Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
東京国際ブックフェア2013
ゆうべはバテバテにバテてたのでネットもあまりできずに寝てしまいました。
昨日は磯崎愛さんにお誘いいただき東京国際ブックフェアに行ってきました。会場には本がいっぱいで……想像を遥かに超える規模。小さい濃い本屋が何十と並んでいるような感じで、それだけでもう楽しくて、あーそういえば私本が好きだったんだなと、実は普段意識してなかったけど改めてわかりました。野鳥ハンドブックからまず買って……小説やエッセイや、自分ではそんなにガツガツ買わないだろうと思ってたのに全部で11冊買ってしまいました。本当の読書家には普通なんでしょうけど。あっという間に閉館時間……もっといたいくらいでしたが帰ってみたら体の方がついていけてなかったみたいでくたくたです。

面白そうな本だなあとページをめくっていたらたびたび愛さんが「それ面白いですよ」と教えてくださって、わ、買っちゃお、という調子でどんどん買ってしまったのですが、愛さんや他のお客さんがこの本は面白いと話題に出していて気になるけどこれはまたの機会に、とやめた本もあって、でもそういうのは会場から出る頃にはタイトルも作者も忘れてしまうので、その時気になった本はまた何かのチャンスが無いともうなかなか手に取らないものなのかも……じゃあ一回一回の出会いには真剣に対峙しないと。と思いました。いや、ぷらーっと見て回ろう、くらいが楽しいんですが自分の欲求には貪欲になった方が後後得するんじゃないかと。

フローラ逍遥、前から気になってたけどなかなか売って無くて持ってなかったのを、どんな本かなと見ていたら愛さんがこれ好きですとおっしゃって、レジに持っていったらレジのお姉さんが私もこれ好きなんですとおっしゃったのが印象深い出来事でした。あー皆本が好きなんですね。
サウジアラビアのブースで美しい民族衣装を着させてもらってアラブ人のお兄さんと写真を撮って頂いたのも思いがけない楽しいイベントでした。普段触れられないものと自分が心の奥から好きだったものと様々な物に触れられた国際ブックフェアでした。

ところでビックサイトに行く途中愛さんにいろいろ小説を書くことについてなどお話を伺えて、とっても勉強になったし、とっても楽しかったです。私はいつも自分のやってることがよくわかっていないので、こうやって人とお話しすることで教えていただいたり初めて自覚するきっかけになったりすることが多いです。純粋に愛さんといるのが楽しいというのがもちろん大きい、いえメインですが、勉強させていただいている貴重な時間なのだなあと思います。
JUGEMテーマ:読書


web拍手 by FC2
posted by: nanori | | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/902741
トラックバック