Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
五百羅漢に会いに行ってきました
 先日の文学フリマin大阪でいただいた柳屋文芸堂さまの冊子『五百羅漢に会いに行く―埼玉・川越旅行記』を読んで、面白そうだったので私も川越に行ってきました。他県ということで遠いイメージだったのですが思ったより近かったです。これからは気軽に行けるかも。
 喜多院というお寺の中に、外からはわからないけれど塀で囲まれた一角が有って、五百を越える羅漢がずらりと並んでいます。表情もポーズも全て違って、持っている物、一緒にいる動物も様々でした。それなのにまさに整然と、全てで一つの世界観を作っているかのように美しく並んでいるのです。素晴らしかったです。
 柳屋文芸堂の柳田のり子さんが仰ってるように、声が聞こえるように賑やかな、親しみのもてる場所でした。その辺は『五百羅漢に会いに行く』の描写を改めて読み返してそうだなあ、おもしろいなあと思います。

五百羅漢1
五百羅漢2
五百羅漢3
五百羅漢4


鳩
 ここの鳩はとっても大人しい。人が近付いてもうろちょろせず地面にじいっと座り込んでいたり、羽繕いをしていたりして、動かないのです。こっちが戸惑います。

 冊子に書いてあった「つばさかりん」も入手し、柳田さんも入ったバス停前のカフェアンディでお昼ごはん。って!ここのタイカレー、まろやかで本当に美味しい! びっくりしました。それからセットにドーナツがついていて、それがまたびっくりする程美味しい。さくさくの歯ごたえと柔らかい質感がやみつきになりそう。お土産に買って帰りました。ここ絶対お勧めです。

 今日は風が強くとっても寒くて、冬コートを着ても震えるくらいでした。でもとことこ歩いて大正浪漫通りへ。
大正浪漫通り

 蔵造りの町並み、時の鐘を見て、菓子屋横丁にも入り込みました。
川越の町並み時の鐘

雪塚稲荷を覗いて。その隣の長喜院には白藤と牡丹が見事に咲いていました。
白藤牡丹

あとは買い物しつつ駅に向かって、とことこ歩いていたら障害者のアンテナショップくるみの木というお店で中の人に声をかけられたので入ってみました。何かいい小皿があったので買ってみました。
お土産1
お土産2

楽しかったです。でもちょっと風邪引きそう……。
JUGEMテーマ:旅行


web拍手 by FC2
posted by: nanori | | 19:26 | comments(4) | trackbacks(0) |-
なのりさん行動力スゴイねっ!!
週末行ってたのー。寒かったよねぇ。
体が冷えると体調崩しやすいから、しっかりケアしてね☆

オススメのお店行ってみたいぃー。(^O^)
タイカレー好きだけど、辛すぎるのダメなんだ。
ドーナツも大好き!

五百羅漢は、夜とか、ほんとに話し声がしたらコワイなー・・と妄想してしまった。ふふふっ。
| カッパ | 2013/04/23 4:36 PM |
>カッパさん

わ、カッパさんに報告に行こうと思ってました(^^)月曜に時間が取れたので急きょ行ってきたんですよ。冬のように寒かったです。ちょっと風邪引いてしまったかも。。。あったかくしてます。

喜多院のバス停前のカフェ・アンディ、綺麗なお店で店員さんも感じ良かったしよかったですよ〜。観光客より近所の主婦の方々がランチに来るようなお店みたいでした。タイカレー辛くなくて食べ易かったですよ。もし行かれたら是非〜。

カッパさんのブログで見たベーグルのお店も通りかかったから行ったんですよ。今日朝ごはんに食べたけど、本当に美味しかったです!まとめて10個以上買ってる人もいたけど、私ももっと買えばよかったです。
あと、お箸買ってきました。先が細いのが欲しかったので探したらいいのがありましたよ。和小物とかのお店も有ったし、楽しかったです。
喜多院の五百羅漢も楽しかったです(^^)でも確かに夜は怖いかも…。
思いきって川越行ってよかったです!
| なのり | 2013/04/23 8:19 PM |
私の旅行記より充実している……!
ささやかな薄い冊子が、実際に人を動かしてしまったことに驚きました。
| 柳屋文芸堂 | 2013/04/25 12:30 AM |
>柳屋文芸堂さま
わ!見て下さってありがとうございます。
あの冊子で五百羅漢の存在を初めて知って、面白そうだなあと思いました。柳田さんの紀行文は何だかまるでその場にいて一緒に心動かされるようなわくわく感がありますね。
実際に行って楽しみも倍増でしたよ。冊子との偶然の出会いがきっかけで、思いきって来て良かったなあと思いました。
| なのり | 2013/04/25 12:18 PM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/902736
トラックバック