Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
好きな本『東京古墳散歩』
評価:
まりこふん,ヨザワ マイ
徳間書店
¥ 1,296
(2014-11-18)
コメント:ヨザワマイさんの漫画いいですね。このコンビ好きです。

 これ、ちょっと前に買った本ですが何か好き。

 まりこふんさんという古墳好きな謎の女性による古墳ガイド本のひとつで、古墳やその時代への愛にあふれているところが好きです。

 これは漫画になっていて、ヨザァさんの絵が好きというのもあるし、主要登場人物まりこふんさんとヨザァさんのコンビがめちゃくちゃ面白い……。最初は古代好きではあるけど古墳にそこまで愛着のないヨザァさんをまりこふんさんが食べ物で釣って騙して古墳ツアーに連れまわす感じなんですが、ヨザァさんがどんどんはまっていきます。ああいう人達のいっちゃってる目が好きです。

 何故かわからないけど、私は古墳と忍者に弱いんです。東京にもいろいろ見に行ける古墳があるようなのでこの本を参考に行ってみたいなあ。

 というか私も一応東京育ちなんですが、都心の方にも古墳があるのを知りませんでした。私の育った田舎の方だと、電車の窓から見えていた鳥居のある古墳とか、あとは近所のすっごい小さい、公園、とも言えない遊具の有る土の山が実は古墳(を道路拡張の際にだいぶ削ったもの。それでも残していたくらいにはその時まで人に関心を持たれていた)だと学生の頃知ってへ〜〜と思っていたら、盛り土の上に遊具があるのも変だと思っていたのにいつのまにかそれが撤去され、山もほぼ無くなってごみ集積所になったんでびっくりしました。ああやって古墳は無くなっていくんですね。江戸時代とかにも農地を増やすために古墳はどんどん削られてたみたいですけど。今を生きる人の生活が優先になるのは仕方がないかもしれないけれど、関心のある人が少しでも増えれば、削るのはもったいないなあという選択をする(余地があれば)可能性ももうちょっとだけ残せるかもしれない……。どうでしょうね。

 世界遺産ブームとかあるけれど、ブームや人気のあるなしに関わらず、いいもんはいいですね。現在はここに「残っている」というだけで、それ以上あんまり意味や存在意義が無くなったとしても、千何百年という時間を生き抜いてきた古墳という形あるものには何か心惹かれます。

JUGEMテーマ:読書

web拍手 by FC2
posted by: nanori | | 23:57 | comments(2) | trackbacks(0) |-
古墳にそこまで興味はないけど、この本おもしろそうだね!
デザフェスとか博物フェスとか行くと、古墳クッションとか人気があったよ。
あと土偶とか土鈴とか。
わたしも小学生の時に学校帰りによく遊んでた小山が、実は前方後円墳だったとあとで知ってびっくりしたことある〜!
そのへんにフツーにあるよね。
忍者が気になるっていうのもわかる♪
| カッパ | 2017/03/13 11:11 AM |
カッパさん

ありがとうございます。
あ、カッパさんお好きかもしれません!この本。本屋さんでもし出会ったらもしよかったらちょっと中を見てみてください〜。
へ〜、デザフェスでもこういうのあるんですか!博物フェス?!なんていうのもあるんですね。土偶や土鈴!埴輪もいいですが土偶はもっと好きかもです!デザフェス興味はありつつ今まで全然行ったことなかったですが、今度調べてみますね。情報ありがたいです。

そうそう、古墳ってその辺にフツーにある感じがまたいいですね〜。特別なもの、じゃないのに後から知って、古墳?!ってびっくりするような。

忍者も何か(笑)カッパさんもでしたかー。忍者についてよく知らないんですが、何か気になりますね!
| なのり | 2017/03/14 8:22 PM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/902851
トラックバック