Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
トリセツ……考

西野カナさんという方のトリセツという歌を最近耳にすることがあるんですが、その内容は、一昔前結婚式の披露宴で友達のスピーチで新婦の取扱説明書、という形で、定期的に〜〜をプレゼントしたり、〜〜してあげたりして大切にしてあげましょう、的なことを言うのが流行っていたという話を聞くのですが、まさにそういう歌です。

普通考えると、私がこんなこと付き合ってる人に男性バージョンで言われたとしたらぶちぎれそうな気もしますが、すごくこの歌詞の意味が気になってもいます。というのも、以前すごくきれいな若いモデルさんが理想の男性を聞かれて、無償の愛で、見返りを求めず愛してくれる人がいいというようなことを言っていて、無償の愛だなんてすごいこと言うなと思ったし、そういうことは人にしてほしいじゃなくて、自分がそういう風に愛したい、と言うもんだと思うのですが、でもいろいろ想像するに、わざわざそういうことを言うということは、このきれいな人は恋人にいつも、見返りを求められて疲れていたんじゃないかと思うんです。これくらいしてあげたんだから俺のわがままも許せよ、なんて言われると多分私でもすごく嫌な気持ちになると思います。こないだこうしてやっただろ、とか。何万もするものプレゼントしただろ、とか。もちろん、自分が相手のことが好きだったら言われなくても優しい広い心で相手のすべてを包んで、もう、勝手なんだから、とか思いつつもできるだけいろんなことをしてあげたいと自然に思うんだと思うんです、このモデルさんも。でも強制されたり当然だと思われてて逆にしなかったら怒られて、なんていうことがあったんだとしたら。ああ、愛することに疲れちゃってるのかな、とちょっと可愛そうになりました。すごくきれいな人な分、いろんな男の人が近付いてきてくれるけど、それでも無償の愛で包んでくれる男の人にはなかなか出会えないんだなって。もちろんっていうかまして、というか一般人でもそうですが。ただ顔とかステイタスとかに近付いてくる人が多いとその中から本当に愛し合える人を見つけるのが一般の人より難しいとか? 本当は普通に愛し合える関係になれるかもしれない男性は、相手がきれいな有名人だから自分なんかじゃ、ってなっちゃったり。

 

西野カナさんの歌をひととおり聞くと、なんというかただ理不尽でわがままな私を笑って許してずっと愛してね、なんて虫が良いことばっかり言ってるけど、最後にちらっと自分のことを「永久保証」と言ってるあたりは、自分は一生そうされるだけの価値のある私でいる努力をする(相手への対価)、と言ってるように聞こえる。お互いに対価を求めてるから対等かもしれないけど。何か、すごく若いゆえの凛々しさがありつつ、大変だな……って私なんかは思っちゃう。疲れないでね。

って余計なお世話だけど。

JUGEMテーマ:音楽

web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/902834
トラックバック