Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2017四国アンパンマンの旅その3/4

旅日記続きです。

 

すみません、前回の記事ですぐアップするようなことを書いていたのにすっかり忘れていました。。。

 

土讃線で高知へ向かいます。

遊び疲れてちょっとぼーっとしていたら割とすぐに高知駅に到着。

この駅がまたアンパンマンいっぱいで楽しかったです。

 

以下畳みます。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

 

高知駅。高知県はやなしたかし先生の出身地だそうです。

自動販売機もアンパンマンで、飲み物もアンパンマンの絵のものばかりでした。

 

可愛いです。こういう風にモザイクみたいに並べてあるのは好きです。

 

 

 ↓ここがJR高知駅改札内にあるアンパンマン列車広場です。あっ。この辺りの写真のことはJRさんに電話で聞いてなかった……。ホームからエレベーターで降ります。中二階だったかな?改札の一個上の階で降りないといけません。最初間違って改札階まで行ってしまいました。すごくきれいなところでした。カラフルで明るくて、大人でも「わああ〜」と駆け寄ってしまいます。結構大きなジオラマがあり、電車が動いています。夕方着いたので人が他に誰もいませんでした。しーん……。多分、夏休みなどは子供がいっぱいいるんだと思いますが、平日夜など、普段はちょっと寂しいんだな……。明るい空間なのが逆に物寂しく感じました。壁には四国のJRの路線にアンパンマンキャラがいっぱいのマップなどがありました。やなせたかし先生は四国の偉大な財産ですね。

 

 

↓子供を画像処理で消しているのでわかりにくいですが、中の運転席に子供が入れて写真撮影できます。

 

 

↑こういう大きいアンパンマンがガラスケースに入っています。この感じの巨大アンパンマンぬいぐるみはあちこちの駅でみかけました。でも皆ガラスケースの中なので、写真はあまりきれいに撮れないかも。

 

↑1階の改札とアンパンマン列車広場を繋ぐレインボー階段が素晴らしかったです。でも知らずにエレベーターで降りちゃった。階下で気付きました。。。ここでしらたまさん(宝塚スターみたいなかっこいい男装の麗人キャラ)に歌って踊って欲しいです。

 

 ジオラマなどのアンパンマン列車広場は改札内、アンパンマングッズなどの売店は改札外になります。グッズコーナーと、お菓子など普通の高知土産のコーナーはわかれていて、それぞれ広いです。うちの子は売店の見本のおもちゃで遊びだして動かなくなり、何かグッズを選ばせようとしてもそういう大型のおもちゃ以外に目もくれなかったので結局ここでは何も買わず。(´д`)

 

 遅いのでとりあえず駅の外へ。観光案内所はいろいろありそうだったのですがもう閉まる時間で見られませんでした。

 

 

 わあーーー結構大きい龍馬達の像です。10mくらい? 夜はライトアップされていました。隣の広場にはパイプ椅子がたくさん並んでいて、近々イベントがあるみたいでした。坂本龍馬、中岡慎太郎、武市半平太、という土佐の三偉人像です。すごーいすごーい。でも詳細は次の記事に回します。(すいません、記事のこの最後の文が何故か途中で切れてました(><))

 暗くてスマホカメラでは像も全然きれいに撮れないし、とりあえず宿に向かい、夕ご飯を食べることにしました。

 

 

宿は、ホテル高砂。ここにも大きなアンパンマンが!

 

 

 ここのアンパンマンはガラスケースに入っておらず子供が触れるので、結構黒くなっていました。泊った「ホテル高砂」はJRアンパンマン列車スタンプラリーツアーと提携しているホテルだったので、ここに辿り着いて今まで集めたスタンプを見せると、45cmくらいの大きなアンパンマンのぬいぐるみをプレゼントしてもらえました。ヽ(´∀`*)ノあと、スタンプラリー特典のアンパンマンの車掌さん指人形と、小さな手提げ袋ももらえました。

 

 でも、子供はアンパンマンミュージアムで購入したおむすびまんがとってもお気に入りだったようで、(アンパンマンよりおむすびまんが好きらしい)もらったアンパンマンぬいぐるみにはあまり反応せず。

 

 廊下などもそんなに広々した感じではないし、部屋に入るまではなんとなく殺風景というかビジネスホテルっぽい雰囲気。全体的になんとなく古びた感じもするけれど、部屋の中はいきなり旅館っぽい?! 部屋の洗面台なども良いし部屋のお風呂は狭いけどわりときれいな感じでした。和室が結構広くてよかったです。子供連れ宿泊ではベッドだとごろごろ転がって落っこちるのが不安なので和室の部屋のあるホテルを探しました(;^_^A アンパンマン仕様のキッズスペース付き和室というのもあるようで、中は見てないですが、その部屋のドアが開いた瞬間廊下に賑やかな声が聞こえてきて、楽しそうでした。ぱっと見わからなかったけど、小さい子供連れにはいいホテルかもしれないです。ごはんを仲居さんが部屋に運んできてくれたり、また最上階の大浴場の温泉にも入れたり(でも大浴場も含めていろんな入口が何故かなんとなく狭苦しいけど、ベビーカーでも狭くて不自由するほどではないです。建物の中、できるところだけ大改装したような感じ??。)。

 

 実は、台風が四国寄りに来ることがわかったので、帰りの飛行機が飛ばないことがほぼ確実となり、飛行機が一日前の便なら多分飛ぶので振替できるとのメールが入って、結局この次の日の夜高松に泊まる予定をキャンセルしました。また、最後にアンパンマン電車に乗る予定だったのですが、その予約もキャンセルし、急遽もっと早いアンパンマン列車の席を1席だけ確保。毎晩テレビの台風情報ばっかり見ていました(;'∀')

 

次の日記で最後です。

web拍手 by FC2
posted by: nanori | | 15:48 | comments(5) | trackbacks(0) |-
アンパンマンはそんなに一生懸命見たことないけど、魅力的なキャラがいっぱいですよね。
なのりさんの考察が大人の目線でおもしろかったです。
いろんな捉え方ができるんだ〜
先生はそこまで考えていたのかな?
子供ってピュアだから、子供騙しの話じゃなくきちんと意味のある本物だからこそ、よくわからないながら心になにか響くものがあって、こんなに人気があるのかもしれないですね。
なにより、自分なりに考えるってことが一番大事で意味のあることだと思います。

著作権のこととかとても気にして書かれてますが、心配するほどのことはないと思いますよ〜。
著作権って作者の権利・利益を守るためにあるわけで、不利益になるようなことはやらない。でも宣伝になることならOK、ということだと思います。

写真を出さないでというものは、お金を払って観るミュージアムの中身は、詳細に公表されてしまうと始めてくるお客さんの驚きや楽しみが減ってしまい、不利益につながるから。
駅とか公共の場所のものは、ぜんぜん問題ないと思います。
多少の露出は「もっと観たい!」と思わせるので効果的だと思います。
| カッパ | 2017/12/05 10:37 AM |
>かっぱさん

わーありがとうございます!!私も好きなキャラいっぱいいて。

何か、すごい大袈裟に書いてしまってるかもしれませんが、完全に大人の目線で感想書いてみました(笑)。うちの子も、アンパンマンのアニメをまだ見せてなかった頃から、スーパーでベビーカーにのった位置から見える範囲にもアンパンマンが描いてる食べ物とかがたくさんあって(私は気付かなかった…)見つけるたびに「バーバーバ!!」と指さしててびっくりしてました。子供にとってはよく見かける、印象に残る顔、なのかなと思いました。子供によるのかもしれないですが。子供の反応は本当、正直かもです。。退屈しはじめるとすぐ他に関心が向いてしまうから、何かが好きというのは何かやっぱり魅力があるんだろうなーと思います。



 著作権のこと、最初はあんまり気にせず「ブログにのせよー」と思って撮ってたんですが、やなせたかし美術館が何かものすごく厳しくて、だんだん不安になってきてしまった、という感じで。(他の方のブログは写真は載せてる人多かったけど、やっぱりブログ掲載NGとかわざわざ書いてる人が多い)。最近著作権がどんどん厳しくなってるからちょっと怖いというのも。前にわたし、ブログ運営会社から、ニュースサイトから転載してる記事がある、違反です、対応しなければアカウント削除ですというような警告が来たことがあって、(かなり昔に書いた記事ですっかり忘れてて、全然悪意も無かった普通の「私の思ったことブログ日記」なんですが)あ、チェックされてるんだ、と思ってしまって、それ以来正直ちょっと怖いです。。。あまりそういうの考えたら自由に書けなくなって嫌なんですが、結構私不器用なんでちょうどよくできないというか。
 JRに一応問いあわせたときも、すごい待たされてあっちで確認してからの返事になって、JRが言うには、まあ心情的にはいいんだけど、法律的には担当者がいなくて明確に言えない……一応こういう感じなら基本こちらが訴えることは無いし、多分問題ないと思いますよ、という感じでしか答えて貰えてなくて、これ以上詳しく聞いて明確にする方がだめになる可能性が高いと思ってそれ以上は聞きませんでした。藪蛇になるというか。でも、載せたの忘れて随分経ってから法律が変わったら……警告が来ても対応が遅れてブログアカウントを消されたりしたら……とか思ってしまい。

やっぱりちょっと真面目に考え過ぎですね〜私(;^_^Aもうちょっと肩の力抜いてやってみます。ありがとうございます。
| なのり | 2017/12/05 10:36 PM |
>カッパさん

わーすみません!お名前が変換うまくできてませんでした。
| なのり | 2017/12/05 10:37 PM |
ええ〜!
そんなチェックして警告くるなんてことあるんですね。
たぶん全部に目は通せないので、たまたま見つけただけだと思いますよ。
ルールが細かいのは、いろんな人間がいて、きちんと書かないと対応できないせいだと思います。
警告してちゃんと動いた人には「あ、この人は大丈夫だな」って思われてると思います。
なのりさんはもともと悪気がないんだし、うっかりはあるとしても注意しているんだから、きっと問題にならないですよ♪
| カッパ | 2017/12/06 12:05 PM |

>カッパさん

えっそうなんですか!やっぱりたまたまだったのかなあ。
 私は結構うっかりなんで、知らない間に何かするかもと実は結構怖かったんですが、できるだけ相手に迷惑かけないようにしてれば大丈夫ならいいなあ。ありがとうございます!そう言っていただいてちょっと安心しました。カッパさんこうやって声かけてくださってありがたくて、嬉しいです。何か私、本当は衝動的に好き勝手やっちゃう方で、いつも迷惑かけたり怒られたりで、だから逆に前もって自分の行動を制御しておかないと!と思っちゃってたのかもしれないです。考えてみたら、普段からなんでもかんでも怖がり過ぎることないですね。万一削除されてもまた反省点を生かして別のところで再チャレンジもできる、って前向きに考えておけばよりよかったのかも。
| なのり | 2017/12/10 6:31 PM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/902899
トラックバック