Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「少女は糖尿病」聞いていた 次世紀ファーム代表
「少女は糖尿病」聞いていた 次世紀ファーム代表(岐阜新聞web)

こういう記事もありました。
4月21日の天羽被告の公判に証人として出廷した堀代表が新たな事実を話しました。
初めて聞いた証言は、タイトルのように、
「(少女が)糖尿病だったと聞いていた」
また、
「糖尿病と聞かされたが、儀燭鉢況燭あることは知らなかった」

(ニュース記事のまま引いてきましたが、正しくはローマ数字ではなくアラビア数字で1型2型です)
当初堀代表が「糖尿病だと聞いていなかった」と言っていたのを翻した形になります。
これでようやく事件の詳細が明らかになってきました。予想通りの展開です(これだけの言葉が出てくるのにどうしてこんなに時間がかかったのでしょうね)。

一方天羽被告は「インスリンの投与を中断していると知らなかった」と主張しているそうです。つまり、自分がインシュリンを打たないよう指示したことを否定しているようです。これは・・・黒のような気が。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 次世紀ファーム研究所事件 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/766804
トラックバック