Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
薬局行きました
今日は薬局へ。女子医大で受診した際、以前はいつも院内薬局で出して貰って大きな荷物を提げて帰っていたのですが、昨日は薬が院外処方になっていたので、今回からは家の近場の処方箋薬局で出してもらう方が楽じゃんと思って、帰りに近所の薬局へ寄りました。でも、やっぱり普通の小さい薬局では2ヶ月分のインシュリンはストックしていないようで、取り寄せになるとのこと。それで今日届いたのをもらいに行ってきました。
昨日の薬剤師さんの様子や会話で、私がこの薬局に花粉症の薬をもらいに来ていたのを覚えていたらしく(ここへはまだ2回しか行ったことがなかったのですが)、なんだか特定されてしまった。。。しかも糖尿病だと知られちゃったし。別にいいんですけど。
今日インシュリンをもらってきた時も、
「もう慣れました?(インシュリン注射のことだと思う)」
とか、
「インシュリン打ったら血糖やA1cは安定してますか?」
とか聞かれて返答に困ってしまい、あーハイとかええとか適当な返事をしてしまいました。だってどう答えたらいいかわからないんですもん(><)血糖安定しないのが私のデフォルト(?)とか言ったらどういう反応が来るだろう?とか、考えすぎちゃうんでしょうね。昨日から血糖測定中止になったばかりだし。
考えすぎー考えすぎー

今年のお正月にユニクロでGパンを買ってから、よくGパン履くようになりました。それまでスカート派だったのでジーンズの良さを知らなかったんですが、意外に動きやすく暖かいものなんですね。すると自然にストッキング派からソックス+スニーカー派になりました。
でも今日は春の日差しが暖かかったのでスカート&ストッキングでパンプスで出かけました。動きはジーンズにスニーカーの方がいいのかもしれませんけど、気分的にはスカート+パンプスって良いもんです。
春だなあ〜・・・
web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 20:30 | comments(2) | trackbacks(0) |-
女子医大診察の日
アイルランドには蛇がいないって本当なんでしょうか。本当らしい、という話は聞くけれど実際にアイルランドに詳しい人に話を聞いたことがないのでよくわかりません。
話によると、5世紀頃、アイルランドにキリスト教をもたらした聖パトリックが悪魔の化身である蛇を滅ぼしたから、それ以来アイルランドに蛇はいなくなったそうです。

(でも私が書いたアイリッシュっぽい話には蛇を登場させています)

蛇がもともといなかったことからそんな伝説が作られたのだと考えるのが自然だとは思いますが、ちょっとおもしろい話だなあと思いました。


さて、話は変わって。今日は女子医大の診察の日でした。
結局血糖はまだ測らなくていいと言われ、測定チップももらいませんでした(^^;
「もっと楽しましょう」
って、考えてみたらありえない先生のお言葉。
まあ、今日の検査結果でHbA1c値が7.8%だったから、この位ならうつの治療優先でということになったのですが。(でも7.8ってそれ程良い値とは言えないと思いますけれどね)
それにしても診察前のその血液検査結果で低血糖がわかったりして、血糖はほんと不安定。今日はブドウ糖も飴も持っていなかったので、病院の人が飴をくれました。事務関係の人だと思うんだけど、待合室に「低血糖ですよ」と知らせに来てくれた女性のポケットから飴の箱が出てきてびっくりしました(゜д゜)ここって柔軟に対応してくれるのね。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-
Q病院でのこと
私は『ひとりぼっちを抱きしめて』(右に紹介している本)の先生のおられる病院に入院していたわけですが、なかなか無い経験ができて良かったと思います。

心療内科に入院する人は個人的な事情がいろいろ有ると思いますが、私もすごく個人的な事情でうつになってしまっていました。その上1型糖尿病のことがあるので、それを引き受けてくれるというQ病院に入院したわけです。

糖尿じゃない人ももちろん大勢いる中で、糖尿の人(1型も2型もいますが1型は私も含めて常に3、4人いました)は、食事の前と就寝前に処置室という部屋に行く「血糖測定・インシュリン注射タイム」がありました。そこでちょこっと情報交換したりもできました。全国あちこちから1型の人が集まってくるのでおもしろかったです。
ここでも思ったのは、1型DMの人は優しい人が多いということです。もちろん性格はさまざまで、幼児で発症した方なんかは特に世間の荒波に揉まれて生きてきただけあって気が強い人も多かったんですけど、皆さん思いやりがあって、相手の気持ちを尊重して、譲り合ったりなんだりを当たり前にする世界でした。

心療内科は長期の入院の人が多く、数ヶ月単位でそれぞれ治療を受けています。
私も1ヶ月の予定で夏にコロ付きスーツケースを一つ引っ張って行ったんですが、秋になっても冬になっても退院できず、冬も終わりの2月にやっと出てきた時は段ボール3つ4つ宅急便で自宅へ送るくらい荷物が増えていました(冬物の衣類や生活雑貨などを買ったりしたので)。

心療内科はとても規則が厳しいところで、心療内科病棟内での生活が基本になり、売店や他の階、お外などに出られるのは1回に30分間だけ、ナースセンターにあるノートに名前と行き先を書いて出られます。主治医の許可が無ければそれもだめ、行動制限のある人は部屋から何ヶ月も出てはいけなかったりします。
私は行動制限は無かったですが。それでも夜7時以降は売店にも行ってはいけませんでした。
部屋にはテレビも無いし(談話室とデイルームにはテレビがあったのでレコード大賞とかは観ました)、他の部屋には一切入ってはいけないし(面会の人も部屋には入れない)、ゲーム・携帯電話なんかも禁止でした。
私はうちが遠かったので、公衆電話から家に電話をかけると30分くらいでテレホンカード1000円近く使ってしまいました。しかも病棟から出られない時間帯だと公衆電話は混んでいてかけたいときにかけられなかったり。
考えてみたらやっぱりちょっと不便ですが、私の今の生活もさほど変わらないかも。
行動制限(読書とか音楽とか行動範囲とかお風呂とかいろいろ規制される)が課せられた人はもっと大変みたいだったですけど。

1型で来ていた人は、+「摂食障害」の治療に来た人が多かったです。私は摂食では無かったのですが、ここの治療は全国的に有名らしいので、他の病院で治療しきれなかった人が最終的に来る場所・・・のような雰囲気がありました。

すごくよかったのは、医療スタッフが1型に関してとても理解をしてくれたことです。もちろんDM以外の人にもそうだったんですが、1型を理解してくれない医療従事者の人々に苦い思いをさせられてきた経験の多い私たち1型糖尿病の人にとってこれは大変貴重なことでした。
私は人より低血糖を極端に怖がっていたのでそういう面での心理的なケアもして頂けたし、看護婦さん達が何でも話を聞いてくれて受け入れてくれたし、忙しいのに時間を割いて患者に付き合ってくれたりしたし、毎日「どうですか」ってひとりひとりに声をかけてくれたし、こんな良い環境の病院が有るんだとびっくりしました。
たくさんいらした看護婦さん達のひとりひとり全員に今も感謝しています。それが仕事とはいえ、私は全員尊敬していたしすごく親しみを感じていました。

今度は入院中会った人たちのことを書こうかなあ。あまり詳しいことは書けませんが。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) |-
久々のTクリニック
退院後、女子医大糖尿病内科の予約が2ヶ月先まで取れなかったので、女子医大に行くようになる前に行っていた病院に通院することになりました。
というわけで昨日Tクリニックという個人病院に行ってきました。
HbA1cは7.2%。1月よりちょっと下がっています。

私のDM病院受診歴は、
18歳発症時・・・A病院(総合病院)入院、そのまま通院
20歳の頃・・・A病院での主治医T先生が独立開業し、Tクリニックに通院
29歳の頃・・・結婚する半年前から東京女子医大糖尿病センターへ。

というわけで、Tクリニックに通院していた時期が一番長いわけです(現在の歳は聞かないで・・・)
私はTクリニックでの初めの時期からの患者なので、カルテ番号が50番以内になっています。
それが今や、カルテ番号が2000番台の人がいるらしいのを知ってびっくり。Tクリニックも開業後11,2年経ったわけですがますます繁盛している様子でした。
先生も・・・ちょっと老けたかな?(^m^)

それにしてもDMって医療費結構かかりますね。薬は院外処方なので診察料のみで7千円以上かかってしまい、改めてそう思いました。
今回はQ病院退院時にインシュリンをもらってきたので、薬は心療内科的飲み薬の類を出して貰っただけでした。こっちも飲み続けるにはちょっと高いです。半月分で1000円弱。
実は他にもアレルギーがあるし(花粉症と喘息)、これ以上病気にならないよう気をつけないと(気をつけたからと言って病気にならないとは限らないんですけれどね)。風邪とかで一時的に薬を処方して貰うだけならそれほど気にかからないかも知れないけれど、長期的に通院、薬が必要な場合、医療費ってほんと重いものですね。DMなんて一生ものだし。


Passportという雑貨屋さんでかわいいバッグを買ったのですが、使ってみるとファスナーのはまりがわるく、不良品っぽい。。。でも安かったからしかたないのかなーと思います。注意して開け閉めしないと途中から閉まる→開くに切り替わってしまいます。
これ持って今度1泊でQ病院へ診察に行ってきます。
「診察」と言っても内容が内容だけにちょっと気が重い・・・。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 17:07 | comments(2) | trackbacks(0) |-
家に戻りました
1ヶ月の予定でQ病院に入院していましたが、結局6ヶ月もかかってしまいました・・・。
とにかく今いっぱいいっぱいで、病院に帰りたい〜と思うときもありますが、前を向いていきたいと思ってます。
本当、退院してからやっと人生の苦しさみたいなものを観念より実感として知るようになったような気がします。でもきっと幸せになれるよね・・・と思って頑張ります。

最後の血液検査の結果を聞いて帰らなかったよ〜と思ったけど後の祭り(病院が遠いので)。2月のHbA1c値はどれくらいだったんだろ。多分7%後半だと思うけど。

帰ってみたら自分の血糖測定器の電池が切れていました。
こっちの主治医の先生に「測らなくて良い」と言われていたので、入院前本当に家ではずっとはかっていなかったけど、Q病院では毎回測る習慣がついていたのでこう突然血糖が測れないとなるとちょっと不安になりました。
でもやっと電池も買ってきて、今は測るようになりました。
だけど記入ノートが見つからない(^^;

・・・と言っても、入院中も上手い具合にコントロールすることがとうとうできずに終わってしまったんだよなあ。私の場合は(私だけじゃないと思うんだけど・・・)本当にコントロールが難しい体みたいです。

入院中同病(1型糖尿病)の方からCSIIについて聞いたり、カーボカウンティングをちょこっと教えていただいたり、いろいろ情報交換できたのは良かったと思います。

うつうつ日記であれですが・・・、これからもしょっちゅう壁にぶつかって墜落すると思うけど、また何度でも飛び立ちたいです。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
おひさしぶりです
1ヶ月とか言ってましたがまだまだかかりそうです。
いま九州のたっきーのところにいます。
・・・と言えばわかる人にはわかるかな・・・?
というわけで、メールも掲示板なども多分読めないし、お返事も当分できませんのでよろしくお願いします。

12月になるかも・・・トホホ(^^;
web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 16:15 | comments(2) | trackbacks(0) |-
福岡へ行くかも・・・
今日は2ヶ月に一回の内科診察でした。
この2ヶ月間ほとんど血糖測っていなくて(2、3回くらいは測ったと思いますが)、ヘモグロビンA1c値は
前回の7.7%→7.8%
へと上がっていましたが、測っても測らなくてもほとんど変わらないじゃん私・・・。

でも、先生に、鬱が治らないとこの数値下がんないわよと言われました。そしてこれが下がらないと子供生めないって。まあ子供はまだしばらくは気持ちにも余裕無いし無理だろうとは思ってましたが、例えば3年後に生むからって3年後にぱっと下がるもんじゃないので、今から下げるためになんとかしないとね・・・というわけで、まず鬱を何とかしようとのことです。

やっぱりA1cを下げるにはえいっと下げようとしないといけないわけで、それは確かに私自身経験でわかっていることなんですが、今の私はえいっと気持ちを持って行く心の余裕が無いのです。
今私は家の近くの心療内科にかかっていますが、糖尿の主治医の先生が言うには、1型糖尿病の血糖コントロールはそれだけで本人にとてもストレスがかかっているもので、普通の心療内科医はそのことを理解していない、だから1型も心療内科も診られる先生に一回診て貰った方がいい・・・ということで、紹介状を書いてくれました。

って、九大の先生じゃん(;゜д゜:)・・・名前は知ってる。あ、本もちょっと読んだことがあります。
日帰りで行けるわよ〜とか言われちゃいましたが・・・うち東京なんですけど。私そこまで鬱重くないと思うんだけど・・・

でもこの先生が日本一なんだって(´・ω・`)ということで、夫が帰ってきたら相談して、福岡まで行って今の鬱治療でいいかどうかとか診断してもらおうかなと思い始めています。太宰府とか行きたいし気分転換がてら(^。^)(花粉症だけど)。

よかった実家を離れてて。両親が聞いたら「九州?!」とかびっくりしてしばらく動揺するよ。そして何度説明しても何故そこまでするのかなかなか理解してもらえないかも。地元の個人病院から女子医大へ移った時も、親に話が通じるのにかなり時間かかったもの。

実は福岡には中学から仲が良かった友達が住んでいるので、向こうでちょっとでも会えたら嬉しいかも・・・それが無きゃ知らない土地までなかなか行く勇気が出ないですけどね〜。

とりあえず2ヶ月後の次のDM診察までも、血糖測定無し、ということで、またまたチップもらいませんでした。。。測んなくていいよなんて言う医者は私くらいよ、と主治医が言ってましたケド・・・ほんと(;゜д゜:)


でもまあ、私も病気になったことよりずっとつらいことがいっぱいあったので相対的に病気なんて気にしてない方だと思ってましたが、それなりに確かに、毎日の注射、血糖の上がり下がりで、心身へのストレスがのしかかってきていたかもしれません。
注射打たない生活だった時の方がまだほんのちょっと長いくらいなのに、もう私は注射無しの生活なんて覚えてないんですけれどね〜・・・

DMの主治医は「そんな無茶な(;゜д゜:)」って思うような事を言ったりする変わった先生ですが、結構優しいんですよ。初めての診察の時、
「ひとりでコントロールの仕方もわかんなくてつらかったでしょ、早くうちに来ればよかったのに」
というような事を言われ、初めて人に病気のことを理解してもらったような気がして、泣いてしまいました。私が涙もろいだけか(^^;。
でもなんか今日も、気づくと私一人に鬱の話ばっかで30分近く時間取ってくれてました(後の方すいません)。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 20:25 | comments(4) | trackbacks(1) |-
番組予告
来週の月曜日ですが、フジテレビの番組

2007年2月12日(月)14:00〜14:55
ゆめの瞬間 いのちの一枚〜夢をかなえたい!病と闘う子どもたちの物語〜
http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/0212ichimai/index.html

の予告をやっていました。
一瞬ですが、私と同じ(^^)ノボラピッドのフレックスペンらしきものを使ってる子が写っていたので、1型糖尿病の子も取り上げるみたいですよ。
中途半端な時間ですが・・・
忘れそうなので覚えておかないと〜。。。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
病院行きました
昨日は病院の日でした。最近は2ヶ月に1回の通院なのでいろいろと楽です。

最近しんどくて疲れて、休みの日は一日布団で寝てるんです・・・メソメソ〜と先生に泣きついたら、仕事やめなさいと言われました。家事も一人前やって仕事もフルタイムに近いくらいやって、かれこれ四ヶ月、それは疲れて普通よ、と言われました。特にあなたなんか手際よく何でもちゃちゃっとやる方には見えないし・・・ですって(^^;まあね。

そんな話で終わって、なんかうまく表現できなかった疲れた気持ちを先生にわかってもらえた安心感でほっとして、診察室を出てきて、後で気づいたんですが、DMの話は全くしてませんでした(;゜д゜:)ありゃ

最近頻繁に血糖が300越えるのを夫が見て急にうるさく言われるようになりました。A1cが高くなってるかもと思いましたが、7.5で、前回より0.2上がってました。その程度で済んでるのも不思議ですが。。。

とりあえずメイラックスという薬をもらったので、昨夜から早速飲んでみました(精神安定剤の仲間みたいです)。確かに日中は気持ちも楽になって、これなら仕事続けられるかも、と思ったんですが、夕方だんだん疲れて疲れて、でも血糖は200越えてるから低血糖じゃないし、メイラックスが切れてきたとか???(ё。ё)?
と思ったら今頃血糖も下がってきました。86。

とにかく今夜も薬飲んでみます。
続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 21:06 | comments(3) | trackbacks(1) |-
内科診察
月曜日、病院に行ってきました。
A1cは今回7.2、前回よりちょっとだけ下がっていたので先生がほめてくれました(^^)
ランタスは2回に分けていたのを、先生に1回にしてみたらと言われ、1ヶ月やってみたら大丈夫そうです。寝る前に打ってます。

最近は一日に2回しか血糖も測っていません。以前は4回5回測っても全然つかめていなかったのになあ。
「これがコントロールっていうのよ」
と言われ、なるほどなあ。

最近ちょっと変わったのは、低血糖に馴染んできたこと。。。前は予測不能で結構怖かったんですが、今はそれほどでもないです。補食すればいいだけの程度だし。食事の内容や量で、測らなくてもなんとなーく今の感じやこれからの上がり下がりがわかるような気がする。。。

ランタスを多めにしているせいか、朝目が覚めると血糖値50〜60dl/mgと低めなんですが、大丈夫だと言われるんでこのまま・・・ちょっとだるいのが嫌なんですが、今は仕事も無く家にいるし、大丈夫と言えば大丈夫。だんだん慣れるそうです。
生活に合わせて日々調整してみようと思います。

甲状腺の検査もしましたが異常ありませんでした(^^)v
次回は7月です。あれ。2ヶ月先でいいなんて嬉しいなー。インシュリンいっぱいもらってきたし。医療費助かる。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | IDDM(1型糖尿病) | 20:31 | comments(12) | trackbacks(1) |-