底できないんでしょう。そしてどのように生きるのが正解なのか、自分らしく生きることは本当に正しいことなのか。私にはわかりません。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 映画など | 20:29 | comments(2) | trackbacks(4) |-
初めまして!
お礼のコメントが遅くなってしまいましたが、TBしていただき、ありがとうございました。

今回のドラマについてですが、私は普通の女ですが、人間としてどう生きるのかとかを考えさせられましたよ。

ところで、つまらない日記ばかり書いておりますが、今後よろしくお願いします!!
| のりまき♪ | 2006/10/16 4:52 PM |
のりまきさん、はじめまして。
こちらこそTBありがとうございました。
私も心身共に女ですが、たとえば朝起きていきなり体が男になっていて、自分は女だと言い張っても周りが誰も認めてくれない・・・という状況を想像するだけでも怖いと思います。。。
本当に、このドラマは性別の問題をとりあげていましたが、人間としてどう生きるかということをすごく考えさせられて、熱中して見てしまいました。
のりまきさんのブログも覗かせていただきましたが、またお邪魔します。
| なのり | 2006/10/17 8:40 PM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/589830
トラックバック
2006/10/11 10:55 PM
昨日は、皆さんは、ドラマ・コンプレックスを見ましたか?昨日やっていたドラマのタイトルは、『私が私であるために』という、“性同一障害”を取り上げたドラマでした。ご覧になられた方は、もうお分かりだと思うんですが、実際に“性同一障害”で悩んでいる3名の女性
かしこまりっ!
2006/10/17 8:32 PM
日本テレビのDRAMA COMPLEX「私が私であるために」で、性同一性障害に悩む主人公・ひかるを相沢咲姫楽(さきら)嬢が好演して、今話題。 困難を経て家族とのきずなを取り戻し、自分らしく生きていく姿を描いたもの。 脚本は川嶋澄乃、上川伸廣。 相沢咲姫楽嬢
流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場
2006/10/20 9:03 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-
2007/02/09 8:48 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-