Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter
Profile
Recommend
ひとりぼっちを抱きしめて
ひとりぼっちを抱きしめて (JUGEMレビュー »)
日本糖尿病協会,荻原 友未,滝井 正人
過食症になった1型糖尿病の女性と医師の往復書簡
New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
メモ:コッポンゲン
メモとして書いておきます(・▽・)

Koppången(コッポンゲン)

Sisselさんが歌っているみたいです。北欧系の人で、民族風の音楽そのままじゃないんですがきれいで何か好きです。
この歌はスウェーデンの歌みたいです。でもクリスマスソング・・・今は季節はずれですね(^^;

There is silence around me in the peaceful winter night;

From the church, down in the valley, I can see the candlelight;

And I stopped for a moment in this winter paradise,

When I heard a choir singing through the darkness and the ice,

And the rays from the lights behind the window’s vaulted frames

Had united the souls in hope that something great is waiting.

And I know that those who had left us here had the same thoughts as I:

They’re like flames in the darkness and the stars up in the sky.

And I can see how they sparkle, and they fade before my eyes,

And the truth is coming closer, like a wonder in disguise:

We are brought here a moment,

Like an imprint of a hand,

On an old and frosted window,

Or a footprint in the sand.

For a while I’m eternal, that’s the only thing I know,

I am here and we share our dreams about our destination.

It is cold out here, and the snow is white, but I’m warm deep inside;

I am warm ‘cause I know that my faith will be my guide.

Now there is silence around me; I have heard those words again

In a hymn of grace and glory, saying “Nothing is in vain!”

I can sing and believe it; let the message reach the sky!

Oh silent night, let your promise never die!

And I know before the others; it is peaceful in the church;

He was born for a purpose, and that’s why we’re here together.

Holy night, I feel like a child inside, and indeed He was sent,

So I’m lighting a candle each Sunday in Advent.
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
中世ヨーロッパの音楽
ギョーム・ド・マショーによるヴィルレー「甘き淑女よ」"Douce dame jolie"

きのこレッドyoutube
http://www.youtube.com/watch?v=-_ZYDK7Xgcg
(残念ながら埋め込みはできない動画のようです)

歌詞(フランス語なので意味はよくわかりません)
Douce dame jolie,
Pour dieu ne pensés mie
Que nulle ait signorie
Seur moy fors vous seulement.

Qu'adès sans tricherie
Chierie
Vous ay et humblement
Tous les jours de ma vie
Servie
Sans villain pensement.
Helas! et je mendie
D'esperance et d'aie,
Dont ma joie est fenie,
Se pité ne vous en prent.

Douce dame jolie.
Pour dieu ne pensés mie
Que nulle ait signorie
Seur moy fors vous seulement.

Mais vo douce maistrie
Maistrie
Mon cuer si durement
Qu'elle le contralie
Et lie
En amour tellement
Qu'il n'a de riens envie
Fors d'estre en vo baillie,
Et se ne li ottrie
Vos cuers nul aligement.

Douce dame jolie,
Pour dieu ne pensés mie
Que nulle ait signorie
Seur moy fors vous seulement.

Et quant ma maladie
Garie
Ne sera nullement
Sans vous, douce anemie,
Qui lie
Estes de mon tourment,
A jointes mains deprie
Vo cuer, puis qu'il m'oublie,
Que temprement m'ocie,
Car trop langui longuement.
Douce dame jolie,
Pour dieu ne pensés mie
Que nulle ait signorie
Seur moy fors vous seulement.



サビの部分の英語訳らしきもの
Sweet, lovely lady
for god's sake do not think
that I am devoted to any woman
but you alone.


画像も良いですラブラブ
動画に出てくる古そうな絵はおそらく、フランスのクリュニー美術館にある「貴婦人と一角獣」という6枚連作のタペストリーだと思います。
歌えたらいいな〜という素敵な歌です。



さて。話は変わります。
クラ
クラツィーアちゃんの髪の毛の顔の横だけちょこっと使って三つ編みしてみました。雰囲気がまた変わって、美少女〜!
きつく編んだり縛ったりすると髪に癖がつきそうなので、ゆるく編んだだけです。
洋服を着せ替えてあげたら良い感じになるかも(^^)
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 15:51 | comments(1) | trackbacks(0) |-
美しいドラえもん
こんなのあるんだ・・・(;゜д゜:)
ウィーン少年合唱団版ドラえもんOP

美しい(;゜д゜:)

ドラえもんの歌ってもしかしたら今は違うのかもしれませんけど、小さい頃からずっと聞いていて馴染みがあるのを差し引いても、良い歌だと思いますね(^^)
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
アンサンブル・プラネタ
最近のお気に入りです。
アンサンブル・プラネタの Aria"Magnificat" (G.P.Telemann)・・・テレマンのアリア


とっても綺麗なアカペラコーラスで、ちょっとツボです。叙情的というよりは結構強い声でバシンバシン歌っておられるので、PCで聴いているとビリビリ響く雑音が入ってしまいます。。。
プラネタさんはサントリーのフラシネというワインのCMでも歌ってます(2008年冬バージョン)↓
http://www.suntory.co.jp/wine/special/fx_1/cm/onair.html
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
音楽聴いたり
ヘイリー・ウェステンラさん「私を泣かせてください」


歌声もいいけど、見栄えもきれいな人だなあ・・・しもぶくれでポワンとした印象の顔が好きです。

アヴェマリア




最近は朝早くから起きています。
たまに胃が痛くなったり頭が痛くなったりはしますが、まあまあ元気です。
もうちょっと活動できるようになったらいいなとは思いますが、とりあえずはまず朝起きてご飯を3食食べる生活にチャレンジ・・・という段階で。まだまだ時間いっぱい使って家事をしたり何かしたりするのは無理そうです。。。起きてるのがやっと。寝てしまう日もあるし。

でも朝ご飯を食べたり血糖測ったりしているというのは以前に比べるとですが進歩です。焦らず着々と・・・今日は一応ゴミを出したりシンクの排水溝を掃除したりもしたし。

・・・とやってるうちに昼になってしまった!
午後は郵便局に行く予定です。これもリハビリの一つ・・・(><)
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
チョテナーダ・貼れるか実験
これで貼れるのかな??


私の好きなロシア民謡をポップに歌うグループ「チョテナーダ("Чё те надо?)」の代表作「チョテナーダ」という歌です。発表当時グループ名は「バラガンリミテッド」だったんですが、プロデューサーと揉めて、メンバーが何故か総取っ替え。現在「バラガンリミテッド」と名乗っているのは全く別のグループです。

このチョテナーダのおふざけと民族的ロマンスが入り交じった雰囲気が好きです。

・・・しかし、オーリャは美人だなあ〜ハート
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-
イタリア古典歌曲
もう10年以上は昔ですが大学生の時声楽をちょこっと習っていたことがあって、いくつかイタリア古典歌曲を歌ってました。
踊りのサークルが忙しくなったのもあるんですが、顎関節症で口が開かないし(痛いし)1年でやめました。
で、歌は苦手ですがその時とにかく素敵な歌にいろいろ巡り会いました。

midiのサイトを見つけて大喜び。↓↓
http://www.h5.dion.ne.jp/~genkikun/midi.htm

Caro Laccio
という歌は発表会用にたくさん練習していたので特に思い入れがあるのです。でも事情があって発表会には出られませんでした。
今このCaro Laccioと、Ideale(トスティ)という歌のCDが欲しいなと思ってます。
でも試聴できないんですよね〜・・・

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)
のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)
二ノ宮 知子
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ロード・ランダル
もともとは「シャナヒー」のホームページと「駒鳥たちの物語歌」が別々のホームページだったんですが、後者が一旦無くなってシャナヒーに統合してしまったのかと思っていたのが、復活していました。
そして「駒鳥」の方でなんと「Lord Randal」試聴が復活。しかも以前は後半のみだったのが今は曲全部聴けるようになっていました。嬉しい・・・
やっぱり名曲だ・・・美しい・・・妖しい・・・

久しぶりにリンクのページを整理しました。創作文芸サイト様も一つ追加です。今読んでいるお話が面白いんです。

最近は私は書いていません。また書こうと思いつつまだ何も思いついていません(^▽^;
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
またまたサリーガーデン
プーリップ / Hello Kitty (ハローキティ) F-578
プーリップ / Hello Kitty (ハローキティ) F-578

はうっ。
キティに背後から襲われ頭をかじられるプリプ・・・
でもこの子、顔が結構かわいらしいですね。

ところで以前も話題にしていた(さるやなぎの庭)サリーガーデンという歌ですが、いろいろな人のを聴いてみるといろんな表現があっておもしろかったです。
シャナヒーとかチョテナーダとか好きな私が興味深く感じて好きだったのは、Sisselの歌っている何故かボサノバっぽいサリーガーデン。あまりアイリッシュっぽくはないですが、現代音楽と民族音楽がマッチしてドラマチックな雰囲気を出しているところが気に入ってしまいました。

↓↓ここで試聴できるかも。
http://listen.jp/store/album_00028947631484.htm


楽園にて
楽園にて
シセル
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
木のスプーンその2
スプーン2
トルコのスプーンの持ち方その2です。(先日の日記
これが難しいんです・・・鳴りやしません。修練が必要です。踊りの方もさっぱりやってませんが・・・

片手でシャッター押しているので片手しか写せませんが、これを両手でするのですから大変。

本当は食器を打ち鳴らすということは日本の作法では行儀悪いことなのかもしれませんが、「はらへったーメシ食ワセ」とかチンカントンカンやりたくなるのも人のサガってもんですかね。
ちなみに、トルコで売っているスプーンは、この写真のもののようにニスみたいなものが塗ってあるものは楽器用、塗っていないのは食器用、となんとなく見てわかるものらしいです。でも、これを売ってくれたとある民族舞踊家さんによると、トルコでもスプーンは最近プラスチックの物になりつつあり、木のスプーン自体製造されなくなってきたそうです。
買うなら今です。

でも、実用を考えてステンレスとかになるならともかく、プラスチックって・・・


ジュリアとスプーン
なんとなく撮ってみた無意味な写真・・スプーンおばさんを思い出します。
web拍手 by FC2
posted by: nanori | 音楽 | 20:26 | comments(2) | trackbacks(0) |-