フリースタイルリブレをつけてゾゾスーツ

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 14:11

あんまり大した話ではありませんが、今流行りのゾゾスーツが届いたので計測してみました。

今年の2月に注文して8月に来たから、半年?!結構かかりました。

 

ゾゾスーツって全身かなりぴったり密着して測定するものなので、これって、リブレセンサーつけて計測したらどうなるんだ?と疑問に思ってました。センサーを含めた腕の周囲が出るのかな??

 

……結果無理だったんですが、そのレポートを簡単に。

 

 

ゾゾスーツ全身


ZOZOスーツはかなり密着するカットソーとトレンカみたいなので、トレンカはもしかしたら普通にトレンカとして使えるかも…というような服なのでした。これなら凸凹も認識してくれるかも?!と期待。

 

 

スーツ

スーツ装着。

センサーが外れないよう気をつけて着る。

普段の格好の上に着る服のサイズを選ぶ為の計測なので、下着なども普段のように着て計測した方がいいみたいですね。

 

私が服を買うときどうしても気になるのが腕周り。リブレを使うようになってから、今まで着ていた服の腕周りがきつかったり、袖の長さやデザインによってセンサーが引っかかって外れる不安があったりで、結果、半袖も長袖も全然着られなくなりました。。。いや、腕も前より太くなったんだけど。

センサーの厚さは5mm程度なのですが、その程度でも着る服に余裕を持たせようと思ったら少し余分の腕周り長さが必要なんではないかと思います。

服を選ぶ時にできれば試着したいけど、子供がいると無理だったりするし、そもそも買いに行けないから通販で買ったりする機会が増えて、やはり困ってしまう腕周り。このデザインダメかなーとかなんとなくやめておいたり。

 

 

このZOZOスーツがリブレセンサーをちゃんと認識してくれたら助かります。自分のデータを登録しておくとZOZOタウンで検索機能を使って服を探すとき「自分に合うサイズで搾る」、という探し方ができるので、これは便利だな、と思ったんです。服の(二の腕の)腕回りとかって普通書いてないし。

 

ということでちょっと測定してみました。

 

 

ってか、そもそも測定難しい!!!何回も失敗。10回以上失敗してしまった。

 

※難しい点その1

スマホから2m離れて全身を写さないといけない。

※難しい点その2

床から70センチのところにスマホを置いて撮影しなければならない。

 

2mって結構な距離あるので、高さ75センチ位のうちのダイニングテーブルのある場所からだといろいろ物を動かさないと場所が無い。で、場所作って立ってみると、今度は、

 

「スマホの位置が高すぎます(`へ´)」

 

と撮影してくれない。スマホを前後に動かして角度を変えて何度やってもダメ出しされる。。。低すぎるならスマホを何かに乗せればいいけど、高すぎると言われても……仕方なく私が何かに乗ろうとしても、撮影時そこで私は2,3秒ごとに角度を変えながらぐるぐる回らないといけないのです。そんな適当な足場が無くて、仕方なく場所を変える。テーブルの反対側にスマホを置いて、私がそっち側の隣の部屋になる場所に移動。ここならダイニングの床から少し高いのです。更に布団を広げて乗ってやっと、

 

「高さはまあ良し(`へ´)」

 

と認めてもらえた。。。

ふう。

が、、撮影開始、と思ったら、ほとんど襖を開いただけな感じなのに部屋が変わるせいで、各部屋の天井の証明の位置関係で微妙に暗い場所になる。更に、どうも逆光みたいになるらしく、昼間なのに、

 

「暗くて対象を認識できませんでした(`へ´)」

 

ええええ〜〜(;_;)

 

と、何度もあれこれあれこれやってみて、やっと終了。

 

測定した腕の数値

腕回り(右)27.2

腕回り(左)27.4

 

あれ?

 

リブレセンサーを付けているのは右腕なのに、右腕の方が少ない。

実際その時センサーを付けていた場所の、センサー含めた腕周囲は26cmくらい。

そのすぐ隣のセンサーを付けていない場所の腕周囲は両サイドとも25cmくらい。

 

もしかしたらちゃんと測れてない可能性も・・・・・・。

わからないですが、違う角度からの画像も見てみました。360度見られます。

 

ゾゾスーツ腕後

 

 

ゾソスーツ腕横

 

ZOZOスーツの写真は黒地に白い丸がたくさん貼り付けてあり、この白い丸がマーカーとなって、それを写真で分析して立体を描いてくれるような感じ?私の写真ではわかりにくいですが、あの白い丸の中にはたくさん点々(穴)があって、その点の場所がひとつひとつ違うのです。ぱっと見点字のような感じで、その白い丸がどこにあるかを画像で読み取るなどして、アプリが画像を解析して人体の3Dを作ってくれます・・・

 

つまり、リブレのセンサーの上に白い丸が乗るように着られれば、センサーの場所が膨らんで見えるように3D画像を作って、周囲の測定もしてくれるかもしれないけど、白丸が乗ってなければガン無視ですね。先にセンサーを付けてるし、白丸を無理やり引っ張って動かしたら正確に測れないみたいなので、この時私がセンサー付けていたところではちょっと無理そうでした。

 

なるほど・・・・・・。

 

当たり前と言えば当たり前なのかなー。

このアプリの出してくれた「腕周囲」というのは、上の3D写真の腕の黄色い線があるところの長さなのかも。だから、このあたりにリブレセンサーを装着してみたら、リブレ付きの腕周囲は測れるかも。でも、3D画像がどうなるかはわかりません。。。

 

それにしても私↑姿勢悪いね(;^_^A

全体的に、あー。私こんな感じかも。。。という気がしたので、結構ちゃんと認識してくれてるようにも感じます。

 

以上、リブレを付けてZOZOSUIT(その1)でした。またやり直してみるかも。

 

JUGEMテーマ:1型糖尿病

コメント
おおお〜!
なのりさん、なんかおもしろいことやってるね。
こんな測定用スーツがあるんですか〜

リブレと同じくらいの、なんか..ジュースのキャップとかオセロのチップとかを、スーツの腕のへんの白いとこの内側に貼り付けてから、着てみたらどう?
その厚み分が出てればいいんでしょ?
  • カッパ
  • 2018/09/05 4:22 PM
>カッパさん
こんにちは!ご無沙汰しちゃってすみません。
そうそう、ZOZOタウンでただでもらえて(送料は200円)基本、ゾゾだけで使える「わたしサイズ」で自動的にそのサイズのものを抽出してくれる機能があるんで、すごい助かるなーと思ったんですよ。あと、各サイズが平均よりどれくらい+−なのか数値で出してくれるんで、他で普通にお買い物する時も、このサイズでもできるだけここが太いの、ここが細いの、を意識して買えるというのがいいなーと思います。
試着出来たらそれが一番なんですけど。


ありがとうございます、そうですねー!ジュースのキャップはどうだろう・・・よくわかりませんが、そうやってみると確かにいいかも。あ、使い終わったセンサーをティッシュでくるんで捨ててあるんで、はずしたやつを使ったらいいかも?!ちょっといろいろやってみますね!
私はなかなかうまく測定できないんですが・・・(;^_^A

でも、腕だけ太いことになるんでも、全部自分サイズより全身がかなり大きいサイズの服ばっかり抽出しちゃうのかな????

逆に、センサー付けててもセンサーが白い丸に入ってない場合今まで通りの自分のサイズを計測で出してくれるなら、それならそれでいい場合もあるということですかねー。
  • なのり
  • 2018/09/07 12:51 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM