Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
  • 子供の映画を横で見た「ロールとローラ うきぐも城のひみつ」いろいろ思った ネタバレあり
    カッパ (04/25)
  • プーリップ達・アリスインスチームパンクワールド
    なのり (04/17)
  • リブレセンサーカバー
    なのり (04/17)
  • リブレセンサーカバー
    カッパ (04/09)
  • プーリップ達・アリスインスチームパンクワールド
    カッパ (04/09)
  • フリースタイルリブレ・その1〜センサー装着
    なのり (03/12)
  • フリースタイルリブレ・その1〜センサー装着
    カッパ (02/26)
  • ブライスブラックベリーブッシュの赤ずきんちゃん
    なのり (02/23)
  • ブライスブラックベリーブッシュの赤ずきんちゃん
    カッパ (02/19)
  • ブライスブラックベリーブッシュの赤ずきんちゃん
    なのり (02/18)
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
NANA
私には幼名があった……
2つ違いの兄が私の名前をちゃんと発音できずナーナ、ナーナと言うのを家族や親せきが真似して、奈々ちゃんと呼ぶようになった。自分でも自分の事を奈々ちゃんと言っていた。
小学校4年の時、父がこれからは本名で呼ぶと言いだし、「○○さん」と呼ばれるようになった。ナナは消えた。

大人になって、夫と二人だけで普段会わない母方の親戚の家に行った時、母の従兄弟夫婦が、夫に向かって、
「奈々をよろしくお願いします」
と言った。自分がナナチャンだったことを十数年ぶりに思い出した。切り捨てたはずの過去。辛い時代だった。だけど、忘れたいばかりだった「ナナチャン」が少しくらい良い子だったことも有ったのかもしれないと初めて思った。東京へ帰ってから、夫が面白がって「ナナへの気持ち」という歌を歌ってくれた。

JUGEMテーマ:日記・一般


web拍手 by FC2
posted by: nanori | 思い出 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/902702
トラックバック