Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ウィリアム・モリス展
 府中市美術館でやっているウィリアム・モリス展に行きました。
 以前テレビでモリスの住んだレッドハウスのことを特集していた事が有って、それ以来気になっていました。
 モリスはモリス商会というのを経営し、19世紀産業革命で質の悪い工業製品ばかり世に出回っているのを嘆いて、人々が本当に良い、美しいものを生活の中に置いて使うことを理想として、多くの物を作り、生涯働き続けた人だそうです。本当かどうかよくわかりませんが実用的な工芸と芸術が同一のものであった、というヨーロッパの中世を好み、だからこそ労働は楽しくあるべきと考えたと。私なんかは芸術は芸術だけの為にあるような気もしてしまうけれど、日用品の中にも美や芸術が有るのだと言われればそれはそうかもしれないと思います。確かにモリスのデザインした機械でなく人の手による壁紙やファブリックは本当に美しく、私はとても心惹かれます。

 いろいろな模様を見ていると、豪華だけれど、現代の高級品に使われる柄のような華美というのともちょっと違って、大袈裟に図案化していない、素直さが残るデザインのように思います。隙間にまでちりばめられた葉や小花、本当の植物のようにくねる枝。つる薔薇の赤いとげとげ、花にとまる虫、風に翻る葉。自然の息遣いを感じる上品な美しい絵は、繰り返されるパターンという形で、一枚の絵画の中に収まらず無限に広がって行くようです。こういう無限の均整というのが更に魅力的に思います。


 体験コーナーみたいなところで「手乗りいちご泥棒」を作ってみました。手のひらに乗る、立つ鳥です。
いちご泥棒

 紙にスタンプを押し、輪郭を切り取って、いちごを赤く塗ります。そして折った間に薄い紙が蛇腹みたいに折り込んであるものを両面テープで貼りつけ、できあがり。楽しい! 可愛い! 大人も皆夢中になって作ってました。

 それからインドの版木を押してみるコーナーで、いろいろあった中から適当に選んだ4つの版木を組み合わせて模様を作ってみました。いかがでしょう? 一生懸命押したけどインクが薄かったです……。
はんこ

 是非いちご泥棒に会って来てください。私は「るりはこべ」というのが一番好きでした。

府中市美術館

JUGEMテーマ:アート・デザイン


web拍手 by FC2
posted by: nanori | 絵・美術館 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/902750
トラックバック