Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フリースタイルリブレ・その1〜センサー装着

アボット社の「フリースタイルリブレ」を使い始めたお話です。

24時間持続して測定できるグルコース値および血糖測定器を保険適用で使わせてもらえることになりました。

 

何回かにわけて、時々書いてみるつもりなのでその1です。
 

※きちんとした情報についてはアボット社のフリースタイルリブレのホームページをきちんと読んでくださいね。

 

※「リブレなど使ってる患者さんですか、はい、いいえ」みたいな選択肢のある四角いダイアログが出ます。

http://jp.abbott-diabetescare.com/patient/products/

 

 

 医療機器なので、使う方、家族の方、面倒でも説明書や公式を読んで、この記事その他を読んでの不明点、疑問点はアボット社お客様相談室に遠慮なく直接問い合わせてください。

 ここの記事はほぼ個人の体験談にすぎませんし、何らかの間違いがあるかもしれません。

 

 

 

JUGEMテーマ:病気

 

 

 

 

 

フリースタイルリブレ

大きさ比較にランタスと並べてみました。10cm弱ですね。充電は1週間くらいしかもたないのでちょくちょく繋いでいます。

 

 

 測定器は基本病院から借りているものになります。実質は私のもののように使ってますが、別の機械に替える時などはいつも病院に返却しています。借用書みたいなのをいつも書くことになってるんですよ。

 充電はUSBで、USBをコンセントにさすやつもついていました。普通のUSBの口で、パソコンにデータを転送できるので便利です。これでコンセントがあればどこでも充電できます。スマホを充電するやつで充電できるのでかなり嬉しいです。

 

 主治医には結構前から、こういうのが出るんですよね、出たんですよね、どうなってますかと聞くようにしてて、関心の有ることはアピールしてありました。それがやっと私の行ってる病院でも保険適用で使えるようになり、12月の診察の最後になって「次回のチップは」という話になってから(その前に検査結果や現在の調子のことなどを報告、相談)「フリースタイルリブレを!」「ああ、あれですか、じゃ、使ってみますか?」となって、12月半ばくらいから使っています。

 

 で、12月の診察後いつもチップなど消耗品をもらう部屋に行くと、そこにはなんとアボットの社員さんが常駐していた!!そういえば時々、ジョンソンエンドジョンソン社員さんとかメーカーの人がいて、使い方でわからないこと無いですかとあれこれ丁寧に教えてくれることがあるんだけど、今はフリースタイルリブレを使いだす人が多いのかも。タブレットでまず説明動画を見せてくれて、そのあと小さい部屋で一対一でかなり時間をかけて説明や実際の装着、質疑応答などしてくれて。リブレは実は(私は今使ってる別の会社の血糖測定機ワンタッチベリオを併用するんだと勘違いしてたけど)、そのリブレ1体で、2通り、腕のセンサーにかざしてグルコース値測るのと、機械にチップさして今までのように指パッチンして血液を付けて測るの両方できるとのこと。で、アボット社員さんがお手本を見せてくれて、自分の指に針さして血を出して実際やって見せてくれた(゜ロ゜)履歴を見ると、3時間に一回くらいやってたみたいなんだけど……え、こんな、社員さん多分患者さんじゃないのに(数値が全部普通に80とかだから多分1型患者さんではないと思うんだけど、わかりません)こんなんやってくれるの?そこまでは痛くない、とはいえやっぱりちょっと痛いのに……天使のようだ。

 

 しかし、思ったより血液量が必要で、量が多くてゆっくり吸うのに途中で「ピ!」とか鳴り測定しだしていつも焦ります。でも5秒です。この「ピ」の音は消せるけれど、有った方が反応がわかりやすいこともありますね。服の上からだとどこにセンサーがあるかいつもわからないので。

 

 

 

【もらったもの】

読み取りの機械と、2weekで使い捨てのグルコースセンサー、そして血糖測定チップ。穿刺機と穿刺針は今までのものを引き続き使います。

 

腕に装着するセンサー…って、あれ、他の場所聞いていないけど腕だけかな。とにかくセンサーは直径3.5cm、幅5mmの小さな白い丸です。丸?。。丸としかいいようがない形です……。かなり強力なテープで皮膚にくっつきます。その中には電池も入っているので、コード無しの単独で腕にくっついています。その片面の真ん中に針が出ていて、(装着前も装着後も針は見えないようになっている)その針をかちんっと装置を使って腕に刺して、皮膚の下のグルコース値を常に測定しています。

 

 そのセンサーにスマホよりも小さな読み取り専用機械をかざすと、その場で画面にその時のグルコース値が出て、その時だけの数値がわかるだけではなく、センサーは常に15分ごとの8時間分のデータを保管しており、その時点までの上がり下がりのグラフがでます。データ保存期限はあるというか、でも一日何回かかざしておけば機械の中に全データを読み取ってくれます。

 

 

 

【センサー実装】

 

 実際にセンサーを装着してみる時に、まず注意してください、と言われたのが、

ティッシュを用意すること

です。

 腕に針を刺すので、真ん中の通気穴から血が噴き出ることがあります。とのこと。真ん中の穴。それで洋服が汚れる人報告が多かったようで、つけてからもちょっと待ってから袖を戻してください、としつこく言われました。一応通気口なので、その上から防水テープなど貼るときはそこだけ穴をあけるようにとのこと。防水テープは多分無くてもいいと思うけど、剥がれるのが心配な時は貼ったらいいのかも。でも私はそんなに剥がれないです。二週間なんとかもちます。

 

 センサー貼って、やり方はよく読んで下さい。センサーは最長14日使えます。14日目に自動停止。最後の頃は読み取り機の電源を入れるとあと何日、という表示が出始め、最後の日はあと何時間あと何分、となり、時間が過ぎたらもう使用期限が終わった表示が出て、使えません。反応しません。センサー貼り換えの時にどうしてもちょっとグラフが途切れるので、できるだけセンサー終了時間間際までかざしておいた方が、途切れる時間が短くなりますね。一旦「センサーを交換して下さい」が出たら、もう二度と測る画面は出てこないです。。こないだセンサーが壊れた時も、センサーを読み取れなくなったから交換して下さい、と表示が出てもう試すこともできず。。

それから、アボットさんによると、最初は、貼ってから読み取りが安定するまで1日くらいかかるので、最初の日くらいはあまり信用しないように、ということでした。

 

 

 ということで、針を刺さないといけないんですが、これは針が全然見えないし初めてでも大丈夫ですよ、がちゃんと押し付ければ普通に刺さります。やってみたら無痛でした。痛いとしたら針ではなく、センサーがはいっている枠、押し付けている自分の力です。でも私はちゃんとくっつかないと全部パーかもというのが嫌でぎゅーぎゅーやってしまいます。

この時、家でやってもよかったんですが、この場で今装着しますか?と言われて、それは、メーカーの方に直に見てもらって教えてもらう方が絶対私は助かります。使える期限がこの装着した時から数えて14日×24時間×60分、という結構厳密な「分」単位なので、朝がいいとか夜貼るともったいないとかいうことはないです。でも、たまたま変な時間につけるたりすると、使用期限が切れる時間家にいないとか出勤中とか出張中とかで、替えられないから家帰るまで使えなくて困るとかいうことはもしかしたらあるかもしれません。二の腕むき出しでアルコール消毒も必須なので、装着は一応場所を考えないといけません。腕まくって二の腕出すのって、長袖の時は結構大変で、私は家では服脱いでやってます。あと、センサーを腕に貼ってから本体をかざしてセンサーを認識、それから1時間後から使えるようになるので、待たないといけない、、、という時もあるかもです。

 

 

 付け方(アボットジャパンさん直接指導)は、まず腕を曲げます。左右どちらでもよくて、ここらへんで、ほくろや傷などの無い所。

 

 

 

 地面に対して垂直、というか、腕の真下方向から真上方向?に向かってつけると、腕を下した時に、

 

 

 

 

 体のわりと内側(でもちょっと後ろ側)にきます。それで、柱とか物とかすれ違うものにぶつかったりしにくくなるみたいです。

すいません、人間の体の構造がどうなってるのかよくわからないので絵が変かも。。。

 

貼ったところ。位置的にものすごく写真が撮りづらくてわかりにくいですが、腕です。

 

 

 

 粘着力が結構強いので取れにくいですが、1回剥がれてしまいました。。。着替えるとき。剥がれたらこのセンサーはもうおしまいです。でも予備をくれるわけではないので、気をつけましょうね。

 物にぶつかるというか、こすっちゃって取れてしまうことが多いみたいですね。

 腕がぴったりめな服はやっぱりやめることにしました(´;ω;`)かなり気に入って着ていたわりと買ったばかりのトップスがいくつかあるんですが。

 あんまり強い衝撃はやめた方がいいけど、満員電車とかくらいは大丈夫と言われました。本当??!私昔、満員電車で骨折するかと思ってたくらいだったんだけど。

 でもむき出しになる半袖の時が心配ですね。夏はどうなるかなー。

 あと、私は反抗期の幼児にええいと体当たりされて、それ以来反応がおかしくなり、すぐ壊れたことがあります。。。そのせいかわからないですが。

 

※次にセンサーの針の写真を載せますが、一応針なので、画像をかなり小さいサムネイルにしています。写真を見る場合、この小さい写真をクリックしてください。別に怖いものではないです。

↓これ。

リブレセンサーの針

 剥がした後のセンサーなのでテープに衣服の糸くずがついちゃったりしててすみません。。

 こういうの未経験で最初怖いと思われる方もおられると思います。これは一応、少しでも安心して頂くための写真です。

 説明すると、針の長さは5mmくらいで、かなり細い針です。シャーペンの芯よりも細いです。で、樹脂のようなのでできています。柔らかくて、写真のように指で触ると軽くぐにーと曲がります。先っぽを指でツンツンしても大丈夫です。指に刺さったりしません。硬い金属の針を腕にずっと刺しているわけではありません。私も最初付けている間「何か痛い気がする!」とか思っても、触ってみたら痛いのは全然センサーのある場所じゃなかったり。最初付ける時に「がしゃん」と音がなったりするし、24時間つけっぱなしというのを聞くと、精神的にちょっと緊張などあると思いますが、それほど怖いイメージを持たなくても大丈夫です。ガシャンは「センサーと枠」の音で、「センサーと腕」がガシャンしているわけではありません。

 うっかりひっかけて外れちゃう場合も、硬い金属針をイメージすると針が肌を傷付けるような怖さを感じる人もいるかもと思いますが、剥がれる時、剥がす時、もし少しでも痛みがあるとしたら粘着テープががっと剥がされる方で、針ではありません。

 

 

 あと重要そうなのが、センサーは、MRI、X線、CTスキャンの時は外すこと。

 って、外したらもうつけられないじゃん!歯医者とかでレントゲン撮るのって結構いきなりだから困りますね。

 一応、その後アボット社のお客様相談窓口に電話してみたんですが、センサーに直接あたらない、歯医者の歯だけのレントゲンも事前に外してくださいとのこと。一応、マンモグラフィーの時はどうするのかも聞いたら、とにかくレントゲン、CT、MRIなどの、X線に当たる時は外してください、とのこと。安全や機械への作用がまだわからないので、とのことです。マンモグラフィーも予約する時は一応、センサー交換の日とかにできたらしておいた方がいいかもしれません。2週間しかつけられなくてセンサーの予備ももらえないから、一旦取ったら新しいセンサーを付け、新しいのがもう無ければ次の通院まではセンサー中断、となります。

 

 何かわからなかったり何か困ったりという時はアボットに電話してくださいね。

 

 最後。

 

 説明書を見ながらアボットさんが、

「あと、センサーが外れるおそれのある強い運動は一応避けた方がいいですね。あ、でもこれは関係ないですね」

と私を見ながらばっさり。

 いや、「体が接触するスポーツや……」って書いてるんだけど。それはまあ、絶対アスリートには見えないだろうけど、わたし一応フォークダンサー……。

 

ベルトホールドとフロントバスケット、バックバスケット、絶対ダメな位置じゃん!

これ↓

 

 

 このベルトホールド系は普段から普通にやってたけど……。ぴょんぴょこ跳ねたりしてかなり擦れるので絶対取れる系。

いやでも、最近全然踊ってなくて、すごい簡単な踊りでも気管支をやられ。体力的にきついのでしばらく大人しくしているかもしれません。

 

 

 

 使ってみて良かったところなどはまた別の記事に書きます。また次回〜。と言っておいて忘れて、「その1」とかで終わってる記事がよくあるわたし。

 

 

web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 19:16 | comments(2) | trackbacks(0) |-
すごい詳しい〜〜!!!
はじめて聞く情報がいっぱい&わかりやすくて助かりました♪
ありがとうございます!!!
明日の診察でおすすめされたら付けようかなと思ってたんだけど、婦人科でMRIとかまた撮る可能性があるかもしれないので考えますー。
外すタイミングと検査日を合わすようにすれば(できれば)大丈夫なんですね。手術をすると思うので、リブレで頻回測定してしっかりコントロールしておけたらいいなって思ってて。

リブレ用のすごくかわいいカバーや腕のサポーターを作っているサイトを見つけたので、よかったら覗いてみてね。
「持って嬉しいインスリンポーチ」で検索!
日常でこすれる機会が多そうなら、防水テーブで予防しておくとかサポーターを使うといいかもね♪
数量限定で作って売り切る方法らしく、新作の案内はツイッターでされるそうです。

あと、センサー付けられる位置は、注射が打てる部位ならどこでもOKだそうで、胸につけてる人もいたよ〜。(ワキに近いブラカップに収まるあたり)わたしはソコに肉がないケドいけるのだろうか..
| カッパ | 2018/02/26 9:58 AM |
>カッパさん

ありがとうございます!読んでくださったんですね。この記事なかなか更新できなくて遅くなってしまっているうちに、結構皆さん使い始めてる感じなので他の方の記事もたくさん出てるのかなーと思いつつ、他の方の記事も全然見られませんでした。。
カッパさんどうされたかなー。またブログお邪魔しますね。

まあでも、きっちり外す予定の日を決めていてもいきなり予定外に外れることもありますし。割り切ってしまうのもありかもしれないですけど、できるだけ長持ちさせたいですよね、センサー。

あっカバー欲しいなあ!!検索してみます。腕サポーターもいいですね、いろいろ巻いてみようとしても包帯だと邪魔だったり、テープだとテープと一緒に剥がれたらどうしようとか、全然わからないので参考にしてみます。リブレよくつるんっと落っことすんでカバーは欲しいなあと思ってました。

そうなんですかー。ありがとうございます!!センサーは腕以外でもいいんですね。胸だと私も肉が。。。おなかとかだとボトムス着る時どうかな、邪魔にならないかなとか迷います。
| なのり | 2018/03/12 10:52 PM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanori.pussycat.jp/trackback/902904
トラックバック