Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「詰め替え用」とは
 漏斗使うのって楽しい。こんなの買うのもったいないと言う人もいるだろうけど。
(……意味不明なこと言ってたらすみません)
 よく洗濯洗剤や柔軟剤の「詰め替え用」を買っている。私は不器用なのでよく盛大にこぼしてしまい、最近はずっと漏斗を使って詰め替えている。でもそういう操作をしながら、ずっとこの「詰め替え」というのがよくわからなくて、もちろんどういう意味で使っているかはわかるんだけど何故「詰め替え」と言うのか。「替える」というのはまあ辞書的には別のものにとりかえるとか交代させるとかいう意味で載っている(「「替」はある物にかえて別の物にする……の意で使うことが多い」)のだけれど、「詰め替える」は改めてつめる、つめなおす。という風に載っている。(『広辞苑』第五版)
 多分「詰め替える」は現代日本で使われている意味合いでそのまま載っているだけなのだけれど、「替える」の項目は上に挙げたとりかえるとかそういう、もうちょっと前から使ってきた意味を書いているのではないかと思います。
 で、洗剤を詰め替える……というのはどうして詰め「替える」なのか。液体の流れを考えると確かに、古いやつらは水に流れて下水道へと去り新しいやつらが交代でやってくるとも言えるけど。なら試しに「詰める」を「入れる」とか別の言葉に置き換えて使ってみると、「シャンプー入れ替えといたからね」。「あ、そうそうハンドソープ入れ替えておいてよ」。そうなると、パンテーンの入ってたボトルの中身を出してしまってメリットを入れておいた。とか、キュキュットの中身を出してジョイを入れたとか、何か中身が変わったような気がしてしまう。それも、使い終わって空になったボトルに改めて何か詰めたのではなく、何か入っている状態のボトルの中身を捨てて入れ替えたイメージになってしまう。これは私の感覚なので他の人はそうじゃないのかもしれないけれど。
 もちろんそんなことするはずがないのは私もわかっていて、普通に、一応改めて書くと、もともと入っていたものを使用しているうちに中身が無くなり、そのボトルにかつて入っていた液体の代わりに(まったく同じ製品を)また入れる、ということなのだろうけれど(大抵詰め替え用のパックには同じ製品のボトルに同じ製品を入れて下さいと書いてある)それを「替える」という言葉で表現するとやはり不思議な感じがある。これ何なんだろう。

 ふと、プリンターの「カートリッジに入ったインク」に関してイメージしてみると、次々同じ色のインクを使って刷っていく時、カートリッジの中のインクが無くなれば「替える」、もちろん使い終わった色の元のカートリッジは取り去って、新しいカートリッジに替える。古いカートリッジと新しいカートリッジは別の物だ。でも中身のインクはメーカーも型番も色も同じでないといけない。
 という風に考えると、「詰め替え用」では「替える」のは中身のことじゃなくて、外側のパックのことなんだろうか。詰め替え用の洗剤はいつも同じ銘柄のもので中身ももちろん同じだけど、入れ物(ペタンコになるパックや詮のついたプラスチックボトル)に関しては元のを廃棄して新しいのをもってくる。つまり洗剤を詰め(入れ)替えるんじゃなくて、パックを詰め(入れ)替えるんだ。……どこに? なんだか、またわけがわからなくて自分が洗濯ロボットとかになって、漏斗をロボットアームの冷たい指で支えつつ、自分のボディに仕込んだ新しいカートリッジから無添加液体洗剤ガシャンガシャンて注ぎ入れているような気分になってくる。

JUGEMテーマ:日記・一般
web拍手 by FC2
posted by: nanori | その他 | 22:40 | comments(2) | trackbacks(0) |-
こんにちは〜!
なのりさん、いつの間に出産したのー?
おめでとう!!!すごいね〜〜!!びっくりしたYO!

この記事読んでたら、さっきツイッターでみつけたのに似てる気がしました。
自分の中にある感覚が人とちがうっていう話。
わたしは考えるとき、頭の中でしゃべっている。本を読んでも音読してる。ので「音声タイプ」かな?
でも、季節(一年)は、なぜか頭の中に校庭のトラックがあって、そこにジオラマのように四季が置かれていて、いまこのへん..って上から眺めている。

なのりさん、好きそうだから見てみて♪
もう知ってるかもしれないけど。

頭の中のアレクサンドリア大図書館の話 まとめ
http://decinormal.com/2015/10/03/alexandria_comment/

| カッパ | 2015/11/05 4:56 PM |
>カッパさん

ありがとうございます!実はカッパさんのブログも本当にたまにですが見に行って、コメント書きこもうとしつつ子供が騒ぎだしたりして(汗)結局何も書かずに終わってしまったりして。最近は全然見てなくて、本っ当にご無沙汰してて出産のご報告もしていなくてすみません。大阪医大病院で、1型の人の出産もみてくれるとのことでしばらく向こうに住んでました。関西は1型の医療に積極的なような?すごく居心地よかったです。

ところですごい面白い記事を紹介してくださって!ありがとうございます!すごい興味深くて、記事にあった本アマゾンで注文してしまいました(笑)いろんな人がいて面白いですね!
カッパさんの頭の中のジオラマの四季、そういうのはじめて聞きました。うわー、本当人によって全然違うんですねえ!私は何だろう??かつて見た映像、みたいなのが多いかな??何か、子供のころから音読すると本当にひとことも内容が頭に入らなくて、なんで学校の授業とかで音読させられるんだろうと思ってました。
面白いからもっとあれこれ考えてみますー。
| なのり | 2015/11/06 2:11 PM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/902784
トラックバック