Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「次世紀ファーム」提訴
記事見つけるのが遅れましたが、やっと動きがでたようですね。
死亡少女の両親、「次世紀ファーム」を提訴 賠償求めるasahi.com

少女が亡くなって半年ですよ。この間全然動きが無かったので、あれきり忘れ去られてしまうのかな・・・と思ってました。
1型糖尿病の少女が次世紀ファーム研究所施設内でケトアシドーシスで死んでしまった事件がありました。教団代表の堀洋八郎氏が「真光元」を飲めば糖尿病も治ると言ったことで、必要なインシュリン注射をせず(堀本人は少女が糖尿病だと知っていたことを認めていない)、少女が亡くなってしまったという事件です。

結果として少女を見殺しにしてしまったご両親はさぞ堀氏を恨んだろうと思いきや、お葬式を次世紀ファームで行うと・・・本当に少女は見殺しにされてしまったのかと、がっかりしました。
が、後でやはり堀氏に疑問を持ったらしく、今回の訴訟になったようです。
あまり情報が無いので今日はこの辺りで。

「次世紀ファーム事件」のカテゴリー作りました。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 次世紀ファーム研究所事件 | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
次世紀ファーム研究所糖尿病少女死亡事件またまた続き
今朝テレビで次世紀ファーム研究所の堀代表が出て話していました。
サンデージャポン。次世紀ファーム研究所堀代表緊急生出演。

堀氏。。汚い(`_´)
文句言いたいところが多すぎてどこから文句言えばいいかわからないです(笑)

糖尿病の子供が真光元を飲むだけで病気が治ると信じ、適切な治療を受けずに死んでしまったことに関してまったく責任を感じていないようです。
堀氏がその子が糖尿病だと知らなかったということも私は疑問に思ってますが・・
注射を持たせなかった親の責任もあるけど、もとはといえばそれは親が「糖尿病が治る」と信じていたからで。そして常々堀氏が「真光元で糖尿病が治る」と人に信じさせているからで。
番組ではそれで皆堀氏を叩いているのだけれど・・・
あいかわらず「病気は消えます」と言い「でも健康補助食品だから、病気が治るという言い方は(薬事法にひっかかるから)できない」と言い逃れてます。

結局のらりくらり何なのよ。責任を明確にして(*`Д´)/
「真光元で少女の糖尿病が消せなかったのは残念」・・・だって!
残念って。。。(;´Д`)
藁にもすがる思いで頼ってくる家族をカモにするひどい商売です。
そんなのに引き込まれる家族が悪い、とはいえ、そんなこと当事者でないから言えるんであって、そんなこと軽軽しく言えないですね。。。実際自分の身に起こったと想像すると。

そうそう。堀氏、番組の中でびっくり発言がありました。
具合が悪くなったなら、少女を病院に連れて行ってすぐインシュリンを打てば助かったのに、そうしなかったから少女が死んでしまったんだと言われて、堀氏こんなこと言ったんですよ。

「でも、病院でインシュリンを打てば助かったと言えるんですか?そんなことをしたら逆に低血糖になって死んでしまったかもしれないですよ?」

なに〜(:゜д゜:)と、思わず立ち上がってしまいました。
正気?!って、おかしいよ!コメンテーターの皆さんも1型糖尿病についてよくわかってはいなさそうではあったけれど、知識とは関係なく見解は良識的だったと思います。でも堀氏は異常だと思う。無知というレベルではなく、責任逃れをしようとするあまり少女の死をすごい軽々しく扱ってませんか?!

一番最初のインタビューの時点でも言ってた「インシュリンを打ちすぎたら低血糖で死ぬ病気らしいとお母さんから聞いています」というような、部分的で中途半端な知識で、ちゃんと病気のことを知ってるつもりになってるんですかね。TV生出演するくらいなら、家庭医学書でもいいからちょっとくらい糖尿病のこと調べてくればいいのに。人間として恥ずかしいよ。


一応これにはっきり反論しておくと、インシュリンを打てば少女は助かりました。低血糖で死ぬほどインシュリンを注入しすぎるなんて、病院でそんなミスは通常ありません。血糖値は適宜測るはずなので、治療中注入したインシュリンが多すぎ、血糖が低くなりすぎれば逆にグルカゴンとかを注入して血糖値を上げればいいんです。

<テレビでこの1型について詳しく説明する時間が無かっただろうから、どういう前提で話しているか、大抵の視聴者はわからなかったと思いますが(番組でも多分ちゃんとわかってるのはコメンテーターの女医さんくらいでしょう)、これまで私が書いてきたように、1型糖尿病は膵島がウィルスによる自己免疫などで破壊された身体障害のようなもので、生命維持に絶対必要なインシュリンを自分の体内で全く作れなくなるから、絶対に外から注射しなきゃならないんです。しないと最長3ヶ月程度、短いと数日で死にます。>

堀氏によると「病気が消える」というのは、例えば糖尿病なら膵臓の悪いものが真光元によって8〜10時間で浄化されて毛穴から体外に出されてしまうという論理らしいですが、糖尿病が消えるメカニズムについて問われてもちゃんと説明できていませんでした。1型と2型を区別していないどころか、堀氏は糖尿病のメカニズム自体を理解していないみたいです。(理解する気もなさそうです。「毒」で終わらせるんだから。)

それにしても石原都知事に宗教法人化を勧められたという虚言に対する言い訳が苦しすぎるし・・・・(´`)東京都の石原さんという発言はしたけど、都知事だというのはマスコミが勝手に誤解したことで、本当は別の政治家だとかって。。。。小学生の子供の言い訳じゃないんだから。

それでもあくまで自分は悪くない、これからも真光元を「おすすめ」し続けると言い張る。。。

なんか、結局誰に責任があるのかあいまいなまま、この事件は終わってしまうのかなあ。少女がかわいそうすぎる。。(つД`)そして、これからも難病を抱えた子供が、助かるはずだったのにこういう死に方をし続けるんだろうかと思うと。
堀氏はそんなことにまでかまっていられないんですね。
続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | 次世紀ファーム研究所事件 | 21:04 | comments(4) | trackbacks(2) |-
次世紀ファームレポート・そのまた続き
うーん。今日はロリポブログが重いや。開くの待っているうち、何を書こうとしていたか忘れてしまった。。。。
あ、そうそう。昨日のアリス人形、横の髪を後ろで縛ってたのね。だけど、それがかなり雑な縛り方で、髪の束が一部わっかになったりしていたんで、ほどいて結びなおしてみたんですよ。でも、変に折れ曲がって結ばれていた髪が、くせになってて、ぐちゃぐちゃなのです。・゜(ノД`)゜・。
ひどいよ〜なんて雑な(`ε´)

さて。
病気の観点からの次世代ファーム研究所事件なら、この辺りのブログさんがちょっと詳しかったです。↓
http://yaplog.jp/fukubara/archive/8

この事件で、こういう病気が有ることがあいまいにでも何となく世間に知られた可能性はありそうだけれど、報道を見てもわかるように、この1型糖尿病という病気を的確に説明することができたメディアはほとんど無かったです。

世間の認識はこんなものなんでしょう。私自身、世の中のことを、世間がIDDMに対するのと同じ程度にしか認識できていないのだということでもあるのでしょうね。ヽ( ´ー`)ノ
続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | 次世紀ファーム研究所事件 | 20:36 | comments(4) | trackbacks(0) |-
北海道はいいなあ
アリス

写メールで君がよこしたハマナスの花びら薄し寄せる浜風

今日は新しいリトルプーリップのアリスちゃん(水色)が仲間入りしました(≧m≦)

これ、おもちゃ屋のプーリップ売り場で一生懸命選んでいたら、お母さんと小学生くらいの娘さんがやってきました。

母「これじゃないんじゃないの?」
娘「うーん。」
母「これ、韓国製だって」
娘「ほんとだ、韓国の人形ってちょっときつい顔だよね」
母「でもすごくきれいなお人形。プーリップだって。じゃ今日は帰ってネットで検索してみよう。」

去って行きました。ブライスか何かを見に来たんでしょうか?でもお目当てのものが無くて、かわりにプーリップに関心を持って帰っていきました。なんとなく嬉しい。
それにしても、娘、詳しい( ̄O ̄*)


病気のことはいちおー<続きを読む>のところに入れておくとにしますね。
よろしく(^^)
続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | 次世紀ファーム研究所事件 | 17:14 | comments(2) | trackbacks(0) |-
昨日の続き
昨日は頭が混乱してあまり整理してコメントできませんでしたが、昨日の話題の続きです。

いろいろと続報を聞いていますが、まだよくわかっていない部分が多いですね。
次世紀ファーム、何だかどう聞いても怪しい物質を扱っていたらしいですが・・・。
このおじさんは、たんぱく質から地球上に無い生命体を発生させたと???
その辺の発想からしてこの人宇宙人・・・(;´Д`)

薬事法違反の疑いで研究所への立ち入り検査が行われているそうですが、そこから切り崩していくしかないのでしょうか。
この話、一見すると、病気の女の子に怪しい薬を飲ませたから病死した風にも見えそうですが、実際の問題は、変な措置をしたというより、薬学博士を騙る男の主催する不明な団体が、彼女の健康を管理する状況にありながら、生命維持に絶対不可欠な医療措置を「させなかった」為に少女が死亡した点だと思います。
マスコミの報道はこの点を強調して欲しいです。まだ調べ中みたいですけど〜。( ´・ω・`)

ただそれを立証するのは難しいのかも・・・だって親御さんも次世紀ファームの味方みたいだから。本人や家族の意志だったと言えば次世紀ファームに非は無いことになってしまうのかもしれません。
でも・・・医者が生命維持装置を勝手に外して患者を安楽死させたら捕まるでしょ。(今回は安楽なんかではなかったはずですが・・・。)


うーん。死亡する三日前に施設に来たときから顔色が悪かった、熱が有った、と堀代表が言っているそうですが、これがケトアシドーシスだと、本人も母親も知らないわけがないと思うんです。(インシュリンを打たないことで、単に血糖値が上がるだけではなく、体内の脂肪を分解する過程の中で有毒物質が発生し、血液を酸性にする。これは通常の糖尿病にはほとんど見られないことなので、危険を見落とされがち。しかも急激に起こるので、対処が遅れると非常に危険)

で、健康になることを目的として施設に来たのなら、IDDMで毎日注射が必要だということを本人も母親も、施設の人に言ってないなんてこと考えられないですよね。というより、「こうこうこういう病気が有って苦しんでいるので何とか治らないでしょうか」って言って来ていると考えるのが普通でしょう。

あと、堀代表がインタビューで「高血糖になってしまう病気」ということと「インシュリンを打ちすぎると低血糖で死んでしまうかもしれない」ということを、少女の死後母親から聞いた、と言っていました。

・・・・・おかしすぎる。。

少女が亡くなった後に低血糖で死ぬ可能性を話してもどうしようもないじゃないですか。だってインシュリン持ってなかったんだし低血糖のはずがないでしょ。
このお母さんが、高血糖→ケトアシドーシスの危険を知らなかったわけでもないでしょうに。
・・・ただ、よく考えると、どれくらい危険かよく認識していなかった、ということはありえます。。。。。それだけ、誤った認識がまかり通っている世界です。
「インシュリンをいくら打ちすぎても死ぬことはありえない」
と言った内科医がいることは聞いたことがあります。。殺人的な発言だなあ。。。

とにかく、両親が、子供にインシュリンを持たせないで泊まりにやって大丈夫だと思ったことが不思議です。母親が常に側にいて、まずいと思ったらすぐ注射するくらいの心構えだったらまだわかりますが。それは信心が足りないことになってしまうんでしょうか。

子供は子供だから仕方ないかもしれないけど、あのお母さんは、インシュリンをやめて、現に症状が悪化し出して一刻を争うくらいなのにもかかわらず、なんとか元やなんとか菌の力で、一日二日で治るはずと本気で思ったのでしょうか?
教祖を信じれば(例えば)水の中で息をしないで生きられると思っちゃうんでしょうか(><)
生きる意志の有る子供なのに・・・ケトはずいぶんつらかったと思いますよ。
。・゜(ノД`)゜・。

さらにわからないのは、親がその子のお葬式を次世紀ファームで行って貰ったということ・・・。子供が死んだことに疑念を抱かなかったんですね。

何故?何故?

子供を助ける為だったはずなのに・・・とうとう、子供の命を最重視する気持ちより、何か別の価値観に傾倒してしまったのでしょうか。
まあ、お母さんにとって子供の生死が「自分にとっての試練やなにか意味有るもの」でしかありえなかったとしても、それはそれで一つの生き方なのでしょうから、一概に否定的には見られないですが。
でも多分、想像ですが、初めはそうではなかったと思いますよ・・・・・・。

人間って
「少しでも疑うと叶わない。叶わなかったのは少しでも疑いの気持ちがあったからだ」
と言われることに弱いのかもしれません。そこにつけ込んで詐欺を働いたとしたら、酷いですね。
続きを読む >> web拍手 by FC2
posted by: nanori | 次世紀ファーム研究所事件 | 22:32 | comments(4) | trackbacks(0) |-
痛ましい事件・・・
このニュース・・・気になっています。
http://www.sankei.co.jp/news/050719/sha084.htm

(記事抜粋)
岐阜県恵那市の自然食品研究所「次世紀ファーム研究所」(堀洋八郎代表)で死亡した中学1年の女子生徒(12)=神奈川県三浦郡=の死因について、岐阜県警は19日、「司法解剖の結果、病死の疑いがある」と発表した。遺体には目立つ外傷はないものの、直接の死因となるような病気も確認できないことから、血液検査などでさらに詳しく調べる。
 堀代表は同日会見し「女子生徒は糖尿病だったと聞いている。研究所に来たときはすでに顔色が悪く、滞在中も熱があった。(1月に死亡した)女性は研究所関係者の母親で、足腰が悪く風呂でおぼれた」と説明した。
 調べでは、女子生徒は今月15日に母親と一緒に同研究所を訪れて滞在しており、母親は県警に「(研究所主催の)自然食品のセミナーを聞いて娘を連れてきた」と話しているという。
****


詳しい情報が無く、はっきりした事実関係がわからないんですが、この亡くなった少女は糖尿病らしいです。「若年性糖尿病」という話をちらっと聞いていますが、確かではありません。。。これ、普通の糖尿病に子供がなっていたのかもしれませんが、もしかしたら、私と同じIDDMだったのかもしれません。
なかなか話がはっきりしないのはもしかしたら、現場関係者がIDDMのことを知らないからなのかもしれません。。。
普通、糖尿病(2型。一般的な「糖尿病」)で死ぬ人はいません。糖尿病の人が死ぬ場合、合併症として起こった脳卒中やら腎臓病やらなにやらで死ぬのがほとんどです。
少女は12歳だったらしいから、仮に生まれたその日に糖尿病(2型)になったとしても、それを放置しておいたからと言って10年やそこいらでぱっと死ぬ病気ではありません。(一般的な話です。絶対とは言えません。)

彼女がIDDM(1型)だとしたらこんなことになったのもわかります。IDDMは急激に進む病気なので、発症後2,3ヶ月でケトアシドーシスを起こして意識不明になって、放っておくとすぐ死んでしまうんです。
教祖も「糖尿病」とは聞いていたらしいですが、「1型糖尿病(IDDM)」のことを知らなかったから、インシュリン注射を打たせないでも何とかなると思ったんでしょうね・・・。でも、IDDMだったら、インシュリン注射無しの無理な食生活で、数日ですぐ死んでしまう可能性もあるんですよ。
(;´Д`)
こんなことひどいとしかコメントできません・・・。
ご冥福をお祈りします。(TT)

あ、IDDMについて興味もって下さった方は、
http://nanori.pussycat.jp/iddm/iddm.html
を見てみてください。読みづらくて申し訳ないですが。


↓この方と同意見です・・・って、今日のところは情報が集まってないんでコメント手抜きですみませぬ。
http://blog.goo.ne.jp/tenjin95/e/cfe1ef6d0c204bc69e6572b85d0d0042


※この件に関する私のブログ記事はこちらでまとめて見られます(下から古い順)↓
http://blog.nanori.pussycat.jp/?cid=30353



**********おまけコメントになっちゃいますが(^^;
今日はバービーの写真をたくさん撮りました。
お人形部屋に写真を1ページだけ載せました。
編集したりするのが大変だなあ〜(^o^;
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 次世紀ファーム研究所事件 | 20:04 | comments(11) | trackbacks(1) |-